1.jpg
何年も前から、ぢるが

「シオンさん、オカルト好きでしょう?そしたら、○○にある○○○○で○○○を買うと、店のオヤジが霊視できる人で、色々見てもらえるよ」

と20回くらい言っていたのですが、毎回聞き流しており、何の話なのか、一切耳に入っておりませんでした。

そして一昨日、用事でバスに乗っていた所、外を歩く50代くらいのとても綺麗なご婦人が目に入り、「うわー、立ち振る舞いの本当に綺麗な人だな」と思って眺めていると、ご婦人は緑色の風変わりな建物に入って行きました。

2.jpg
どうやらハンコ屋さんの様子。

ここで何故か突然、私は「あ。ここ、もしかしたら、ぢるがずっと言っていた所かも…」と思いました。

3.jpg
「三宿にある山本印店のハンコを買うと、店のオヤジが霊視してくれてね」

だったのではないかと。毎回聞き流していて、「ハンコ屋」と言う事すら記憶に無かったのですが、絶対にそうだと言う確信がありました。

ぢるにLINEで確認を取った所、やはりそうだと。長い年月に渡り2万回プレゼンしたんだけど、2万回とも聞き流されたと。

突然「山本印店」が気になったので、調べてみました。

・山本印店のハンコを使うと、運気が爆上がりすると言う「日本一予約の取れないハンコ屋さん」
・1日に5人程しか受け付けてない
・平日の月曜日〜木曜日まで、お昼12時00分から電話で予約を受付
・12時10分にはその日の予約はもう終了してしまう
・数ヶ月〜1年単位で電話が繋がらない人も居る
・予約が取れた場合は、翌日のお昼13時〜16時ごろに直接来店して、今まで使っていたハンコを見て霊視をしてもらう
・直接来店しても、霊視した結果、ハンコが必要ない人は作ってもらえない
・ハンコは3本セットで23000円
・ハンコの出来上がりは3ヶ月後
・ハンコ屋のおじいちゃん的には、「運気が上がるハンコなんてない。人生は、その人の行い次第。その人の行いが、ただハンコを通して見えてるだけ」みたいな感じらしい。実際、山本印店のホームページには「不思議なハンコ屋さん」とは書いているけど、霊視しますなんて一言も書いてない

こんな感じ。

私自身も占いは結構できるし、何年か前に霊感がある人と知り合ってから霊感もLv1くらいはあるので、インチキだと分かるんですよね。有名な所って、嘘な所多かったです。嘘と言うか、霊感ではなくて単なる四柱推命だったりとか。

霊能者の知り合い何人か居ますが、やっぱり本物の人は、ネットにそれほど情報出てなくてヒッソリやってるし…

自分も霊感あると言っても、霊感がちゃんとある人からすると鼻くそ程度もないですが…。霊感って結構伝染するらしく。自分だけだとなんとな〜〜〜〜〜くしか分からないけど、霊感のある人が側に居る時は、分かるレベルがもっと上がる。

ネットでここまで有名な所だと、実際どうなんだろう。。。本物なのだろうか。

迷ったのですが、山本印店に電話だけしてみる事にしたのが昨日。

時報を確認しながら、12時00分ちょうどになった瞬間、光の速さで電話してみる。

「通話中」

す、すげーーーーーーー!!
噂は本当だったんだ!

色々な方が書いたブログを読むに、何日もかけて電話している人、繋がった頃には通話履歴が100件越えてた人で満載…苦難の道を越えねば辿り着けない、噂の人気店、山本印店…

…と10秒ほど怖気付いたものの、なんかやっぱり繋がる気がして再トライ。

12時01分

「はい、山本印店です」


アッサリ繋がる。

予約取れた。電話切る。

なんか…これはこれで、つまらんな…

12時10分までに繋がらないと、予約が埋まってしまう!とドキドキしながら、12時8分くらいに繋がって欲しかったような気が、しないでもない…

-------------------------------

ちなみに山本印店に行こうとしている方がもしこのブログを読んだ場合の電話のコツですが、多分、お客さん1人の予約に使う通話時間って40秒くらいだと思われるんですね。名前聞かれて、「明日○時に来れますか?そうですか、じゃあ来てください」だけなので。有名店だから、ネットでちゃんと情報をチェックして、明日来れる前提の人しかほぼ電話かけていないはずで。

実際、私は12時00分ちょうどに電話して、40秒過ぎた頃に、一瞬電話が繋がりかけるような、見込みあるコール音でした。僅差で他の人が入ったんだなと思って、そこから頭の中で40秒くらいカウントしてから電話したらどうだろう?と思ってそうしてみたら、繋がったと言う。

-------------------------------

で、今日、山本印店に行ってきた。
(6thアルバムの製作はどうした…?)

「コロナ禍だから、案外お客さん来なくて空いてるんじゃないかな」とか思ったけど、前も後ろも真剣そうなお客さんが待機中であった。

自分の出番、ハンコ屋のおじいちゃんに、今まで使ってたハンコを差し出す。

おじいちゃん、開口一番

4.jpg
「ここに今日来たのは、ひとつだけ。ハンコ関係ないよ。ご先祖が、アンタ、故郷の土地から離れてこんな遠い所まで来て、子孫も作らないで何してんの!!ってアナタに伝えたいだけ」

結婚してる?とか、子供居る?も一切聞かれなかった。


おじいちゃん、本物じゃ・・・・

ネットでは「ハンコの相を見て占う」と書いてあるけど、霊視ですね。ハンコを媒介にして見えてる?おじいちゃんにとって、ハンコがあの世への電話みたいなものなのかな?

と言うのも、「霊感ある人と一緒に居る時だけ、自分の霊感センサーが上がる」とさっき書きましたが、「あ、今、霊視されてる、覗かれてる」って分かるんですね。

S__794631.jpg
霊感のある人と話してる時だけ、「あれ、こんな所に霊が!」と、自分でご飯つぶのように気付いて取るとかやれる。

山本印店のおじいちゃんが、私のハンコケースからハンコを出す前くらいから「あ、見始めた」って分かったので、目の前にハンコがあれば、もう何となく分かり始めるっぽい…

おじい 「アンタが子孫残さんとアンタの家系が途絶えちゃうでしょぉ(正解!)、子孫を残してくれればなぁ、産んだ子供を出世させてやるんだけどなぁ」
私 「私を出世させてもらいたいのですが」
おじい 「それはダメって事になってるのよぉ〜〜〜…」
私 「ダメって事になってるのかい〜〜〜(´・_・`)…」
おじい 「ハンコ作って運気を上げるとかじゃないんだよ〜、ハンコどうでもいいんだよ〜、アンタ人生やる事やってないのよ〜〜〜」

うーーーーーーむ

私 「噂のハンコ作ってくれない流れ?」
おじい 「いや、別に作っても良いけど。新しいハンコは作っても良い機会だと思うけど。今のハンコは…コレは、なんか…」
私 「元彼のお母さんがくれました…」
おじい 「あーーーー!!!(だから、余計にやたらと子孫残さんかい!とハンコが怒るのか!!マツモトの家の祖先も、元彼さんの祖先も二重に怒ってるのか、なるほどーーー!!的な意だと思われる)

とりあえず、なんかアレだったので新しいハンコは作ってもらう事にしました。

ちょうど、河野大臣がハンコ要らなくしてるけど…

お爺ちゃんはそろそろ高齢だから、山本印店が気になる人は急いだ方が良いと言うネット情報も結構ありますが、まだ全然お元気そうですね。

高齢だから話が聞き取れない、その上、コロナ禍でマスクをしているから余計聞き取れないと言うネット情報もありましたが、マスクしてませんでした。

あと、話が聞き取れない時の話って、割とどうでもいい事を言ったり、単に下ネタを言ってたり、言っても運命的に解消不能の事を言ってるくさい…(私も聞き取れない所あったけど、多分聞き取っても仕方ない部分だなとも感じた)

いろいろ書きたい事もございますが、6thアルバム製作修羅場中なので、こんなもんで。

平均どのくらいのチャレンジで山本印店に辿り着けるのか判りませんが、

12時01分に電話を繋げて辿り着かせるくらい、
マツモト先祖は「お前、もう幾つだと思ってんねん!!何してんねん!!(怒)」とご立腹のようでした。


ー完ー