サンドイッチ店の店長でありオーナーでもあるワタルの朝は早かった。朝の4時には起きてサンドイッチ用のパン生地の仕込みを始める。

本来ならば朝の4時にLINEを見たりはしない。そんな暇はないのだ。しかしその日の朝は違っていた。ワタルは何かに誘われるようにスマホを手に取りLINEを見る。ワタルの店のパートの一人からだった。

「徳永さんか」

ワタルは舌打ちをする。徳永さんからは、3日前からLINEで相談を受けていた。辞めたいというのだ。

「そんな無理なこと言っても人手がないっつーの」

 ワタルは忙しいことを口実に、ずっと既読スルーを決め込んでいた。その徳永さんからの新しいメッセージだ。

  ワタルは電源をオフにしようとスマホを手に取る。

「下手に見ると既読がつくからなぁ」

 そう思っているとき指があたってしまった。徳永のトーク画面を開いてしまう。

「ヤベッ」

 ワタルは思わずうなったが、仕方ない。メッセージを見る。

『店長を時給985円で雇います』

「はい?!」

 ワタルは驚いて目をむいた。

 メッセージをもう一度よく見る。やはりそこにはこう書いてある。

『店長を時給985円で雇います』

「なんでオレが雇われなきゃならないのよ!」

 ワタルはサンドイッチの仕込みに戻ったが、徳永のメッセージが気になって、もう一度LINEの画面を開いて見る。

   新しいメッセージはワタル個人のだけではない。徳永は、店の従業員のグループLINEにも同じメッセージが送っていた。

『わたしのシフトをかわっていただける方、時給985円で雇います。店長も応募可』

(つづく)

Amazonの電子書籍にて近日発売予定!
よろしくお願いいたします。
なおこの物語はフィクションです。

いまは食あたりしちゃって寝こんでますー
DSC_0703.JPG