月別アーカイブ / 2016年10月

本日はM3&新宿キャッツホールLIVEありがとうございました!


ハロウィン前日の日曜日、きっとイベントが沢山被っている中、Rose&Rosaryを選んでくれてありがとう。

Rose&Rosaryのライブはお客さんが作っていて、たかだかムエタイとは言え、昨日の晩くらいから沢山届いた予約メールと、お客さんの顔ぶれを見てどんなものが喜んでもらえるだろうか、アルバム製作の締め切り直前で、いつも以上に時間もない中、自分なりのベストの出し物を叩きだしたつもりです!

サラッと流れてしまわないライブになるように、『12月にワンマンあるけど、今日の、ごく普通のライブも来よう』と思ってくれたお客さんに喜んで頂けてたら、昨日の深夜に必死でムエタイパンツを洗濯した甲斐がありました…。

お客さんの応援が無かったら、私も思いつかなかった演出だと思いますので感謝!
(まともな事言ってるけど、しかし所詮ムエタイである)

ライブ等のレポートは後日にします!!

多忙な癖に、ちょっと珍しくブログを書く気になったので、書いてこうかと思いまする。

表題のこと。


コラムなので、『マツモトのそれ系の日記ファン』の方だけお読み頂ければと。


・・・


言い方がすごくおかしいのですが、ずっと、ライブにお客さんがいっぱい来てくれるのです。

たかだかこの程度でババアが自惚れているように感じられたらすごくごめんなさい。


でも困ってるからブログに残しとく。
今はアルバム締め切りで多忙だけど、落ち着いたら、誰か、お客さんたちアドバイス待ってる。

・・・

今日ご一緒した出演者さんたちは、わたしが普段出ているライブよりも、平均的にお客さんがいる方々がほとんどでした。流石の方もちらほらいました。(ライブハウスの受付で全部リスト見ちゃった)


その点ご理解頂き、これから書くことは、ライブ数年分まとめての感想であり、今日のライブの感想ではない事を重々ご理解くださいませ。今日のライブのレポは後日書くからね!

・・・

別にお金のためにやっている訳じゃないのですが、ここ何年かの経験でわかったことなのですが。


物販でCDがまったく売れない時があります。
新しいお客さんに、まったく話しかけてもらえないときがあります。


それは、うちのファンの方々が、一番バリバリ多く来てくれてる時です。


例えばそれはまぁ、今日もそうでした。(自慢でごめんね…)


今日も、おはずかしながら、物販で、初めましての方に1枚もCDを手に取ってもらえませんでした。

フライヤーの1枚も、知らない方にお渡しすることができませんでした。

百戦連勝じゃないけど、おはずかしながら、そういう風に終わってしまうライブがほんとにほんとに、ずっと、ほとんどで、私は今日、正直1番の目標が、『今日こそ、とにかく知らないお客さんと、一言は話す』だったので、ライブ終わって、一瞬だけ、落ち込みました…。

文面だけ読めば、

他のファンの方々の胸に届くライブをやれていない、
誰も歌が下手なアラサーのCDなんか欲しくない、

単なる実力不足と思われると思います。
実際、そういう面もあるとは思います。

もう2年くらい考えているのだけどね。

おそらく、うちのファンの方々の数が1番多くはなかった、2番以降だったときは100%、どなたか知らない方が、CD買ってくれたり、気になったんでフライヤーください!ってお客さんが、いるんです。

うちのお客さんがライブ本番見て、『あ、今日結構厳しい戦いだな…』って感じるであろう、盛り上がりほどほどなライブは絶対、CD売れてる。誰かしら、知らないお客さんが声かけてくれている。

で、おそらく、うちが1番お客さんが多いときのライブは、まず知らない人に100%物販売れてない。

売れないと言うか

売る隙も余裕もないし、買う隙も余裕もない

これが正解なんじゃないかと言う気がするんです。

全公演が終わって、お客さん、ただでさえ疲れているときに、わざわざ一番トラフィック起こってる物販に行かないだろうし

きっと、内情が解ってない人からすると、蚊帳の外なんだろうなって思う。

『良かったよ!って自分がわざわざ言わなくてもいいか』って気になると思う。

CD買っても名前も覚えてくれないかもしれないし、どんな人かもわからんし、天狗になってる人かもしれないし、雑に扱われるかもしれないし


別に、普通にお客さん来てるのに、わざわざ今度からあそこのライブにも行こう!なんて思ってくれないよ多分。
だって自分が行かなくてもお客さんいるんだもの。

自分が一番大好きな出演者さんのところが、もし、お客さん少なめだったら、その子を守ろうとして、余計、お客さんが多いところなんかに話しかけに行こうなんて思わないと思うのよ。

ずっと近くで見てくれてて、苦労して、何度もステージで泣いて、砂利食って

ずっとわたしを見ててくれてた人じゃないと、『多忙です返事できない無理ごめん』、『ごめん今日たくさん話せると思ってたけど対応間に合わない無理ごめん』の中、応援できないと思う、ライブに来ようとしてくれないよ、多分。

ずっと見ててくれた人じゃないと、今日なんか余裕ぶっこいて半裸で出てきたウェイだろうね多分。

笑ってられる人生じゃなかったから笑ってるなんて、そこまで思わんって普通。
(ムエタイのパンツからそこまで感じろと言うのは流石に無理がある)

わたし、結構、物販の時、客席全体を見ているのだけど、いつも

『このお客さん、たぶん、うちのバンド気になってくれてるな』
『いま、物販テーブル空いてたら、このお客さん、CD買ってくれてただろうな…』

ってオーラ出してるお客さん、いるのよ。必ずいる。結構、うしろで見てくれてる。

その上、うちのお客さん、他の3倍の速度で流れてくれてるんよ。
どこよりも話し込まないで、すごい速さで抜けて他の人に譲ってくれてる。
ライブを聞くのメインじゃなく、話したくて来てるお客さん、1人もいない。
めっちゃみんな気を使って下さってる。

日本で一番気を使ってるんじゃないか?って言うくらい、本当にうちのお客さんは最高峰でマナーがすごい。

でも、それでも、最後尾でチラチラこっち見てくれてる知らない人に、フライヤー渡す余裕がないオレら。

常連さんのお客さんの気遣い、台無し。

最悪。

常連さんがみんな協力してくれてるのに、オール台無し。オレら。

・・・

ここからは、業界内で言われていることで、お客さんはあまり考えないことだと思うのだけど。

本当は、芸能事務所に入っている人達、計算でメリットを常に考えて動いている演者さんなんかは、自分が常に一番人気のライブには、出ないようにする所が多いのです、戦略として。
常に、自分より人気がある人達がいるライブだけに出るようにする。

自分より上の人とだけ、仲良くする。取り入ってステップアップ、取り入ってステップアップ。


じゃないと、きっかけを与えるだけ、ファンを他に流すだけなので。


お客さんを呼ばないより、呼ぶほうが全然むずかしいです。たぶん。

例えば、お客さんが客席に10人いるとします。
7人がRose&Rosaryのファンだったとします。
客席に、知らないお客さんは3人しかいません。

と言うことは、どんなに練習して、どんなに最高のライブをやっても、CDは3枚しか売れません。

一方で、他の出演者さんは、CDが7枚売れるチャンスがあるわけです。

その上、比較的空いてる物販ですぐCDを買えることになるので、お客さん側も行きやすいです。

となると、長い事、我々は、『ほとんど宣伝効果のないライブ』と言うのを続けているわけです。

『知らない方に、自分が知ってもらえた』シーンより、『Rose&Rosaryファンが、他の出演者さんも平等に最後まで応援して行って、いろいろな物販でCDいっぱい買ってる』シーンの方を年間50倍(当社比)見るわけです。

くやぴー!
いいお客さんたちめ!ばか!
しかし入場時は直接ご指名いつもありがとう!

いや、本当に別に、宣伝したいとか、CD売りたいとか思ってないよ。
楽しいからライブやってるだけで、コラムとして読み物だから書いてるだけですけどね。

・・・


近年、東京ライブじゃなく、地方に行きますわな。


『アレ?…多分、僅差で、やっぱりうちのお客さんが一番多いのでは?他の出演者さんは地元で、自分だけ東京から遠征だけど、それでもうちのお客さん、なんか一番多くね?』って言うライブが多いわけです。

もちろん全勝ではないですよ。ボロ負けるときもありまするが。

これが何と言う現象かと言いますと

変なコネも、謎の黒いお金の動きもない

芸能事務所のバックアップもない

フリーランスのバンドのアッパー。打ち止め。たぶん、そうなのではないかと…。

うちのバンドと同じくらいお客さん来てる出演者さん、ちょいちょい、めちゃデカイところとか、すげぇ!ってイベント出てるもん正直。

で、うちは出るイベントがないのです。

だって知られてないからwww

Rose&Rosaryさんと言うバンドが日本のどこかにいることを、どこのライブイベントも、芸能事務所さんも、知らないからwww

苦労人は嫌なのかい、少ない努力でトントン拍子でやれてる人が羨ましいかい?と言われると、いや、ぜんぜん羨ましくないのが正直なところですな…(・8・)

すごいとか大きいとか小さいとか多いとか少ないとかじゃなくて

やっぱり、今、ライブに来てくれてるお客さんが一番好きなので。。。

ただ、ごめんと思うよ。。。
折角応援してくれてるなら、応援してきて良かった!って位、すげくなってくれるか、もっと1人1人のお客さんに時間取れるか、そのどっちかの方が、良いだろうなとは思う。

中途半端じゃのぉ、中途半端じゃのぉ…

いろいろ、サービス不足なこと、物足りないこと、あるかもしれないけど

いろいろなものの値段を極力落として、必要以上に作りこんで、フリーランスじゃないと出来ないことを、いっぱい詰め込んでいるので、我慢してくんなんしょ…

最近思いますのは、近頃、CD買ってくださったり、『行った事無かったけどライブ行ってみよう』って行動を起こしてくださってる方は、日頃、Rose&Rosaryよりもっともっと人気のある方のイベントを見に行ってると思われる方ばかりのように思うんですね。

それってでも多分、今後の最大のヒントだとも思っている…。

・・・

タイトルは引きを強くするためにあるものですので、『お客さん多くて困る』なんて主題で書いてますけど、まったく困っていませんので、どうぞ今後ともRose&Rosaryのライブに末永くお越しくださいませ。

誰一人欠けても、クオリティは落ちます。
ムエタイパンツ閃けません。

ババアだし歌下手なアラサーは、ステージに出るたび、

『ぼくが、世の中にしたことが、別の形で戻ってきてるんだな』


『この人達は、直接言わなくても、苦労して、泣いて、砂利食ってきたぼくの人生を知ってくれている』

と思う。

こんなん手掛けてるシオンさん、あんなん手掛けてるシオンさん、最近海外公演が多かったシオンさん、ネットだけとか、遠くから見てる人はそう言うけど、ぼくは本当にそういうのが嫌いで

近くで見てる人は、砂利食ってるシオンさんだからライブ来てくれてるんだよね。。。

up_2235766_pc
絶賛、4thアルバム制作の修羅場でして、さっぱりブログを書けていなくて申し訳ない。twitterでは元気にしておりますし、新着情報はホームページのトップにすぐ追記しているので、マメにチェックしてみてね~( ・∀・)

さてさて、今月唯一の、さっしーサポートドラム込みフルセットのライブが10日後となりました。結構盛りだくさんの良イベだと思うので、是非ご来場くださいませ!

2016年10月30日() 雷電girls vol.1
場所:東京/新宿キャッツホール
時間:OPEN 15:00 START 15:30(変動あり)
チケット代:前売り 3000円 当日 3500円(ドリンク代別)
出演:Rose&Rosary/Dummy with Shiho/暁名月/team-FSR ver.M3/美弥乃静/百合(大和撫子)
みならいモンスター/橘莉子/山田藍/星はるか/RIZMICSIA

※Rose&Rosaryの出演時間は19:30~です。

【見所①】

昼間、M3があるため、リハーサルが出来ない。ぶっつけ本番である。公開リハ。荒削りなノリをお楽しみください。『へぇ、バンドのリハーサルってこうやるんだね』と言う導入部から楽しもうw!

【見所②】

今回のライブハウスである新宿キャッツホールさんが発行している、10月のフリーペーパー、表紙をRose&Rosaryにしてくれたみたいですー\(^o^)/ありがとうございます!!

と言う事で、10/30のライブに来れば、自動的にこれも入手する事が出来ます!!来月になったら無くなっちゃうので、とても丁度良いタイミングだね!!

ライブハウスのマンスリーの表紙になる事は、うちのバンドはなかなか無いと思うので、この機会に是非☆

と言うのも、こういうものの表紙って、普通は、裏金が流れている…と言うか、バンドや事務所がお金を払って表紙になっていたり、もしくは、悪徳なライブハウスだったら、表紙にしてあげるよ…とか、そういうのをエサに、不利な出演条件で何度もライブに出演させている、ってところがかなり多いと思うので…

新宿キャッツホールさんの公平さと言うか、クリーンさに驚きでございます。

ワイはエサにされそうになったらすぐ逃亡しますので、なかなかこういう物には載りまへんねんw

みんな、R&Rのライブがない時も、公平・公正な新宿キャッツホールさんのライブに是非マメに行こう!

【見所③】

『マツモトくんと、愉快なお友達まつり 2016』のようなイベント内容。

高額の飛行機代を払い、丸2日イベント出演して、丸2日とも豪雨で、しかもレンタカーをぶつけて泣きながらライブをやって、同情でCDを完売させてきた、伝説の6月のRose&Rosary北海道初上陸ライブで、Dummyさんと言うご当地シンガーと知り合いましたです。洞爺湖アニフェスで、Dummyさんが前の出番でしたゆえ。

そこから、色々話して、たまに北海道でライブしたいので今後ともよろしくね!って話をして、Dummyさんも、M3には必ず出るので、その日程の前後に東京でライブやれたら出たいのでよろしくねってお話されてて。

でも、なかなか知り合いをライブに出演させるのは、スムーズには出来ない側面もあって…それはDummyさんもよく解っている大変ご丁寧な方で、探すの無理しないで!と何百回もすごく言ってくれてて、私の心配してくれたのですが、

無理も何も、『10/30、なんかライブないすか?』って知り合いの芸能事務所さんに1人だけ聞いたら、『ないから自分でイベント打った方が早いから、借りといたw』と瞬間的にレスが来て、速攻このイベントの開催が決まったのであった…。何も私は無理せずに、サクサク進んだのである。。。
あそこの事務所の社長も本当に人がいい…大好きでござる。

と言うことで、みよしのテーマソングを歌っているDummyさんと、北乃カムイの公式レイヤーさんをやっているShihoさん、北海道のお2人と、当日コラボしますヨ~\(^o^)/

当日しかやらない演目があるので、どうぞよろしく!

7月の中国ライブをきっかけに仲良くなった美弥乃静ちゃん、8月の中国ライブで仲良くなった大和撫子の百合ちゃん、あとteam-FSRのmasatoも北海道出身なので、なんかDummyさんに勝手に紹介してみようと思って呼んでみた。(本人たちにはまだ言っていない。)

ぼくは『なんとなく、その背景にドラマや物語が見えること』が好きで。

だから、『単純にファンを増やして、CDを売ろうとする、目的のため、手段のためのライブ・イベント参加』がすごく苦手なんです。フツーは、みんなそれを黙々と積み重ねて行くんだけどさ。

ぼくはちょっと女性にしては一匹狼的な所がありますので(男だったら普通くらいな気がするけど)、かつ、不器用なので同時進行が苦手で、友達とダベるか、真剣にライブに集中するか、どっちかしか出来ない人間なので、ライブの日には、人と連れ添う事はあまりしない方なのですが

あのわたくしが友達を連れてライブに来る気になった!と言う時点で、コイツ結構2016年楽しかったんじゃないの、よかこつばいとファン様に思ってもらえるようなライブなのではないかと思いますよ。今年は気を使わない知り合いが増えた気がするんだな…

来月、11月唯一のライブは平日ですが、それも公には言えないドラマがあっての事なので、ご来場お願いしたいでござるな。年末まで、意味のない、ただ消化するだけのライブは一個もないですので。

お昼のM3や、この10/30ライブの物販では、ちょっと変わった、おそらく二度と発売しないものを売ってみようかと思っておりますので、twitterなどで随時、情報をチェックして欲しいでござる!(暗に今月あまりブログ書かない宣言)

どうぞよろしくお願い致します!!

またアルバム制作の修羅場を越えたらマメにブログ書きます!!

↑このページのトップへ