月別アーカイブ / 2019年01月

f:id:runrungogo8931:20190114112035j:image

 

昨日は、成人式でしたね。

成人になられた方、おめでとうございます。

社会的な責任が増えましたね。

 

さて、

小学校を2校経験し、4年担任は2回。

どちらも、総合的な学習の時間の中に、

半成人式を扱う単元が入っていました。

(「10歳のわたし」「10歳記念日」)

 

学習内容としては、主に、将来の夢について。


そんなに過激ではないやつだったので、

まぁ、別にいいかなって感じでした。

 

でもでも、

ウワサによると、

えっ?これちょっと、、、

というのもあるみたいですね。↓

 

半成人式がヤバイ


「二分の一成人式」の気持ち悪さ。親を泣かせたがる演出の数々 | 女子SPA!
今年もにぎにぎしくジャニーズのコンサートが始まりました。昨年末、タッキー&翼のラストステージとなった東京ドームでは1月6~7日にNEWSコンサートを開催、約11万人の観客を沸かせました。クライマックスで銀テープが放たれるとファンは一斉に手を伸ばし、“幸運”をつかみ取ろうともがきます。もちろん、私もそのひとり。
joshi-spa.jp

半成人式って、

要らんくないですか?



やってもいいけど、

やらなくてもいい。


てか、

要らんやろ。


もろもろ考慮して、

(時数とか、

総合の学習じゃないとダメなの?とか)

半成人式のカットを前任校で提案したことがあります。




返ってきた言葉はこれ。




毎年やってるからね。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1074.JPG

それが、おまえのやり方かー!!! 

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1364.JPG


まぁ、こんなもんすね。
はい。

12月の人権週間のときに、紹介したお話です。


"私は今まで、困った人がいたら、助けるのが当たり前だと思っていました。
でも、それは間違っていると思いました。
たしかに、私が困っているときに助けてくれるとうれしいです。
でも、困っているところだけじゃなくて、私が一人でできるところまで、助けてくれるのはイヤだからです。
例えば、算数の問題でわからないところは教えてほしいけど、分かるところだってあります。
できそうな問題は自分でやりたいです。
なのに、お母さんは、私が分からないと思って教えてくるのです。
図工の絵だって、上手にかけなくていい。
自分らしくかきたい。
でも、お母さんは、こうやったら上手にかけるよと勝手にアドバイスをしてくる。
困っている人を助けるのは、人権だけど、
できることまで教えるのは、人権じゃない。
できることをうばうのは、人権侵害です。
わたしは、自分ができることは、できると伝えたいです。
困っている人がいたら助けたいです。
そして、これからは、相手の立場になって、本当の人権を大切にしたいです。"


人権って、何だろう?

表面的な言葉遣いや上辺のルールだけでは養えないのが、人権感覚。


これが、
苫野先生のおっしゃる
自由の相互承認の感度を高める
ってやつなのかなと。

教育の力 (講談社現代新書)
教育の力 (講談社現代新書)
www.amazon.co.jp

いろんな世界やいろんな人と
対話するしかないと思うな。

全ては分かり合えないけど。


ホリエモンの著書↓
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)
www.amazon.co.jp
尊敬するじんぺーくんの解説↓
学校って何のためにあると思いますか?【教育系書籍レビュー⑥】『すべての教育は洗脳である』堀江貴文著 - コーヒー1杯の暖かさ
こんにちは☀ 日々、教育と心理学について考えている、じんぺーです! 前回は、教育系書籍レビュー第5弾として、東和誠さんの『問題だらけの小学校教育』を取り上げさせて頂きました。 www.jinpe.biz そして、今回は、「教育系書籍」なのかどうかも分からない本をチョイスしました。 (Kindleで読んだため、実際の写真撮れんかったです) 堀江さんとか前田さん、箕輪さんとかこの界隈の人たち好きなんです~ 「自分の好きなことやってる」人たちの生き方がかっこいい!と思うタイプなのです。 というわけで、教育に関係しているかどうかは別にして、この本を読んで思ったことをつらつら書いていきたいと思います〜 …
www.jinpe.biz

学校って、

何のためにあるのか?

 

 

当たり前のように、

何にも疑わず、

ぼくも学校に行ってた。

 

学校行くの当たり前じゃん!

 

そう思ってた。

 

でも、

教員始めて1年くらいでその考えは揺らいだ。


"すべての教育は「洗脳」"


よくも悪くもそうだと思った。

 

学級担任をする中で、

子どもを

自分の思うように操作しようとする自分に気付いた。

 

こりゃ、ちょっと危ないぞ、、、

 

ここから少し方向転換して、

問いにこだわるようになった。

(これも「洗脳」に入るエゴなのかもしれないけど)

 

◯◯って、何のためか?

◯◯って、どういうことか?


自分の頭で考え、

自分で行動する。

 

当たり前を疑ってみる。


じゃないと、

「洗脳」されてしまう。


それはそれでラクな生き方かもしれない。

だから、否定はしない。

 

 

だけど、やっぱり、

自分の人生は、

自分で決めた方がいいと思うんだよ。

そっちの方が幸せ。

 

 

なんじゃないの?

という葛藤でした、、、



"すべての教育は「洗脳」"

よくも悪くもそうだと思う。
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)
www.amazon.co.jp

↑このページのトップへ