月別アーカイブ / 2014年10月



乙女向けゲームブランド、GRISEDGEさんから11月28日発売のBLドラマCD『魔彼 MAKARE〜魔は来たりて彼を堕とす〜第一巻 eins 愛の章』のBGMを担当させて頂きました。

『魔彼 MAKARE〜魔は来たりて彼を堕とす〜』
http://grisedge.com/makare/

キャストは佐藤拓也さん、山中真尋さん。

11月8日・9日に行われるアニメイトガールズフェスティバル会場にて先行発売されます。

超絶スケジュールがタイトな状態なんですが、命を落とす覚悟でワイ1人で全編作りきりました…

先週の池袋ロサに出る直前までの生命力のすべてがここに…

(・      ∀     ・) 放 心。

個人的にはドラマCDってゲームのBGMよりかなり大変に感じます。1曲1曲の尺も長いし。

ゲームのBGMだと、少し曲調が指定内容から外れててもさほど気にならなかったりするのでリテイク作業が出にくかったり、同じフレーズ繰り返して時間稼いだりとかも出来なくはないんですけど、ドラマCDだとズルするとアラがほんとに目立つので…
上にボイスが乗っかってBGMのボリュームが絞られるので、ズルしたくなるとこなんだけどね。

でも、大変な分やり甲斐がすごくあるので、ドラマCDの作曲はとても楽しい!!

ハードスケジュールな中だったので本当は周囲に助け舟を出したかったんですが、ドラマCDに関しては自分の仕事に自信を持っていると言うか、このCDをいちばん良く出来るのは自分しか居ないと思ったので、がんばりました。
個人的にクリーンヒットな楽曲もいろいろ生む事が出来たので、BL好きな方はぜひぜひ聞いてみてください(`・ω・´)



昔は遥か前を歩いているなぁ、手が届かないくらい先に居るなぁと思っていた人達が、気づいたら

『なんだ、こんなに目の前に居たのか。』

と、最近、ときどき思うことがある。

真横に居るときもあるし、もしかしたら自分よりすごい後ろを歩いているように感じる時もある。

私は遊ぶのも好きだし、寝てるのも好きだし、そんなに頑張って歩みを進めるタイプではないと思う。
ぼくが遠くまで歩いてきたのかな?と思うよりかは、もしかしたら、遥か先を歩いていた人は、ずっとここで立ち止まっていたんじゃないかな?と思ったりする。

でも、まわりの人が全員立ち止まっていたら、自分が立ち止まってることも解らない。

お客さんがライブに沢山来てくれたり。アニメやゲームの仕事をたくさんできたり。

その結果、ゆるやかな放物線を描きながら人間として下降して行ってるんじゃないかなぁ、歌や演奏から覚悟が感じられなくなっていって、人として中途半端なんじゃないかなぁ

と、思ったりすることはどうしても正直あって、いわゆる、ぼくらの年代の人がどう生きるべきかと言うのをよく考える

ぼくの抱く、若い人に見せたいカッコいい背中と言うものと、ぼくらの年代の人達が若い人たちに実際に見せている背中って言うのはなんだか違う気がする

立場や肩書きと言うものを、うまく扱える人間と言うものは少ないのかもしれない

あとに続く人を守れなかったり、若い人たちにうま味を与えない中年にはなりたくないなと思う

実際理想論であって、自分の遥か前に居るぼくたちより年上の人達であっても、自分を崇めてくれて、自分に不都合のないコミュニティを作り上げる大人たちが多かったりするけど
でもそんなつまらない大人が全員ではないわけで

自分が気に入ってる、牽引力があるなと思う若い人達に限って、あほな大人を見てガッカリして、夢を断念するのが早かったりもする

いろいろなことをねぇ、思ってねぇ、悔しいと思ったりねぇ、情けないと思ったりねぇ、謙虚でありたいねぇと思ったりする結果、MCであまり偉そうに聞こえる事は言いたくないなぁと思って

『鼻くそ( ・∀・)』

と喋って帰っただけなんだけど、女子力低すぎる件

どうしていつも、自分に不都合なことばかり言ったり、自分の良いとこよりも悪いとこの方を主にネットでひけらかしたりするのかと言うことなんだけど

それは、『自分のやっていることに特にうしろめたい事もないし、自分の短所を露呈したところで、ちゃんと長所を見ていてくれる人が居るから』

と言うのもあるし

人間には良いところも悪いところも必ずあって、短所をとにかく隠すようにするのが社会の美徳になってるけどさ

でも、やたらと自分に不都合な事は隠しまくるようにしたその結果、裏表あるのが当たり前で、やましいことや、うしろめたいことを、ひたすら隠し通して立ち振る舞うみたいになっちゃってるし、
要領がいい人が徳になっちゃったり、
そのくらい誰でもやっているだろとか思っちゃってる人も多いし、
そんな世の中だから、他人に対して心を許さんぞ!みたいに余計なっちゃう人が多いんじゃないかなと思ってね

大袈裟に隠すから、余計悪化すると言うか

ぼくはよく思うのだけど、『不都合なことを隠しながら、うまく立ち回っている人が居る。世界はつまらない』のではなく、『気がついていて、すべての人間のありかたを許して、影ながら応援しているような社会に見えない縁の下の力持ちは確実に割と居て、そんな人をときどき見かけるから、世界はおもしろい』

ぼくは人生を『許す旅』だと数年前から表現している
人との違いを受け入れる旅だと

世の人は『趣味の合う人間』『性格の似た人間』を求めがちだけど、そりゃ趣味や話が合うのはすごく楽しいけど、『自分と似たような人間”だけ”を探す旅』は実はつまらない
自分と違う魂の人間を排除し続ける人生はつまらない

うーん、なんかねぇ

『ぼくの名前はマツモトだよ!!短所はね、こういうところさ!悪いところは、こういうところだよ!よろしくね!なんか問題あったらその時はまぁ言ってくれ』

みたいな人でありたいwwww

誰も、自分の悪いこと、不都合なことを自分から暴露しないからこそ、自分くらいは無駄に暴露しようかなって思ってねぇ(あまのじゃく)

だって、別に短所があっても、『それでも好き!』って言ってくれる友達やファンは居るんだもの
それって本当にサイコーにクールなこと

もちろん、人様に迷惑をかけるような短所はご法度だし、自分より他人様を立てて行く、そういう当たり前なことはするし
悪いところは直していく前提の話ね

可愛く感じられる短所くらいは、みんな気軽に出したらいいし、みんな許容したらいいと思うんだねぇ

でないと、いつまで経っても心の距離なんか縮まらないんじゃないかと思ったり

話がそれて来てるけど

中年として、やっぱり常に変化していきたい、立ち止まって立場や肩書きに固執せずに、気軽に衣を脱いで捨てられるくらいの人でありたい

ぼくの思うカッコイイと言うことはそういうこと。

力がないと自分のまわりの人様をもっと助けられないから、もう少しだけ自分にパワーがあったらと思ったり

かと思えば、次の瞬間には、やっぱり要らん!と思ってダチョウ倶楽部かのように地面に帽子を叩きつけたり

そんな人生を今のとこ歩んでみたりしております。

今後ともよろしくお願い致します。

ちなみに、性別学的には女性ですが、男性だと思って考えてくださると、ぼくの言っていることは多少解りやすくはなるのではないかと思っております。

こすっ辛いブログを時々書いておりますが、ひ弱な女性に対して物申しているんじゃなくて、基本的に、男性に対して厳しかったり、男性に対抗意識を燃やしているわけなのです。

女性は無条件に保護しますので気軽にお声がけ下さい。
(オタサーの姫以外)



Rose&Rosary 3rd Album 『NOAH』

発売元:EarthSongRecords
販売元:(株)アドニス・スクウェア
発売日:2014年12月5日(金)
商品番号:WITH-1065
JANコード:4582450853659
価格:3,000円+税
仕様:2枚組 10曲入(合計20曲)

【初回特典】 16ページブックレット&人気イラストレーター『ふさたか式部』氏、『龍牙翔』氏による描きおろしディスク

【ライブ・イベント会場での購入限定特典】 非売品A2ポスター

Rose&Rosary 3rd Album 『NOAH』 東名阪LIVE

2014年11月16日() PCゲーム系ライブイベント 『スピード? スタ→』 名古屋大須RAD HALL
2014年11月29日() Rose&Rosary 主催LIVE 『NOAH』 渋谷CRAWL
2014年12月14日() PCゲームソングオンリーイベント 『EEE』 大阪日本橋GUILD

※11月16日()名古屋RAD HALL、11月29日()渋谷CRAWLではライブ会場にて先行発売を行います。

【ライブの前売り予約受付中!】

「お名前」「公演日」「必要なチケット枚数」をメール本文に記入して、info@rose-and-rosary.comまでご連絡下さい。
ご予約の上お越しの方には、別途特典を差し上げます。
3日以内に折り返しが無い場合は、お手数ですが再度ご連絡下さい。

【DISC 1】

01 A.D.
02 NOAH
03 WEED
04 BURST MODE(大日本プロレス公式応援ソング)
05 モノクローム
06 ZERO CODE
07 HAZARD
08 バルトロメア
09 INORI
10 Break Zone

【DISC 2】

01 寵愛召しませサンドリヨン(PCゲーム『セイカツ!』五十嵐立夏エンディングテーマ)
02 フロントライン(PCゲーム『ツゴウノイイ彼女』主題歌)
03 ロリポップ☆ベイベー(PCゲーム『俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?』志摩千陽エンディングテーマ)
04 SUPER LOVERS(PCゲーム『ツゴウノイイ家族』グランドオープニング)
05 Venom(PCゲーム『催眠パラノイア!』主題歌)
06 七色星彩-スターダスト-(PCゲーム『ラブリレーション』エンディングテーマ)
07 君に捧げるパラグラフ(PCゲーム『超催眠術学園』森下佳澄エンディングテーマ)
08 Engagement-誓約-(PCゲーム『ツゴウノイイ家族』九々津飛鳥エンディングテーマ)
09 SOAR-飛鳥-(PCゲーム『ツゴウノイイ家族』飛鳥編主題歌)
10 フロントライン-RE-(PCゲーム『ツゴウノイイ彼女タチ』主題歌)



↑このページのトップへ