月別アーカイブ / 2015年08月

20150830p-f
20150830p-c
20150830p-e
20150830p-d
昨日はPuppy Loveさんの10年ぶり!のワンマンライブにご来場頂き応援して下さいました方々、本当にありがとうございました。
私なんぞの曲をとても大事にして下さり、素敵な振り付けを考えて下さった森下さんと久保さん、そして貴重な機会を下さった関係者の方々も感謝です。


はじめてキーボードでステージに上がったので見苦しい点もあったと思うのですが、暖かく見守ってくれてありがとう。

今日はちょっと長い話をします。

導入部だけ読まれると非常に誤解を生じるので、特にパピラブ関係者やファンがもし見ていたら、中腹あたりまでは読んで頂けると助かります(汗)ちゃんと最終的にいい話をしますので(白目)


パピラブのニューシングルの作曲案件がぢるから来た時、最初は、かなり迷いました。


その時点では面識の無い方々なので、パピラブに近しい人が作曲した方が関係者さんも喜ぶだろうし…
当初、ほんとは、やりたくないと言う気持ちの方が強かった。

私自身、人様への楽曲提供については決して積極的にはやっていないのと、10年前にぢるがプロデュースしていたユニットさんであるため、そもそもはその頃のぢるの仲間の誰かに作曲して欲しいと言う話で、わたし個人に来た依頼ではありませんでした。

ただ10年前となると、当時の仲間に再収集をかける事も非常に難しいとのことで、最終的にわたしが作曲することになりました。

正確にはわかりませんが、わたしがぢると知り合って、10年近くになると思います。
でも、パピラブさんとは面識がなかったので、私とぢるが知り合ったのはその後で、約10年弱なんだと思います。

当初、本当はこの案件を辞退したいと思ったことの最大の理由は、

わたしがぢると知り合った大学1年くらいの頃、彼の当時の友人の、けっこう多数の人にかなりイジめられて、良い想い出がひとつも無かったからです。

またなんかあったら嫌だから、今回の作曲案件をやりたくなかった。

はい、ここまで読んだならここで読むのをやめないで!特にパピラブファンは誤解しないでくれ!
こうやってブログに書いてるくらいだから、『パピラブさんは良い人だった、最高だった』って話をするために書いてる話だからね!!

約10年前、わたしは音楽活動もしておらず、する気もなく、勉強の傍らでアキバや池袋に頻繁に出かけたり、週末はコスプレイベントに行ったり、ときどきコミケの企業ブースで働いたり、モデルやったりしながら、漠然と、大学を卒業したら趣味の時間もなくなって、普通に社会人になって暮らして行くんだと思っていました。


これと言って光るものもないし、人間性もたいしたことないし、まだ見ぬ社会の不安を感じながら、偏差値53くらいの、しょっぱいキャンパスライフをそれなりに楽しく送っておりました。


ファッションショーイベントに出演したときにぢると知り合い、『俺、バンドやってるから良かったら見に来てくれよな!』的なところからぢるが当時やっていたイベントにライブを見に行き…

と言ってもオタなので、それほど当時はライブにも音楽にも興味がなく、『誘ってるから超行きたくないけど、行くしかないんだ』と観念して嫌々行ったわけですが。


ぢるはだいぶ年上なので、ぢるの周囲もわたしより一回りは上の人達の集まりで、学生時代なんか、なかなか社会人と喋ることはないし、非常に緊張しながら当時、ぢるの交流範囲に行きますと、


もう初回からケチョンケチョンに嫌味言われたり、イジめられたわけです。


当時のぢるのバンド仲間の男性陣は、『作曲が出来て、演奏が出来る自分が、いかにすごいか』を壊れたスピーカーのごとく永遠に語ってくるくらいでしたが、だいぶ女性陣には酷いことをされました。


でもみんな立ち回りが上手なので、ふっとぢるが居ない時にだけやってくるのです。


あまり今では覚えていないですけど、


『シオンちゃんてさぁ、可愛いだけで何も出来ないよね!でも私はキーボードが弾けるんだ!』←謎


『シオンちゃんてさぁ、メイク濃いってことはさぁ、肌が丈夫なんだよね。私はさぁ、肌がすごく綺麗なんだけど弱くって、繊細なの。まつげとかも私の方がシオンちゃんより長いし!あれ、って事は、シオンちゃんって有名人らしいけど、可愛くもないんじゃないかな?』←謎


『シオンちゃんてさぁ、親のお金で大学行って遊んでるだけなんだよね。よく居る自立してない、しょーもない学生だよね。でも私は、水商売や風俗を10年以上やってきて、数千万円の貯金があるの!』←恐怖

『シオンちゃんてさぁ、ぢるに誘われてライブ来てるって本当かなぁ?おかしいなぁ、あの人、シオンちゃんが大嫌いなのに、勝手に着いて来て付き纏われて困るって、悪口ばかり言ってたのになぁ…』←最初鵜呑みにした

的なことを永遠に言ってきたり、


ライブハウスとかでスタッフに、果てはイベントには無関係な人とか、道行く人にも話しかける勢いで


『この子はすごく無力なんです!何もできないんです!だから私が全部面倒を見ますから!私が大変だけど、だって仕方ないの!この子がきっと今日はご迷惑かけるけど、ご迷惑かけてすみません!すみません!あー本当にアマチュアは困るなぁ!でも頑張らなくちゃ(キラーン)☆』

と大声で、私のかわりに、私の自己紹介を行く先々で先手を打って女性陣がしておりました。


今考えるとイジメなんですが、最初はイジメられてる事に気がつかず…『へー、あなたはすごい人なんですね』『はぁ、そうですか』と、相手の気が済むまで、ずっと聞いておりました。

1回だけ手伝ったライブで本番直前に私の荷物を黙って変なとこに隠されたりして、やっとイジめられてたんだなと気がつきました。


何時間も電話が来て、『いかにお前はダメな人間で、私はすごいか』と言う話を永遠にされて、電話を切らせてもらえない日が多々ありました。


なんで1人でそういう状況の中に入ってしまったかと言うと、ぢるは確か当時、『友達も連れてきていいから~』みたいな事は言ってたんですけど、友達はみんな『えっ、なんでそんな年上のオッサンと遊ばなくちゃいけないの、キモイ!』と言って誰も来てくれなかったからです(白目)。まぁ学生時代なんで、あまり年の離れた人と接点無いし、そんなもんです…

当時のことはもうあまり思い出せないけど、私の家族が事故で亡くなった葬儀当日に、そこら界隈のクソババアから電話がかかってきて、

『家族が亡くなって今本当にキツいから、今日だけ私の悪口を言うのは辞めてもらいたい』と言ったところ、『へ~、大変なんですねー☆』と言ったババアの、めちゃくちゃ嬉しそうな声のトーンだけは、今もずっと覚えています。

大人はもっと、すごいんだと思ってた。大きくて、格好いいんだと思ってた。
でも、自分より一回り以上年上の人達がそんな程度の人達だったことは、学生の私に本当にショックを与えた。


『たぶん、イジめられていると思う』ってぢるには言えなくて、


別段、音楽にも興味がなかったし、ぢるの友人達と仲良くする必要もないので、私はぢるや、ぢるの友人たちと完全に縁を切ろうと思ったのだけど…

あまりにもあの人達は『自分は楽器を演奏できてスゴイ奴なんだ、作曲できてスゴイ奴なんだ、そしてお前はダメな奴なんだ』とは言うけれど、本当に楽器や作曲ができたら、スゴイのか、人として優れているのか?

あの人達と縁を切る前に、少しだけ、音楽を勉強して、練習してみようと思ったんです。

今考えたら粘り強すぎるんだけど、学生だったので、時間だけはやたらとあったのです。


義務教育の頃から『ペーパーテストはむちゃくちゃ良いんだけど、コミュ症なので家でゲームをしていて登校拒否気味の生徒』だったので、内申点がめちゃくちゃ悪くて自分の頭にはあまり合わない大学に進学していて、単位取るのも余裕綽々だったので。


約10年前、


『イジめられていて辛いけど、あの人達と縁を切る前に、少しだけ音楽を勉強しよう』


今思えば、それがRose&Rosaryの始まりでした。


『音楽業界で成功してやるぜ!有名になりたい!』とかがきっかけじゃなくて、『あの人達の立場に立ってみて、わかることがあるかもしれない』から始まったから、私の音楽活動に関してはものすごくゆっくりなペースで始まって、そこからも本当に沢山の事があったけど、

ふと後ろを振り返ったとき、10年前に私をコテンパンにイジメて来た人は、

もうまわりに1人も居なくなっていました。


そして今になってやっと解ること。


10年前、私をイジメて来た人達は、潜在的に私の事がすごく怖かったんだと思う。
恐怖を感じていたんだと思う。


本気で戦ったら私に適わないから、自分のポジションが無くなってしまうから、あの時、必死に私に追い出そうとしていて、私に消えてもらいたかったんだと思う。


10年前の時点で音楽をやりたいなんて思っていなかったから、その辺はすごい誤解なんだけど…

まぁ、『わたし、音楽とかライブ、興味ある(自分がやるんじゃなくて、見るのが)』とか言うやり取りも最初の時点であったから、勘違いされてたんだろうと思う。


その頃のぢるは、アニメ・ゲーム系レコードメーカーの偉い人で、案件に対してコネで知人のバンドマンをブッキングする権力を持っていたので、みんな、ぢるの側に居たがった。

当時、ほどなくして、ぢるはレコードメーカーを退社しフリーになり、コネで知人をブッキングする権力と言うものは別段、無くなった。

『別に出口なんか無くても、社会的に成功しなくてもいいから、音楽やってみる。私、一緒にライブやってみるよ(・ω・)やった事ないから、興味あるよ』


と言っていたのは、そのとき、私だけに見えた。

Rose&Rosaryは、コネでのブッキングでも、汚いパワーでもなんでもなく、私やメンバーの努力の積み重ねでここまで来たバンドで、その事に関しても、私は自信を持っています。

それからもちょいちょい、数年置きにぢるの友人と言う女性にイビられることは多々ありーの、クロちゃんの友人の女性にイビられる事もちょいちょいありーの、

だいたい要するに、私をイジめたり、マウンティングしてくる人は本当は心がすごく弱くて、私を潜在的に怖れている人なんだと言う事がとても解ってきたので、初対面でヤバイ!と思ったら速攻逃走するようにはしてきたんです。

長くなりましたが、今回、Puppy Loveさんの作曲を請け負ったのは


逃げてばかりいないで、ぢるの昔の友人と言う人達のことを、また信じてみようと思ったこと、


そして、作曲依頼が来て調べ物を重ねて行くうちに、おそらくこの人たちは今までに出会ったような、裏で人を貶めるような、自己中心的な人達では絶対にないだろうと思ったからです。

その予感は的中して、レコーディングに立ち会った時に、すぐ表裏のない、優しい方々なのも解り、昨日のライブの演奏サポートに参加させてもらいました。

そもそもね、パピラブ、美人だし、努力を積み重ねた自信と、周囲を思いやる心の余裕があるし。


約10年前に、私のことをイジめてきた人達って、結構ブスだったんすよねぇ…
(私よ、なんか言葉をオブラートに包んだらどうだい)


結構ブスって言うか、『若い時は、ほんのちょっと可愛かったのかも…?それで大きく勘違いを起こして何も努力して来なかった慢心したババアみたいな顔』的な…
(約10年前にイジめられても一言も言い返さなかった分をここでようやく発散しました)


昨日の渋谷O-nestは、急遽スケジュールが決まって宣伝時間が少なかったことや、短い演奏時間、そしてサポートなので、おそらくRose&Rosaryを見に来てくれる人は皆無に近いと思っていましたが

あの短い時間は


私の10年間の集大成なんです。


約10年前に逃げ出していたら、いま、このブログを読んでくれている、全員に近い人達と、会えていないんです。


だからね、いつものライブより少ないけれど、何人か見に来てくれて、見守ってくれて、本当に嬉しかった。

私の10年の想いを見届けてくれて、心から、ありがとう。

10年前のあのとき、『いつか私も、ババアになって、相手にされなくなって、そのとき、自分より若くてスゴそうな人を憎んで、相手を成功させないために、裏でコソコソ人の足を引っ張るようなクソババアになっちゃうのかな』って思ったときもあったけど、そんな大人には、私はならなかった。


10年後の今の私、クソかっこいい。(笑)


大きなステージでライブするより、大きなタイトルに仕事で関わることより、


私にとっては、10年前の自分と一緒に、昨日のステージに立つような、自分と向き合える経験は、何よりも大切なことなんです。

パピラブファンはご本人の人柄もあって、すごく暖かく迎えてくれて、我々なんぞのCDも、たくさん買って頂きました。本当にありがとうございました。

普段、私はセンターに立っているので、お客さんの95%は私を見ていて、私を意識してくれているのですが、昨日のお客さんは、もちろん95%パピラブファン。

だから昨日は、それっぽいカッコイイプレイをした瞬間でも、お客さんとも全然目が合わないと言う、貴重な経験(笑)


でもね、全然楽しい。
もともと、裏方気質なのでセンターポジションが得意な性格ではないのもあるけど…

目が合わないお客さんにひたすら視線を送りつつ、

『あー…こうやって頑張っても、誰かに微笑みかけても、世の中にあんまり気づいてもらえなくて、ソウルジェムが汚れまくったすえに、他人を信用できず、他人を憎み始める、よく居る歪んだ性格の歌い手やバンドマンってのが誕生するんだろうなぁ』とか思いながらショルキーを弾いてました。

パピラブが頑張っているんだから、パピラブが愛されるのは当たり前のことで、自分の努力がそうそう初回から簡単に認められないのも当たり前のことで、

私が自分よりすごい人を、素直にすごいと思えるのは、私を愛して、応援してくれる方々が居るおかげで、私には帰るところがいっぱいあるからで、

お客さんの心に届いていないかな?と思いつつも、物販でCDを手に取って下さったり、その人達とお話する中で、『キーボード弾きながら、あそこでああしたでしょう?それがすごい格好良かった』とパピラブファンが言ってくださったりして、頑張れば、その時は孤独なんじゃないかと不安でも、ちゃんと見ていてくれる人が必ず居る、と言うことがわかるわけです。

私は本当に幸せ者だと思います。

約10年前も、10年後のいまも、当時、私をイジメてきた人達の気持ちは、さっぱりわからんす。
さっぱりわからん私だから、出来ることがあり、力になれる人が居る。

もう一度。

昨日、私の10年の想いを見届けてくれた方に、心から感謝です。

20150830p-a
20150830p-b
20150830p-k
時が流れ、当時の話を打ち明けたところ、『えっ!イジメとかあったの?知らないなぁ。シオンも悪いんじゃない?喧嘩両成敗では…?』くらいには言ってくる気の効かないおじさん

20150830p-l
作曲に一切関わらなかったため、突然、この日初対面のソサエティに放り込まれて肩身の狭いギターのおじさん

裏方はないがしろにする表の人たちも沢山居る中、私に歌わせてくれる時間を設けてくれた優しさにも、本当に感謝。

20150830p-j
20150830p-h
20150830p-g
20150830p-i
色々な人たちの10年間。

写真:KAEDEねえちゃん

20150830-a
2015年8月30日(
puppy love「4thソロライブ」

時間:開場 11:30/開演 12:00
場所:渋谷O-nest
料金:前売3500円/当日4000円(D別)
出演:Puppy Love(森下純菜・久保亜沙香)
ゲスト:Rose&Rosary

以前(10年前!)ZILLがプロデュースしていたPuppy Loveさんのワンマンライブにゲスト出演させて頂きます( *・ω・)*

バック演奏&Rose&Rosaryで1曲と短い時間になりますので、なかなかお客さんも来づらい感じだとは思いますが、演奏サポートは普段やっていなくて楽器を弾いてるマツモトは最初で最後になるかもしれませんので、もしよろしければどうぞですm(_ _)m

なんとも言えないのですが、タイムテーブル通りに行けば、開演が12時で、我々が出てくるのは12時55分くらいからだと思います。イベントが終わるのは14時、物販が終わるのは15時あたりではないかと言う想像。
Puppy Loveさんの既存曲は、まだ私が音楽やっていない頃、ちょっとだけ若き日のZILLや、ZILLの昔の仲間達がプロデュース&製作しているので、おそらく流れで最初から最後まで見て頂いた方が楽しめるとは思います。ZILLの10年間が詰まったイベントです。

明日、会場で発売されるニューシングル『Sweety Girl/Magical Chocolate』の『Sweety Girl』の方を今回、作曲させて頂いておりますが、これに関しては基本的には明日の会場限定販売のようです。
実はCDジャケットを作っているのも私であった\(・∀・)/コミケの翌日に昏睡しながら作った。

サポートと言えど、そのために作曲料を全部吹っ飛ばして機材を買って挑んでおりますゆえ、明日O-nestでぼくと握手できたらありがたい( ・∀・)

20150825-a
常連さんや、物販の時にあまり話さないで他のお客さんに譲ってくれた方々の手元にあまり届かぬまま完売してしまったので、C88新譜『デウス・エクス・マキナ』増産しました。コミケとかで急いで買ってくれた方々、すみません。

予算がないのでバルクですが(白目)

一応、ちゃんと工場で印刷してもらいました…ジャケットが無くて剥き身なので、500円で売ろうかなと思っています(´・ω・`)しばらくあると思うので、よろしければどうぞ。

毎回そうですが、通販や委託は無くて、Rose&Rosaryのライブ・イベントのみでのまったり販売です~。

どうでもいいんですが、クロちゃんの機材に『かっこいいシール貼っていいか?』と聞いたら『別にいいけど』と言うので、クライアントの期待に応えるべく、10年くらい大事に集めてるシール箱の中から、いちばんクロちゃんに似合ってかっこいいのを貼っておいた。

20150825-b
これはとてもかっこいい。

これでいつでもふるさとを思い出せるであろう。1枚しか無いシールを貼ったので大事にして欲しい。

20150825-c
裏面には、どうせ裏面なので『ちょっとだけ大事なシール』を貼っておいた。この、バナナの叩き売りシールはあと数枚持ってるからいいのだ。

シールを貼られたい人が居たら、ライブ等に物品をお持ちください。その人に見合ったシールをお貼り致します。無料です。

前にぢるの機材に、本人が目を離した隙にトチギケンジャーとか言う、栃木の野菜や果物がヒーローになったようなやつを貼っておいたら

顔面にグーパン入れられて鼻血が出た

ので、最近はシールを貼る前に一応相手に確認を取っている。

トチギケンジャー1枚しかなかったのに…
わざわざ栃木まで行って買ってきた大事なやつなのに…

シール愛好家としては、やはりゆるキャラサミット的な、シールを無料配布しているイベントが外せないんですが、ここ数年、ゆるキャライベントとライブがドン被りで全然かっこいいシールを集められていないので、今年は行かないとなぁと思っている。

↑このページのトップへ