お忙しい中、昨日はRose&Rosary主催、 『NOAH』発売記念LIVE@渋谷CRAWL ご来場頂きまして、誠にありがとうございました。

疲労困憊でただでさえヘタな歌はひっくり返りまくるし、靴底が抜けていて左の靴だけパカパカして動きにくいし、「絶対着替えるヒマないだろうな」と思いつつ新しい衣装を用意していたものの、やっぱりそんな時間なくて保険で持ってきていた「脱いで羽織るだけの衣装」になっちゃったし
(しかも鏡すら見てなかったので、スカートが上すぎて腹巻きみたいになってる)

楽器隊の演奏はスットコトンだし、MCはいつも以上にグチャグチャだし、自分とこの出来ばえについては、ほんと、クソ泣きたい。

沢山のお客さんの前で演奏していた割にはずっとすごく冷静で、ギターやベースやドラムの「多分、疲れてる中、最大限の演奏してるんだろう」って音を聞きながら

「ああ・・・悔しいなぁ。この人達も僕もさぁ、いつも生き方が不器用で損をしてるよな勿体無い。人のために何かしてあげたり、優しくしてあげたり、でもほとんどの場合そんなの届いてないし、口だけ体裁だけの人の言葉が真実みたいになって世の中に飛んでいってさ、ぜんぜん報われなくてさ、たまにこーゆー自分が主役!って時にはボロ雑巾みたいになって出てくるんだよ。で、ボロ雑巾になってるの見て他人のためには裏では何もしない人たちに笑われてさ、あーほんと馬鹿馬鹿しい、ばーかばーか」

って思いながら歌って、

でもどう見ても、お客さんも普段より疲れてるし、体調悪い中がんばって来てるんですよ。なんかもう解るの。
雨の中、年末進行の中、それなりの年齢の大人の人だから、「日程が空いてたから来た」とか、「レコ発だから来た」とかそんな軽いノリじゃなくて、すごい覚悟で、すごい意思で、すごい無理してここまで来てるの解るの。

「用事あるから行けなくてごめんね」とか「仕事疲れてるからライブ行かないけどごめんね」で済ませばいいのに、人によってはそういう選択で見守るだけのはずの未来を自分の選択で無理矢理捻じ曲げて、「来た」と言う未来にお客さんが自分の力で変えてるの。

バカだねーと思って。

バカ正直に最初から知らない出演者さんもぜんぶ平等な目で見て応援してさ。

体調悪くて普段よりどう見ても真っ青な奴とか居るし、昨日まで北海道に居たとか、京都に居たとか、神戸に居たとか、福島に居たとか、熊本に居たとか、そんな無茶するバカばっかり。

「たくさんお客さん居たら話せなくなっちゃうから、もうライブ行かない!」
「今日、ちょっとしか話せかったからもう応援しない!」

って言うお客さんだって、星の数ほど居るんだよ。

だから、そういうお客さんの心理を突いてさ、メールで直接ライブのお誘い送ってきたり、口頭でお客さんに気分良くなってもらうような会話を重ねまくって、優しい人には断りづらい状況にしてライブチケットを買わせるようなバンドやアイドルもいっぱい居るんじゃんさ

芸能事務所とか、メーカーとか、「うちの所属のタレントは人気者です!」ってお客さんに思わせるために、友達や関係者を無料で沢山入れて、ライブハウス満杯にしたりするじゃんさ
それを信じ込んだクライアントはお仕事やメディア出演やタイアップソングとかバシバシ振るから、キャリアや肩書きが増えてはいオイシイね、出演者にとってはライブした甲斐あったねみたいな、それもうライブじゃないよねみたいなね

なのにさーウチと言ったらさー混んでるから一言も話せないかもしれないのに、私が来てくれてるのに気づけないお客さんも居るかもしれないのに、

なんでそれでいいと思って来てくれて、ヘッタクソな演奏を満面の笑顔で聞いてるかなぁ、みんなほんとバカだなぁ(´;ω;`)

頭下げてまわれば、もっとチケット枚数買ってもらえたりするんだわ
お客さんとの会話をひねって、もっとイイ事ばかり並べとけばファンが増えたりするんだわ
若い頃は、何回かそれをやってみたときもあったよ
でもそれじゃあまりに簡単で、あまりに中身が無くて、やり甲斐ないもんだから。

それじゃ嫌だから、今回のレコ発、ほんとにまったく、なーーんも宣伝努力しなかったのに、率先的に来てくれる人をぼーーっと待ってただけなのに

シレッと史上最高動員だよみんなほんとバカだわーーーー(>_<)
42人も来てくれたことないよーーーー(>_<)
これまで一番動員あった昨年の大塚DEEPAで31人とかだったようなーーーー(>_<)

ちなみにイベント全体では100人来てくれたよーーーー(>_<)
(バカ正直に言うけど、世の中のかさまししてる動員数を見慣れた人は少ないって思うでしょうの会)

バカ正直な人たちがいつも見守っているから、ほんと隠れてズルとか、人の目を誤魔化してちゃっかりとか、ぜんぜんできないじゃん(>_<)
実直に、人様を立てながら、人様に譲りながら、自分達のことは手が空いたときに可愛がって、今後もそんな人生を送るしかないねーーーー(>_<)

…などと思いながら、ヘタな歌を歌っておりました。

twitterにも書きましたが、演奏の最後の方で、KAEDE姉さんを押して後ろに撤退させてすみません。
本番中に自分とこのスタッフに苦い顔してダメだしするオレ。
きっと初見の人には怖がられたに違いない。
でも体調の悪い人や、ライブハウスにはじめて来た人や、高齢の人が固まってるエリアだったので、そこのスペースが後半狭くなって来ていたので、何かあったらマズイなと思い、撤退させました。すみません。

あと、最後に本当は全員集合してご挨拶する時間を儲けていたんですが、少し押してたので、瞬間的なわたしの独断でカットしました。出演者さんもステージにちょっと出てきていたのにすみません。

みんながなんとなく「少しくらいなら押してもいいだろう」と思っている陰で、イベントホールの延滞料金を1人で払うことになったりする人を過去沢山見たり、自分もそういう時あったし。

押したせいで電車に間に合わなかったり、お目当ての出演者さんと話せないかったりする事態も沢山見てきたので。

みんなでステージで「我々は仲良しこよしでーす!」とかアピールしなくても、別に伝わる人には伝わるだろうからもういいやと思って咄嗟に辞めたから最後グシャグシャwww

しかし、いま、レコ発に遊びにて来てくれた友達が泊まっているのだけど、そいつに昨日、演奏ボロボロでーもう泣けるしさーそれでさーなんやかんや、と愚痴ったところ

『色々思うところあるのかもしれないけどさー、でもさー、よく知らないけどさぁ、昔はさぁ、シオンのせいじゃないのに悪い事は全部シオンのせいにする人とか、シオンにすごいお世話になってるのにめっちゃバカにしてる人とか、シオンのことや、シオンのイベントの事なんかどーでもいいんだろうな人とか出てきてたじゃん。なんか今回のライブ見てて、そういうような出演者の人は今回居ないんだろうなって思ったのが一番大きい感想』

みたいな言葉が帰ってきて、なんか、すごい考えさせられました。

一旦おわり。つづく。