月別アーカイブ / 2017年06月

チャオ!私です。

『7月は北海道と香港に行くよ!』と言ってから、一部の方に置かれましては、夜遅くまで調べ物をしてくださったり、お仕事前に早起きしてパスポートを取りに行って下さったり、普段のお仕事も忙しくて疲れている中で、本当にありがとうございます…

どの位大変な思いをしてそうしてくれてるか、とても解ります。我々もそうですから。

現地で楽しみにしてくれている少ない方々も、本当にありがとうございます。


ここ数日、『遠征に行けない』と言う方々とも、水面下でいろいろお話しました。


北海道や海外にライブに出かけるようになったのは昨年からなのですが、今回、今までで一番『行きたいけど、行けない』と言うコメントが数多く届いておりますです。

昨年は、もっとスルーされていたように思います。


昨年、『故郷の北海道でライブをやってみたい!』『海外にも行く事になった!』とブログでいろいろ綴った際も、ごく一部の人は現地に駆け着けてくれてはいるのですが

そっちが当たり前ではなくて、駆け付けてくれているお客さんの方がぶっ飛んでいるわけでしてw

遠征ライブなんて、地方のお客さんが見るものであって、もちろん東京のお客さんは行かないのが当たり前であって…

ですから、99%のお客さんはみんな行くつもりがそもそもないわけですし、それゆえに『行きたいけど、行けない』と言う言葉も、今回ほど、多く届いていませんでした。いつも東京で会えるのだから。

伝えてくれるだけじゃなくて、Twitterでファンの方々のTLを見ていると『行きたいけど、行けない』ことで真面目で真剣なお客さんを、すごく悩ませてしまっているとも思いました。
直接的に力になれないことを、すごく辛そうにしているように感じられました。


よくネットである、絶対一生ライブに行く気はないんだけど、女の子と話したいから『行きたいけど、行けない~』と話題を適当に振ってタレントさんにかまってもらおうとしているやつとかじゃなくて


本当に行きたいと思っていて、でも行けない…と思っているように感じられました。

私を応援してくださる方々は本当に真面目な人があまりにも多く、しばらく関東でRose&Rosaryのライブがない間は、他の子を推すのを楽しんでくれてたらいいのだけど(笑)

真面目すぎる一部の方々に、『行きたいけど、行けない』『協力できなかった…』と『取り残された感』だけをお客さんに与える夏であって欲しくないと思いました…。

ライブに来れる方も、来れない方も、真剣な方々がWin-Winになれる方法ってなんだろう。


それで、ちょっと考えてみたのですが、今回、敢えてマツモトファンディングをやってみようかと思うのです。

元来、私はクラウドファンディングとか、クレジットカードの分割払いとか大嫌いな人間でして、『夢のために、やりたくない事にも取り組んで、夢のためのお金を自分で稼ぐ過程』があってこそだと思っています。

クラウドファンディングとかで、やりたくない事をショートカットするのは好きじゃないんです。
クラウドファンディングでしか達成できないことがあっても、私は一生やらないと思います。まぁファンを疲弊させるオーディションライブとかも絶対やらないですけど、まぁ、だいたい私なんかは、やらないことばかりですわな。

ただ、今回は、何かを達成するための、資金集めが目的のそれではなくて…


とは言え、お金と言う直接的なものになってしまって非常に恐縮なのですが『現地には行けなくても、Rose&Rosaryの遠征をみんなで作ったんだ!!』って思ってもらえたら、それが良いんじゃないかと思いました。


そしたら、『この人は遠征ライブに行くんだな、ふーん、あっそ』で済ませられない真面目なお客さんたちも、私が遠征の事をTwitterで呟く度に、まったく抱く必要のない、一切抱かなくて良い変な罪悪感も抱かないでしょうし


真面目なお客さんたちほど、『しばらくはライブに行って応援できないから、そんなタイミングではメールとか送っちゃいけないな…』となって連絡を控えてくる傾向があって

でも、『Rose&Rosaryの遠征をみんなで作ったんだ!!』ってみんなで参加してもらえたら、もっと夏の間も気楽に私に連絡してもらえるだろうし、話せますよね(・w・;)…?


と思って…。


いろいろ考えてみたのですが、今回のマツモトファウンディングはこのような形になります。


マツモトファンディング2017 ~北海道と香港に行かすの会~


参加費:2500円
支払い方法:銀行振込み

参加締め切り:6月30日(金)


お礼:


北海道現地で撮影したチェキ、香港現地で撮影したチェキにメンバー全員のサインを入れて、『マツモトの夏休み』的な手作り会報とともに7月31日(月)までにお客さんのご自宅に郵送します。
もしくは夏コミ1日目 Rose&Rosary ひ-10aにてお渡し致します。

ご自宅に郵送でも、夏コミ手渡しでも、参加費2500円は変動しません。


おそらく、いざお礼は開封したら、それ以外にも現地で買ったような物がいろいろ入っている可能性が高いですが、皆様に、どんなものを送るか、それはまた遠征道中にノリで考えたいと思います。


目的:

ファンの方々と、楽しく準備をして、楽しく遠征に行くため。


今回の遠征費を黒字にするのはそもそも無理であるので、特にお金稼ぎではございません。


4人で北海道にライブに行くと、1人で行ける代金の、単純計算の4倍ではなく10倍かかるのである

4人のスケジュールを何とか合わせようとすると、どんどん安い飛行機には乗れなくなるのである

高い飛行機だと解っていて、乗るしかなくなるのである

楽器を飛行機に乗せるのは、重量オーバー、サイズオーバーでさらに別料金であるのである

通常クラスのレンタカーにはもう楽器・機材を詰めないから、借りるレンタカーも高くなる


ホテルは基本、全員同じ部屋のタコ部屋収容かシングルにしている


安いホテルは、のきなみダブルベッドなんだ


ダブルベッドはだめだな

1.jpg

ダブルベッドはだめだ…


じゃあシングル×4借りるか、タコ部屋しかないんだよね

でもそういうホテルの取り方が、すげぇ高いねん


ドラムNGのイベント、ハコも多く、ドラムOKなハコになると参加費も大いに高まりまするね

7/1(土)のあにおび!さんはチケットノルマが18000円(1200円×15枚)である、東京ならともかく、帯広で15人も集客できるわけがない

(人によってノルマの額を変えて、優しそうな人からは意味もなく法外な料金を取るイベントばかりだし、チケットノルマを一律で、ちゃんと見える所で公表しているあにおび!さんのやり方はとても好き。そもそもこの日はライブハウスがかなりデカいっぽいので、参加費かかってしかりだと思います)

北海道にさっしーを連れて行って、ドラムを鳴らしてもらうこと自体だけで50000円以上かかるし


まぁなんだ、要するに7月だけで40万近くかかっちゃって

R&R口座になんもお金なくなっちゃったので


2500円ちょーだい!!


2.jpg

バーン!!!


もちろんギャラもらってライブ出たり、遠征費用全額出してもらって行ってるときもあるんですけど…あんまりそれだとドラマが起こらないことが多いですね

事務所のコネや黒いコネで高待遇で地方イベント行ってる人に限ってお客さん誰も来てないし…我らより1レベル2レベル上の人が平気で名阪で動員0でライブやってるのとかほんと震える…
ああいう人のツイッターフォロワーが数千人居て、ライブの模様が何十リツイートされてるのはなんなのだろうこわい、なんなの?サクラ?
まぁうちも言うほど全然ファンなんておりませんし、死にかけの加齢臭と腐臭の漂うあれなんだけども…


一部のファンの方々と話して、『計画には問題ないと思う。やってみよう』となったのでブログを書いてみましたが、よほど、ごくごく近くで応援してくださっている方々じゃないと、我々がCDやグッズをいかに原価スレスレで販売しているか、インディーズバンドの中でも、私たちはかなりお客さんにお金を使わせないように善処している部類であることや、お金を頂いても、ライブ中のパフォーマンスに使うお金や、なんかこう、どうもお客さんにお土産をあげてしまってすぐお金を戻してしまうこと


そんなことなど、ぜんぜん通じないと思うので、『お金稼ぎやってる!!形のないものに2500円も払わせてるぞ!!』と遠巻きに見ている人に攻撃されるかもしれないなとも思います…

まぁ、攻撃されたら、そのときまた考えます~。

たぶん、参加してくれる人2~3人くらいだと思う。それで攻撃されるってハイリスクワロタ。

なので全然お金稼ぎではないですよ!!(力説)


『誰が協力してくれた、誰は協力してくれない』とかいちいち全然思わないですし、特に若い方々は真面目すぎる傾向があるので、『参加しなくちゃ!』『応援しなくちゃ!』とならないようにお願い致します!!


参加しないのが普通だし、ライブに全部行こうとまでするのが普通ではないし、CDやグッズを全部買ってくれるのが普通ではありません。

バンドの応援に限らずさ、みんな、もっと手を抜いて、美味しいとこだけ取って人生生きてるよ。
もっと柔軟に、自分に優しくしてください。

企画に協力することで、申し訳ない気持ちが薄れ、私のブログやTwitterを見るたびに欝にならなくて健康になれる!と言う方だけ、参加しようず!!

本当に『面白そう!参加したい!』と思ってくれた方々だけで大丈夫ですので!!!


マツモトファンディング2017

参加メールフォームはこちら!

マツモトファンディング2017 ~あいつを北海道と香港に行かすの会~

参加費:2500円(お礼送料込み)
支払い方法:銀行振込み
参加締め切り:6月30日(金)


メールフォームから必要事項を送信後、自動返信にて振込先が書かれたメールが送られます。そちらの銀行口座に、6月30日(金)までにお振込みをよろしくお願い致します。

お礼を郵送で受け取り希望の方は住所を必ず書いてください。コミケ受け取りの方は、住所がなくても大丈夫です。

毎日口座は確認しておりますので、振込み完了のご連絡は、あっても、なくても大丈夫です。

あ、あと、発売済みのRose&Rosaryの音源から、好きなものがあれば1曲だけmp3ファイルを送りますので、ご希望あったら楽曲のタイトル名をメールフォームの『備考欄』書いて下さい。
こちらに関しては、入金あり次第、即日データ送りますです。
発売してない音源(ゲームの主題歌などでゲーム内やネット上で聞けるけど、Rose&RosaryのCDとしては発売前もの)は送れませぬ!


Rose&Rosaryの発売済みCD、楽曲については、このへんで見てけろ
http://rose-and-rosary.com/release.html


ご質問などあれば、お気軽にご連絡くださいませ。

とりあえずやってみますので、よろしくお願い致します!!

6.jpg


2.jpg


4.jpg


5.jpg


1.jpg


3.jpg


写真は第15回大道芸フェスティバルin旭川買い物公園まつり(豪雨)


r.jpg


セブンスターの木


s.jpg


ぜるぶの丘


u.jpg


t.jpg


青い池


e.jpg


泊まったのは旭川から1時間ちょっと、白金温泉にある


国立大雪青年の家



ホテルじゃないけど、勉強目的の施設で、
で泊まれます。事前予約制です。『音楽の練習』って申請したら泊まれました。


旭川周辺の人だったら、たぶん林間学校で来るんじゃなかろうか。高校生の際、ここに林間合宿で泊まらされましたが、友達の居ないわたしにはカリキュラムがつらく、夜中に逃げて先生にすげぇ怒られました。


それから10年ちょい、まさかまた戻ってくるとは思うまい。


b.jpg


c.jpg


『Rose&Rosary』って言ったら申請が通らない気がする際に必ず登場する偽りの団体名


a.jpg


j.jpg


k.jpg


少人数でも泊まれますが、本来は部活やスポーツ団体等でもっと大人数で泊まるべき施設なので、部屋くそ広い


d.jpg


部屋の張り紙


h.jpg


ホテルではないので、布団の上げ下げなど、全部自分でやるのだ。シーツはリネン室に自分で取りにいくのだ


f.jpg


ごはんは食堂で


i.jpg


m.jpg


n.jpg


消滅可能性都市、旭川郊外では夏休みシーズンでもないのにこんなとこ泊まっている人など、こんなものである


スポーツ選手だと思うのですが、この日はRose&Rosaryご一行のほかに『女性選手×2、くたびれた監督のおっさん×1』が泊まっていて


『あの組み合わせなんや!?卑猥じゃね!?あの組み合わせで一緒の部屋で寝てたりしてるの!?』

『いやいや、ああ見えて、あの監督は、くたびれてそうに見えて、絶倫なのでは…』


などと話していたが、向こうからしたら同じようなこと言われてそうである。


風呂から帰ってきたクロちゃんが


『ここは…ちょっとやばいな。霊が出るかもしれない。俺が風呂に入っていたとき、誰もいないのにずっと視線を感じた』


と言っておりましたが、ぢるがそのあと


『なんか、俺が風呂に入ってきたら、クロちゃんが入ってきて、俺より先に出て行った』


と言ってたので、メガネ同士ってのは本当に何も見えてないんだなと思いました。


まあその後、『大切青年の家』って検索してみたら、一番上の検索ワードに『幽霊』って出てたからホントにいるのかもだけど。


l.jpg


ふとんをたたむ


q.jpg


p.jpg


Rose&Rosary in 武道館


o.jpg


さようなら。


あとは当時のTwitterにて模様をご覧下さいませ。

(ブラウザ環境にもよりますが、以下はたぶんスマホからの方が見やすいです)


20110608-iii.jpg

いきなり香港遠征が決まったので、実際にお客さんが来てくれるか来れないかさておき、ちょっと色々調べてみましたので、来月の『香港アイドルフェスティバル 2017』用にご覧下さい(・∀・)♪


香港は私が世界で一番好きな街なのですが、正直めちゃくちゃ簡単な街なのです!

10か国以上行ったけど、たぶん香港が、いちばん楽だし、安全。台湾よりも観光土地がバラついてないし、地下鉄も解りやすいです。

深夜2時~4時くらいがちょっと静かだなって位で、ほぼ何でも24時間動いていますし、人もいます。LCCなら1万円以下で飛行機も取れます。ホテルも安いです~。

私が海外旅行をはじめた頃はガラケーでしたし、ネット回線も弱かったから、海外に行けばネットも使えず、電話もできず、メールもできず、本屋で売ってるアナログの地図だけを頼りに旅行していました。解らない事は、ジェスチャーで、あまり英語も喋れないから、英単語だけの連発で現地の人に聞いてました。

その時代でも、別に、多少は道に迷ったかもしれないけど、結果的にどこかに行けなかったとか、困ったとか言う記憶ない。

いまはGoogleマップとかもあるし、翻訳アプリもいっぱいあるし、困ったら日本に居る人にリアルタイムで連絡も取れるし…


今は昔より、恥もかかなくて済むし、プライドも壊されなくて、不安やストレスも抱えず旅行できて、現地の人とのコミュニケーションも取りやすい。本当にこの時代の人は恵まれておる。


世の中には、自分の知らない事や経験していないこと、予想外の事を怖れるばかりにチャレンジもしていないのに、海外には行けない、日本が最高!と説得力のない事を言う大人がいっぱいいますし


日本では偉そうにして私を笑ってるのに、海外に行った瞬間、英語を話すのが恥ずかしくて突然わたしの後ろに張り付いて金魚の糞みたいに着いてくる人もいっぱいいますし

ライブをやっていても、楽屋でイキってるのに、自分より有名な人や上手な人が入ってくると、突然シュンとする出演者もいっぱいいたりして

そういう大人が嫌いと言う方は、たかが旅行、されど旅行と思わないで…

今回、Rose&Rosaryのライブに来れなくても、いつか機会があったら、どうか色々なところに旅行に出かけてみてくださいね!

きっと、悩んでいた事が実はたいしたこと無かったり、嫌なことしてくる人、嫌なこと言ってくる人たちが、ものすごくちいさい、か弱い人たちであったことに気付いて、もっと世界に優しくなれると思います。


余談が多かったです。


さて、オリジナル地図を作りましたので、ご覧下さい。

map.jpg


Googleマップで調べたところ、
7月15日()香港アイドルフェスティバル1日目、Music Stage(九龍新蒲崗雙喜街2-4號同德工業大廈11樓B室)最寄り駅は、黄大仙駅でした。


正確には隣駅の方が直線距離では近そうなのですが、黄大仙駅前からの方がおそらく道がわかりやすい、確か人がいっぱいいるので最悪タクシーもあるかなとか考えて、最寄りを黄大仙(ウォンタイシン)駅と言ってます。


なお、黄大仙駅には、


と言う、香港で一番有名な寺があるので、お参りしてきても良いでしょう!

20110627-ll.jpg

黄大仙行ったときの写真、ホームページのギャラリーにあったわ。


黄大仙付近は、結構広いので、黄大仙にお参りに行くにしても、ライブ会場行くにしてもタクシーの方が楽かもです。日本よりぜんぜんタクシー安いです。

タクシーに乗る際は、言葉で言って伝わらなければ、行き先を紙に書いて運転手さんに渡そう!


東南アジアまで下がらなければ、基本的に観光していて99%ぼったくられたり、わざと遠回りするようなタクシーはいませんが、念のため、走行を始めたら運転手がメーターを付けたかは絶対に確認すること。
まだ心配だったら、運転手に見えるように、わざとGoogleマップを見るふりを時々かましましょう!!

7月16日()香港アイドルフェスティバル2日目、青年廣場 Youth Square Y-Studio(香港柴灣道238號2樓Y劇場)の最寄り駅は、地下鉄の終着駅、柴湾駅でした。

私もここは行ったことないわ。

香港の地下鉄(MTR)は、街中、いたるところに『赤い米印』が付いた入り口があるので、乗るの超簡単です。
碁盤の目になってる街だから迷わないし、そもそもメインのネイザンロード歩いてりゃ、数分おき駅の入り口あるんじゃ。

オクトパスカードと言う、日本のSuicaみたいなのも駅の券売機で売ってるので、オクトパスカード買う方が楽です。日本の電車賃より、ぜんぜん安いです。


香港は、わかりやすく言うと、海を挟んで上側が、九龍半島と言う、いわゆる皆がイメージする古き良き香港


下半分は、香港島と言う、シャレオツくさいので私はほとんど行かないエリアです。横浜や神戸だと思って下さい。

100万ドルの夜景を見れる、ヴィクトリアピークは下半分の『香港島』側ですが、ツアーとかじゃなくて、自力で地下鉄とピークトラム乗り継いで行く場合、『ヴィクトリアピークを見るためだけに、中心部からの移動時間往復と、現地滞在時間ふくめて、トータルで4時間弱』くらいなので、滞在期間が短い場合は、ここだけ離れててちょっと厄介なので行かない方が良いかな…。

20110627-ff.jpg

ヴィクトリアピークは、夜景も綺麗だけど、昼間も楽しい。

日本より、とってもとってもビルが長くてスゴイ(・∀・)


香港に行く場合、拠点にするホテルは、先の地図で中心に囲んでいる、


『旺角(モンコック)』
『油麻地(ヤウマティ)』
『佐敦(ジョーダン)』
『尖沙咀(チムサーチョイ)』

このどれかの駅のホテルを取るのが、最高にいいです。どうせ有名な観光地はぜんぶここだから。


なお、歩くのがあまり苦にならない人は、この4駅区間は、歩けるっちゃ、まぁ歩けます。


『トリップアドバイザー』や『楽天』などで安いホテルを検索しつつ、『ホステル』や『ゲストハウス』で検索すれば、通常のホテルより安いのが色々出てきますので、耐えられる人はホステルやゲストハウスへどうぞ。

私も泊まった事ないけど、


とかも、ネットで大騒ぎされてるほど治安悪くないぞ。
別に内部、1人で歩けます。九龍城がない今、九龍城気分を味わうなら重慶大厦。

20110608-q.jpg

重慶大厦前にて。やたら大量に寄ってくる割に、カメラ構えると嫌がって逃げるインド人


そういえば、香港を歩いていますと、場所によっては、ときどき、インド人、数十人に囲まれたりします。


先ほど、ホテルをオススメした駅で言うと、


『旺角(モンコック)』
『油麻地(ヤウマティ)』
『佐敦(ジョーダン)』
『尖沙咀(チムサーチョイ)』


この中の、『尖沙咀(チムサーチョイ)』は、すごく多国籍で、それが香港の良いところなのですが、時と場合によっては、インド人に囲まれます。

と言うか、インド人に囲まれるようなことを、日本人の方がしています。


『コンニチワ!』『カワイイ!』『オネエサン!』『ヴィトン!プラダ!ニセモノ!』『マリファナ!』『ホテル!』『ウ○○!』『マ○○!』とかインド人は、知ってる日本語を駆使しつつ、少し遠くから押し売りをしてきますので


日本人じゃなければ、何言ってるか解らなくて反応できないはずなので


聞こえないふりをしましょう。


そうすれば囲まれず、『あれ?あの人、韓国人…?』と思ったインド人のハングルが後ろから聞こえてくるだけです☆

私は香港に1人で行くときもあれば、友達と行ったりもしてきましたが、必ず皆『いらないです!』とやたらと反応したりしてしまっている、そしてインド人に余計、迫られている

めんどくさいので最初から反応しないべし。


まぁ別に囲まれても、『いらないです!』を連呼して振り切ってたら

『だから友達イナインダヨ!』 『だから低賃金ナンダヨ!』


と、割と傷つく的確な捨て台詞を、インド人が吐いてくる程度です。


『旺角(モンコック)』
『油麻地(ヤウマティ)』
『佐敦(ジョーダン)』
『尖沙咀(チムサーチョイ)』

上記、香港中心部から、1日目のライブ会場まで多分地下鉄で30分弱くらい、2日目のライブ会場まで、多分40分弱くらいじゃないかな~と思います。知らんけど。

最寄り駅を降りてから現地まで少し遠いかもしれないので、1時間30分前~2時間前行動が良いのではないでしょうか。知らんけど。

知らんけど、知らんから出来ないとか言ってたら、世の中の大抵の事は出来ないので、たぶん知らないまま行って、やってみれば、大抵の事は出来るものである。

さて、ここからは『滞在時間が短くても、ここだけ抑えておけばOKな観光地』シリーズです。


☆旺角(モンコック)

20110608-uu.jpg

よく写真で見る、派手でゴタゴタな看板や夜景、あのいかにも香港ってのはここです!


女人街』と言う夜市があって、日本人もたくさんいますから、見に行きましょう!


信和中心』と言う、オタクビルもあります!
だいぶ減りましたが、アニメやゲーム、DVDやサントラの海賊版が1/10くらいの値段で売ってます。時代的にほとんど日本の正規品を売るようになりましたが、B1Fあたりはまだへんなの多い。

時間があれば、『信和中心』の裏にある『好景商場』、『旺角電脳中心』あたりも空きテナントが多いですが、PC系のお店です。

ただ、わざわざ『好景商場』、『旺角電脳中心』あたりを巡るなら、電車で2駅北上し、『深水埗(サムスイポー)』駅まで行き、『黄金電脳中心(ゴールデンコンピューターセンター)』を見るといいでしょう。やはり時代的にほとんど日本の正規品ですが。むかしは面白かったんですけどね。

20110608-t.jpg

黄金電脳中心前


『深水埗(サムスイポー)』はアキバのような電気街ですが、さらにさらに下町の雰囲気がしますので、普通に歩いてても楽しいですよ!

20110608-y.jpg

深水埗(サムスイポー)裏路地


香港は夜が元気な町ですが、どれかと言えば、午前中からバリバリやってる街は深水埗(サムスイポー)ですね。


☆油麻地(ヤウマティ)

『女人街』じゃなく『男人街』ってのがあります。私は『男人街』の方が濃厚で好きです。

20110627-g.jpg

油麻地の夜。


雰囲気が好きなので、夜中、油麻地(ヤウマティ)の裏路地でぼーっとしてます。


日本だと鉄を組んでビルを建てるけど、香港だと日本より高層ビルばっかのくせに、平気で竹だけでビル作るんで、ほんと見て欲しい…


香港は、どこを見ても圧倒的なコンクリートビルディングと竹、コンクリートビルディングと竹、コンクリートビルディングと竹なんや…


☆『尖沙咀(チムサーチョイ)』

海が近いので、世界中から来た観光客(主に白人さん)と、観光客相手の商売をする多国籍でパワフルな東南アジア人(主にインド人)で溢れるエリアです。

海のところで、シンフォニーオブライツと言う、夜景をライトアップで照らすイベントを20時から毎日必ずやっています。
とても綺麗なので見て欲しいです。日本にはないです、こういうの。
霧が出て見づらい日もあるのですが、晴れていれば最高です!


今時代、マップが充実しているので大丈夫だとは思いますが、海のところが、ちょっと広くて解りづらいので、ちょっとだけ早めに行った方がいいかもね。

対岸の香港島に、確か500円以下くらいで乗れるフェリーが15分くらい置きに出てるので私は夜景を見つつ、フェリー乗ったりします。で、そのまま対岸に着いたら、帰りの便で九龍に折り返してきてますwwww


尖沙咀(チムサーチョイ)駅の西側には、『糖朝』と言う日本でもブイブイ言わせてる杏仁豆腐やマンゴープリンの店があるのでお勧め。
日本のそれとは全然違ってめちゃくちゃ美味なので、ぜひ!普通のゴハンもありますし、死ぬほど量を頼んでも日本より安いです。


香港には、日本円で700円くらいの足ツボマッサージや整体が沢山あるので行ってみてもいいかもね~。なぜかいかがわしくない店でも、24時間やってるところが多いです☆

香港は観光客がどこも沢山いますが、特に尖沙咀エリアは多いので、ほとんどのお店で英語と、日本語を表記してくれています。ですから、大量のインド人に囲まれる一方、とても便利な街です。

1.jpg

ぼたで炒めもあるし
2.jpg

やきらばもある…


3.jpg

ジンジャーミルタやスティームエッダ、ミルタ、チョコレートミルタもあるし…

4.jpg

アーモンミルタ、ミルタティー、ミルタコーヒー、ロータスナットミルタ、エッダミルタ、オートミルタもある…


5.jpg

パナナミルクやマソゴーミルクだってあるし

6.jpg

フルーッミルク、アイスィー、アイスオパティーンとかもあるし

7.jpg

エッグッグチーズサンドや、ビーフェッグサンド、ポークェッグサンドあたりは、語呂とリズムがいいし

8.jpg

日本人にわかりやすく、美味しいものを食べてもらうのに、香港の人達は、一生懸命日本語を頑張って、パタートーストだって売ってる
10.jpg

スードルだってある。


11.jpg

運が良ければ、目玉焼きに見える『なこねのたこ焼き』ストラップも買えるし


12.jpg

大阪限定だし、タコセさっこてだし、ぽねもこだし、にゃんにゃんにゃんこファスナーキーホルダーだし、あけましておめでとうだし、ひつじのフリをしている。

香港を歩いていると、時々『優の良品』と言う、日本のお菓子のふりした駄菓子屋さんのチェーン店があるので、以下のようなものを、お土産にいかがでしょう。

13.jpg


14.jpg

ここでしか買えない、才リジナルな商品が沢山ありますから。

私は香港に行くと、必ずこの優の良品でものを買い、『優の良品』と書かれたビニール袋に入れてもらって、それを見せびらかしつつ観光しています。

海外旅行で、たくさんの、何百枚もの誤字シリーズの写真を集めているので紹介したいが、私は、そろそろ腕もお尻も痛い。
そういえば、香港に限らず、私の場合、初めて行く国には、なるべく『地球の歩き方』を必ず買って持参しています。回し者じゃないけど。
いろいろ観光ガイドブックが売ってますが、『地球の歩き方』だと、地図や観光以外にも、『あまり海外に行かない人が、そもそもそれ以前にわからない事』…例えば現地空港の間取り、空港降りてからすること、通貨価値、お勧めの両替所などが序章と巻末に色々書かれておりますゆえ!とても便利やで!
あと、日本に居る間に、Googleマップで、目的地、ホテルなどに予めピンを打っておくのがお勧めかもです。

私はゴリラなのでやってないけど、この前の台湾遠征で、ぢるがやっていた。

なお香港は、中国圏なので、現在、Googleマップがオフラインでは対応していないみたいです。
ポケットWi-Fiなどで、オンラインにすれば対応しているみたいです。ポケットWi-Fiは、日本の空港などで、1日500円くらいで出発時に借りれます。
不安があれば、中国圏でも対応する


☆Map me

アンドロイド版

iPhone版

を、予めダウンロードしておくと良いでしょう。
まぁ、本当にガイドブック1冊持ってたら十分な国なので、そこまで準備しなくても良いと思うけど。。。


香港は…中国ですけど、あんまり中国っぽくないです…。
行ったことない人ほど、『中国!』って決め付けて言うけど、中国とはまたぜんぜん違います。

考え方とか、空気感とか、町並みとか、人々とか、そしてその背景に見えるもの、自分が生まれる前からずっと続いていた歴史。いろいろなことが、肌で感じられる街だと思います。

なんか長時間ブログ書きすぎてお尻が痛くなってきたので、今日はこれにて~

↑このページのトップへ