1.jpg
最近天気が良い日が多かったのと、昨年の7月上旬ぶりにヒマになったのと、twitterで騒いでいるようにずっと皮膚が痛いので、湯治でもしてみようかと1泊2日で山梨県に一人旅に行ってきました。

去年の6月くらいにも、レンタカーで栃木県最大のB級スポットピラミッド温泉に行ったりしてるんだけど、忙しくてレポ書けなかったのよね。ピラミッド温泉も悪くはなかったのだけど、めっちゃ疲れ果てた謎の耳無し犬とか飼っててリラックス出来る感じではなかったので、今回は敢えて、非常に無難な旅…。
(多分、優しい女将が怪我した犬を拾ってきたのだと思うけども、見かける度に心配になって心が落ち着かないのであった)

無難じゃない旅が好きな人は過去ログで一昨年のフィリピンでも読むと良いよ。以前のオリコンブログをLINEブログさんが読み込んでくれたやつなので、ちょっと文字化けしてるけど。

フィリピン セブ 1
フィリピン セブ 2
フィリピン セブ 3
フィリピン セブ 4
フィリピン セブ 5
フィリピン セブ 6

本当はオススメはロサンゼルスで麻薬の売人の黒人さんを間違って部屋に呼び込んでしまって、モーテルで2人きりになってしまって殺されるかと思った旅とかなんだけど、昔のブログすぎてどっか行った。ネット探せば出てくるかと。

シアトルのマイクロソフト社の表彰パーティーとかオーストラリアに留学してた時代のブログとかも太古の昔に書いたんだが、それはもうネット探しても出てこないな。デジタルメディアは儚い。
自分からブログを引っ越すことはまずないのだが、サービス終了してしまって消えてしまうんだよなぁ。

さて、山梨県の旅。

1泊2日で行ったんですが、風呂が好きすぎる人じゃないと割と時間を持て余すので、日帰りでも良いかと。東京の左側に住む人だったらレンタカー借りるの9時~21時の12時間で、日帰りオヌヌメ。

まずはレンタカーを朝借りて、神奈川県との県境にある、秋山温泉に行きました。

24.jpg
ネットで検索すると、秋山に来るまでが峠道でドライブがきついと言うレビューが多いのだけど、車線変更する度にやたらまごつく上に、駐車場にも絶対に前から突っ込む事しか出来ない私が、ニュースで何十何年ぶりの冠雪がどうこうとか言ってる日の翌日、雪が多少残ってる中、スタッドレスじゃないレンタカーで来てるので、たぶん大丈夫かと思われ。

それよりレンタカー屋でレンタカーを借りて、23区内のくそ混んでる道を走るのが本当に怖いのだ…。去年ピラミッド温泉行くとき、泣きながら首都高とか大橋ジャンクションとか抜けれたから、まぁ中央道くらいなら行けるかと思って来た。

運転が下手な人って自分ではみんな気付いていなくて、大概『大丈夫』と言うのだけど、実は全然周囲見えてないし、想像力も足りてなくて、乗っている人だけが常にヒヤヒヤしている事が多いので、私は運転はくっそ下手ですが、事故を起こすオッズは相当低い人だと思っている。自分で下手なの解ってるもの。

大人になってから思うけど、運転って、技術だけじゃなくて、他人の気持ちを想像できない人とか、物事に興味が薄い人は割とあぶない運転するし、下手だったりする…。単純技術だけじゃないのは、音楽とかもそうね。

秋山温泉は、ごく普通の庶民向け温泉です。全国いろいろな風呂に入って来たけど、ここの温泉の泉質が一番気に入ってます。オヌヌメ。

2.jpg
敷地内に、野菜の無人即売所などもあり、

3.jpg
マーメやゴーマやサーカナも売っている。

9.jpg
ロビーで温泉水も自由に汲んで良いみたいなので、持って帰った~。(空のペットボトルは80円)

昔から、『自分の知らないこと』に人より興味があるタイプなのだけど、近年、それに拍車がかかっており、行った先々にある看板は全部読むようにしている。

無駄に、従業員が何年に温泉ソムリエの資格を取得したとかの表彰状も全部読んだりした。
割と法則性が見えてきて、『この人は頑張り屋さんなんだな』とか、『この人は取る資格の範囲が広いから、色々な事に興味があるんだな』とか、『ここで働くにはおそらく、最低この資格だけは必要で、この人はこれだけだから、上司に言われた事をただやったんだろうな~…この写真の人だけ、接客あんまり良くないし、本当はこの仕事が好きではないのだろう』とか色々勝手に想像したりする。

旅行先で解説読むのたのしい。

うまく言えないのだけど、人生経験の無い人ほど、物事に対して無自覚に興味を持たないことが多い。興味を持たないと言う事は、無自覚に視野も狭かったりする。

知ってる範囲の事を繰り返して、知っている事に安心して、知っているコミュニティでの地位を上げる、幅を効かせる。知らない事や、知らない生き方をしている他者に排他的な感情を持つ人も世の中には沢山いるのだけど

実は色々な事を知っていないと沢山の事を楽しめないと言うか、それまで興味の無かった分野も敢えて見てみることで、興味がある分野に結構フィードバック出来たりするのよね。

私が旅行をするのは、やっぱり、知ってる事より、知らない事の方が好きだからですね。

4.jpg
今回は入らなかったけど、プールもあるし、夏は屋外プールの方にサウナやロウリュもあるので、それで700円くらいはお得かと。

6.jpg
23区内では絶滅危惧種の、『自由な感じで横になる婆』とかも見学。

婆A 『それでね、うちのお父さん、入れ歯になってから生野菜がダメなのよ。やっぱり箸休めと言うか、漬物とか出したいじゃない?茹でるなり、焼いたりしたらまだ多少食べるんだけど、生野菜はダメみたいなのよ。年を取るって嫌ねぇ』
婆B 『私、最近、汁物がダメって言うか。なんか水分のあるものを食べたら、最初むせるのよね。途中からは大丈夫になるんだけど。あれ何なのかしら…』
婆A 『なるわよぉ。それ、なるわよぉ。皆、同じよぉ。60越えたらなるわよぉ』

私もそれ、去年くらいから、なります。

フードコートにて黙々とスプリガンの11巻を読む70歳くらいの爺も居て、はたして爺は話の内容が解るのだろうかと思ったりする。

7.jpg
8.jpg
ロビーの椅子の補修がファンシーだと思いつつ、秋山温泉を退出。

38.jpg
一応、メイク道具持ってったけど、化粧せんかった。自撮り1枚だけ。

今度はまた峠道をドライブして、道志村に行きます。若干雪の残る道で1時間ちょいくらいだったので、夏場ならもっと早いかと。

16.jpg
17.jpg
バイク乗りの人だと、結構よく行く道の駅 道志です。

夏だと、ここまでに至る、道志みちと言う道路のドライブは景色が本当に良くて綺麗なのですが、今回、雪ありすぎて何も見えなくてワロタ。
だだっぴろい北海道の景色とはまた違うので、まつもとブログに興味がある人は、春~夏に行ってみてくれ。

15.jpg
道の駅の後ろから、川にも降りれるんだ…夏は釣りやバーベキューもできるんだ…

18.jpg
真冬の平日の、しかも積雪がどうこう言ってる直後の日に、誰も道の駅なんて来ないのであった。

19.jpg
安定のモーゼ。

道志の名物はクレソンらしいので、クレソンうどん・クレソンそば等をとりあえず買った。

10.jpg
今日の宿だよ。
道志はいつも通り過ぎるだけだったので、今回は道志に泊まってみるんだよ。

ここ数年、民宿良いなぁと思うのは、民宿、1人で泊まれるんだよ。ビジネスホテルはともかく、観光地のホテルだと2人からじゃないと基本泊まれないので。
民宿の嫌なところは、じゃらんとか、ネットの旅行サイトにほとんど掲載されてないし、ホームページも地域の観光サイトでの記述や電話帳が検索上位に来てしまってオフィシャルのヒットがかなり下の方だったりして見つけづらいし、だいたいは電話で予約しなきゃいけないところだよ。

1人で泊まれるけど、オフシーズンの民宿に1人で泊まらせてくれるって、店開けない方がマシレベルなので、惰性で仕方なく旅館やってるとこだと冷たく電話切られますぬん…。あれ傷つくぬん。。。

12.jpg
民宿・北の勢堂だよ。

11.jpg
築180年の古民家を民宿にしてあるよ。夏は古民家の方に泊まれるみたいよ。今は冬で寒すぎるので、ゴハンだけ古民家に入れてくれたよ。

13.jpg
想像してたけど、やっぱりモーゼだった。

すまん…お客さん1人じゃ店開けない方がマシレベルですよね。。。女将、温かく迎えてくれてありがとう。。。

20.jpg
23.jpg
今回、ここの宿にした理由ですが、『道志 民宿』で検索したら、北の勢堂が一番ヒット数多かったのと、民宿おかあさん100選の創立初期メンバー

だったので。民宿おかあさん100選って何や!?と思ってホームページ見たら、おかあさんを100人選んだ以降、ネタ切れしていて更新頻度が非常に減っている。

この新聞を読むに、ここの女将の山口かおるさんは、米や野菜なども自分で作ったものを提供しているようだ。道志名物のクレソンも豊富に使っているのだ。

子供の頃はそういうの読んでも何も響かなかったのだけど、大人になると、いかに大変か解るよねぇ…。自分でいちから全部作ってて、大型ホテルより安い値段でお客さんに提供するんだもんね…大変よね。



14.jpg
部屋。

22.jpg
廊下。

ここの民宿、めっちゃオススメである。民宿って、部屋の間取りや布団などにオーナーの個性や生活観があって、それが苦手だからホテルに泊まるって人もいるのだけど

オカルト的に言うと、経営者のオーラというか、残留思念みたいのがあって、やっぱりホテルより怖い民宿は怖いのよ。昔、足尾銅山にある日本人形だらけの民宿泊まったけど、あれは泣いた(名前忘れた)

でもたぶん、この民宿のおかあさん、めっちゃ幸せに暮らしてる人です、たぶん。ちょっと入っただけで解る。めっちゃパワースポット。他に誰も泊まってなくても、空気がすごい明るい。すげぇ綺麗だし、どこもチリひとつない。

そして漫画が1000冊くらいある。

漫画のラインナップから、ほぼ私と同い年の息子が居る事が想像される。幽々白書、ダイの大冒険、稲中卓球部あたりから、ストリートファイター4コマ漫画劇場的な、エニックスじゃない出版社がドラクエ4コマブームに便乗して出したけどいまひとつ流行らなかった微妙な漫画、街の変な看板や誤字を集めた宝島のVOW、泣ける2ちゃんねるあたりのネトラン系、ほぼほぼ私の実家の本棚と同じラインナップである。

ToLOVEるやニセコイ的なジャンルの、ごく最近のちょっとHな漫画まで網羅されているので、息子はおそらく現役のオタクである。そして若干Hな漫画の棚は、手前に半紙が張って隠されている。
息子の買ってきたちょっとHな漫画を見つけては、きっと旅館の本棚にコッソリ入れている女将である。

あまりに漫画のチョイスがオタクだったので、『この息子はちゃんと学校に行っただろうか、就職しただろうか』と心配になったが、夜になったら息子が仕事から帰ってきた上に、孫までいた。既に私より進んだ大人らしい暮らしをしていた。

3世代で住んでるみたいなので、女将も元気そうだし、幸せそうな訳ですね。数千人しか居ない村なのに、子供が都会に行かなくて良かったねぇ、おかあさん。。。

ちなみにうるさくないです。静かです。プライベートをすごく考えてくれてて、接客明るいですが、部屋にも入ってこないし、そんなに話しかける方の女将ではないです。普段から家族と居るし、人恋しくないのでしょう。

部屋に入ってこないので、布団は自分で上げ下げしますよー!それも楽しいよ。

21.jpg
普通の1泊2食付は6200円で、それに道志で狩ったいのしし鍋と、シカの刺身、道志で釣ったアユの塩焼きが付いて8500円です。

通常は食堂での提供で、築180年の古民家で、囲炉裏を使うとプラス1500円、女将が前日に竹を切って手作りで用意してくれた、お酒を入れる竹筒がプラス1000円で、お酒代が別です。

で、大変重要なところなんですが、めっちゃ真剣に漫画を読んでいたので、料理の写真を残すのをほぼ忘れました…。(朝ごはんも写真撮るのを忘れた)

色々な事に興味があるのもそうだけど、物を作った人を敬いたい、自分がお客さんの立場になるときは、良いお客さんでありたいと常日頃思っているので、つけれるオプションは全部つけました。どうせ他に宿泊客居ないと思ったし、せめて客単価上げたい。

お金はないけど、丁寧に、真剣にやってくれる人には、何かしてあげたいです。お金は感謝のひとつの形だと思います。

自分も普段、私の活動に一切興味はなく、ライブに一度も来たこともなく、CDを一度も買ってくれた事もない人に、twitterのリプライ画面を何年間もむちゃくちゃにされてます。私の活動に、1円でも払ってくれた人は全員、心無いこと、自分本位なこと、一切書いてきません。

ファンの方々が良かれと思って気を使ってくれて、その方々が確保してくれた時間を、私の活動に興味はないけど話だけはしたいのだ、応援はしているのだ(建前)と言う方に全部使われて、イベント参加もむちゃくちゃになってしまいます。昨年末もそうでした。

いつかまた機会があったらブログに書くかもしれないけど、物を作る事に敬意を持てない人は、物だけじゃなく、他人にも敬意を持てない人が多いです。
CDを買ってくれた人にサインをしているのに、そのサインの1分すら待てなくて、割り込んで握手だけしてくれ、と言ってきたりします。お金を出さない人は、お金を出す人を無意識に必ず邪険に扱っています。

お金を出さないからではなくて、人に敬意を持てない人が多いから、懇意にしてくれる優しいお客さんを蔑ろにしていて、優しいお客さんの善意の上で譲られている事を理解できていないから、だから私はお金を惜しみつつ自分が楽しみたい、人と接したいと言う人が苦手です。

そういう人は直接話しかけられるSNSや無料イベントでしか追いかけてこないので、絶対にこのブログは見ない。なので、こういう記事にも絶対に気が付かない。って言うか、ホームページすらおそらく1度も見てないし、バンド名すら読む気なくて、バンド名はなんなのか、何人組みのバンドなのかレベルで何も知らないまま、何も買わないけど応援してると言いながら、何か買ってるお客さんを遠ざけて、割り込んで、蔑ろにしに、永遠に来るのだ…。

でもそれが笑えないのよね。毎日、それが嫌で音楽辞めたいと思うし、毎日、それが怖くてtwitterのタイムライン全く見てない。半眼でおそるおそる見て、優しいお客さんのアイコンが目に入ったら、それには返信してる感じ…。

最近は二股三股四股やってゲームメーカーさんで務めてる男性社員さんを、自分の仕事増やすために気のあるフリして引っ掛けてるシンガーさんや、引っかかってて気付いてない社員さんが良く目に入るので、余計、twitter怖くて見てなーい…むりむり縁起悪いっす嫌なオーラもらうっす

話が逸れたけど、胃腸が膨らんでゴブリン並の体型になるフルコース8500円+暖炉使用料1500円+女将が作った竹筒1000円=11000円で、あとは酒代なんだけど、ここが事前に料金言われてなくて、民宿の稼ぎどころかなぁと思ったんですが、小さいコップで日本酒5杯くらい飲んで酒代200円くらいだったんだが…(しかも精算の時、端数切ってくれたんだが…)

旅館の電気もぜんぶ朝までつけてくれて、風呂も22時までずっと沸かしていてくれた。。。。
(普通は電気代が勿体ないから電気全部は付けないし、お風呂も時間決められる民宿ばかりなんだけどな)

15時にチェックインしてから、ほとんど漫画を深夜3時くらいまで読んでた。

おかあさんありがとう!!いつかまた来るよ!!!!!!!

25.jpg
翌朝。山中湖だす。

昨日の宿から30分もかからない。

26.jpg
富士五湖では山中湖がいちばん好きです。河口湖、人多いし観光名所もありすぎるし、静かな山中湖の方が好き。しかしここも夏休みとか春休みとかGWとかは渋滞するはず。

富士山が見渡せる駐車場の近くで除雪をしてた爺 『こんにちは』
ワイ 『こんちは、なんすかここは』
除雪をしてた爺 『戦争のときに戦場で亡くなった人を奉っている記念碑だよ』
ワイ 『なるほど』
除雪をしてた爺 『ここはねぇ、今、ポケモンで戦場になってるの』
ワイ 『ポケスポット?ジムかな?』
除雪をしてた爺 『戦場!』
ワイ 『(スマホで調べてジムなのを確認)ああ、なってますね。戦場に…戦場になってます』
除雪をしてた爺 『でしょう!!(自慢げ)』

27.jpg
忍野八海です。
初めて行ったけど、外国人観光客でごった返していて、おそらくこんなに有名な観光地になると想定してない間取りで、数百レベルでうごめいている外国人観光客の中に車で突っ込むことになる。なぜ駐車場が終着点にあるのか。そしてみんな避けてくれないのである。

28.jpg
人面魚。。。

ここはすごく綺麗だけど、個人的には好きではないかな~。人が多いのも苦手だし、作られた観光地感がすごいな。その土地でその土地の人が生きている感じとか、肌からあまり伝わってこないかなぁ。。。

ここも地下から汲み上げた富士山の天然水が無料で持ち帰れるよ!1.5Lの空ペットボトルは150円。
面白いので並んで待っていたら、日本人のおばちゃんに横入りされた上に、灯油缶みたいので延々ずっと水汲んでて、やっと蛇口ひとつ空いたので自分のペットボトル突っ込んだら、無言で思いっ切り平手打ちされて手を叩き落とされましたw痛かったwww
まだまだ他のペットボトルに入れるので、私の順番は来てないらしい。そうですか解りました死ね。

運転していたので写真がないですが、ここから河口湖に行き、そこもぐるっと周り、河口湖ハーブ館などの観光地に入っては何も食指が向かずに買わないで出るを繰り返したのち(すまん)

29.jpg
たかの友梨プロデュースのスパ、桜庵です。
スーパー銭湯じゃなくスパです。

美容に興味がないですが、旅行地では『自分の意思で良いと思うもの』以外に必ず『世の中の人が良いと思うもの』にも最低1つは行きます。

昨日、秋山温泉行ったし、民宿でもお風呂入ったし、今度は家庭的なのじゃなくて、いかにも女子が好きそうなやつで。

30.jpg
お風呂には4800円の洗顔料、10000円の化粧水、8500円の乳液と

31.jpg
7000円のボディクリームが常備してある。ドライヤーとかも、なんかちょっとひねってて変。
世界初のヒアルロン酸入りナノスチームサウナとかもある。料金は大人1500円なので、都心のスーパー銭湯と同じか、ちょっと安いかくらい。

意識の高いスパにしたいのであろう、たかの友梨の希望とは裏腹に、やはり平日の河口湖には爺と婆が数人しか居なかった。ほぼ貸切。

特に個人的にはブログに書く事もない、ごく普通のスパを離脱して

32.jpg
小作です。

山梨県名物、ほうとう最大のチェーン店です。
チェーン店嫌いなのだけど、色々試した結果、ほうとうはここが一番美味しいような気が…。

今回来たのは河口湖店ですが、山中湖にもあるし、だいたい山梨のどこでもある。

33.jpg
またモーゼである。

昼間、店の前を通りがかった時、平日なのに駐車場満車でさらに数台道路で待ってたレベルだったが、16時30分に来たらお客ゼロである。

考えてお客さんの少ない時期、日、時間帯にわざと行動しているわけだが、毎回モーゼとは思うまい。

34.jpg
うまい(小並感)

35.jpg
夜になったので東京帰ろうと思うわけだけど、まだレンタカーの返却時間まであったので、近所にあったジャスコ的な、ショッピングセンターベルとか言う謎のローカル大型モールに行く。

都心に住むと、ジャスコやイトーヨーカドー的なものがなく、ファンシー雑貨や玩具があるお店がないんだよね。原宿のキディランドはちょっと最新鋭のラインナップすぎて楽しくない。この店は3Fのすべてが子供向けの雑貨屋とゲーセンばかりでとても良かったです。

36.jpg
37.jpg
田舎のショッピングモールの片隅にある雑貨家で、『とかげとおかあさん』とか言うのを見てむせび泣くワシ。

すみっこぐらし、最近はこんなになってたのか…!こういうの弱いからやめてあげて…。

誰も居ないゲーセンでひたすら太鼓の達人をプロフェッショナルレベルで叩く、友達の少なそうなメガネの中学生の自慢げなプレイをしばらく見学した後、東京に帰りました。

長いこと、東京に住んでいますと、『ちょっと何かしらの経歴がある謎タレントの謎ライブ』より『無人のゲーセンを肩で風切って歩く太鼓の達人』、『家に居場所がなくてフードコートで勉強してる中学生』、『最近、汁物が喉に引っかかってむせるお婆ちゃん』、『秋山温泉の良いところは、富士山が見えないところだ…富士山ゴリ押しつらい、等と話しているお婆ちゃん』の方が見ててレアで楽しい。

無事に帰ってくると思いきや、最後の最後に東京23区内の自宅最寄りのインターチェンジを降りる50m手前で左目をこすったらコンタクトが眼球の真裏に行き、裸眼視力0.0003のワイは死を覚悟しましたが
(利き目のコンタクトがズレたので視界ぜんぶ二重になってるし、電灯や車のヘッドライトも全部花火になって後続車両の距離感もサッパリ)

運良く生きて帰ってこれた。
コンタクト入れたまま岩盤浴で寝てたら目が乾燥してコンタクトズレるので、コンタクトして寝たらだめ。

39.jpg
道志で買ったクレソンうどん、そば等。

40.jpg
奮発して830円のたまごも買った。
黄斑プリマス、アローカナ、名古屋コーチン、ボリスブラウン、うこっけいの5種類のたまごが食べ比べできるらしい。全然良く解らんけど、たまごかけゴハンの食べ比べをしてみよう。

風呂にやたらと長時間入ったり、15時に民宿に入って延々と漫画を読み続けたり、岩盤浴で寝ること前提のプランなので、ドライブが好きで、ちょっとお風呂入って~観光して~くらいで良いなら、日帰りで都心から

秋山温泉~道志~山中湖~河口湖

とかでいいかもぬ!!