月別アーカイブ / 2014年03月











すし誕生日おめでとう( ・∀・)

しかし、クロちゃんは一足先にさっしーに誕生日プレゼントを渡したと言っていたので、ぢると相談して『じゃあ2人でケーキを買ってこよう』と言って、当日2人でケーキを買ってサプライズでこっそり準備していたんですが

ライブ本番になって、サプライズで僕がケーキを出してきた途端、クロちゃんにも内緒にしてたはずなのに

クロちゃんが

『さぁ、みんな歌いましょう!!

せーの、ハッピバースデー…(^ω^)』


と歌ったり、

『これはあれですね、皆さん。最近話題のラーメンケーキと言うやつでね…』

仕切り始めて場を持っていった時には、僕は本当に度肝を抜かれたと言うか

まぁこういうパターンはよくあるので、気になりませんが

昔から本当に不思議な男でしてね、いや今回は所詮ケーキぐらいだから全然ええんやけどね、ぢるや私が高い経費をかけて準備したり、すごい事前に労力をかけて準備したものが、突然

当日になるとクロちゃんが先導切って頑張ってそれをやったように見えて、なぜかカッコイイところを持っていくと言う

あのパターンなんなの。

想い出がいっぱいで楽しいです。















前列から後列にかけての温度差。

どうしても今日は眠いので写真だけ(;´Д`)

またライブのこと書きます〜

人それぞれなんだけども、僕は率直なところ、

『ライブに来てくれた皆を、楽しく笑顔にさせたい!』

とはまったく思っていなくて、だいたいの場合は

『辛いことも涙することもあるけど、僕は時として世界に絶望しながら、今日も世界で生きていてここに居る』

と日頃思っていたり、

そういう風に日々生きている人も居るであろう方々目の前にして、ライブの30分間だけ、その人達の言葉を代弁するような気持ちで本番前にステージの裏に居たりする。

『楽しかった』と思ってライブハウスから帰ってくれるのは結果論であって、

Rose&Rosaryのお笑いの技術が異様に高くて現場が勝手に楽しくなるのも音楽とはまた別の話であってw、

『楽しくさせてあげるからライブにおいで』とは僕個人においては、言えない。

僕と言う人間の中枢の部分で表現すると、きっと明日からも頑張って生きようと思わせることはできるんじゃないかと思うから、

本気だったら会いに来て、としか言いようがない。

僕は本気でやっているよ。

リップサービスしてライブに来てもらったり、CDを買ってもらうつもりはない。
だから、どうか閉ざされたインターネットの中でリップサービス如何でライブに来るかどうかを値踏みしたりしないで欲しい。
本気の人を試したり、おちょくったりするのはやめてほしい。

僕はこういう人間なので、普段、冗談ばかり言い合って、イジられて盛り上がる空間は好きだよ。
でも命をかけている領域のこと、音楽のことを、ひやかされたり、バカにされたりするのは嫌いだ。

本気でやっているものには、本気で答えて欲しい。
本気でないなら、僕のことをは空気のように無視すればいい。

『ネットでいつも楽しい気分にさせてくれるから、じゃあライブに行こうか』って、

そうなってしまうと

音楽ではなく、会話技術が気に入ってライブに来てくれたと言うことになっちゃうから。

それでは僕はうまく表現活動ができなくなってしまうのです。
自分に自信がなくなって、いい曲も作れなくなるのです。

だからしょっちゅうはメールやリプライは返していないのです。
僕の主戦場は音楽で、音楽を聞いて欲しいから。
特に、音楽を聞いていない人には、申し訳ないことに、さらにお返事がお返しできないことが多いのです。

僕は自分に嘘をつくと、なにもできなくなってしまって無気力人間になってしまうのです。
僕は、大変わがままなのであります。

僕は本気でやっておりますから、

本気ではない態度は取れないのです。

ライブに来てくれるお客さんが増えればとても助かりますし、
ライブに来てくれるお客さんが減れば、バンドの寿命は縮まります。

それでも、インターネットの中で、いろいろな人にペコペコして、下手に出て、相手の気分をよくさせて、それで沢山の方にライブに来てもらおう、CDを買っていただこうとまでは

やっぱり思えないのです。

だから、いつか、自信を持って消える覚悟はもうとっくの昔に、できているのです。

100人に建前で気に入られるよりも、1人に本音で好かれたいのです。

1人にすら本気で刺さらない音楽が、本当に100人の心に届いているとも、また思わない。

頭を下げるのは、相手に感謝と敬意を伝えたいときだけにしたいよ。
自分のメリットを考えて無意味に頭を下げていたら、
いつか無意味に飲み込まれて、
本当に好きな人たちに本気で感謝の気持ちを伝えても、
結局届かなくなってしまうと思うんだよ。

わざと嫌味や文句を言われたり、からかわれているのに、そこで笑って笑顔で居るのはいやだよ。
気に入ってもらって、そして僕の気入っている方々の前で、自然体で笑いたいと思うよ。

裏で泣いて、泣いて、泣いて、泣いた時間が多かったから、きっと笑顔が刺さるのだと思うよ。
いやなのに笑っていたら、価値もへったくれもないよ。

心が通じ合ったりするのは時間がかかることだよ、だからこそ価値があるんだよ、

最初から心が通じ合うか、自分の気分をよくしてくれる人かどうかを吟味して付き合う人を決める、
そんなショートカットを繰り返した人間交流に、何を見出せるのかと思ってしまうよ。

結局のところ、インターネットはお手軽で、なんとなく好きな相手をちょっとからかいたくなる、ちょっといじめたくなる、ただそれだけなのは解るんだ。

どんなに冷やかされても、どっしり構えて、『好きでいてくれて、ありがとう』って、

笑って言えるのがイイ大人の女なのかな。まだ僕にはわからない。

僕は本気でやっているんだ。

時々でいいから、一度でもいいから、インターネットの中で冷やかすんじゃなくて、現物の私が、本気なとこを見て欲しい。
もちろん、興味がないならそれでいい。

僕は僕の主戦場で、
僕が本気であることをわかってくれている人にか、
冗談も言えないし、気を抜いて笑っているところも見せられない。

もうライブ前日だから、今もすごく真面目だし、いろいろ思うところがあるな。

SASSYは本当に音楽が好きだな、きっと本当は自分のバンドを早く組みたいだろうに、でもR&Rでサポートとしてドラムを叩く以上は僕はSASSYが今本来自分のことをやりたくてもやれないもどかしい気持ちとか、そういうものも全部引き受けて出て行かなければなぁとか

勝手にものすごく重くとらえて、人間ってなんだろう、人生ってなんだろうってひたすら思って

とにかくものすごい精神統一が必要なんだ。

僕は本当は誰よりも自分に自信がなくて
人に注目されるのもすごくすごく怖いから
いつもこの時期は震えてばかりいるんだよ

そもそも歌がうまくないじゃない
でも人より不器用な人が、ものすごくいびつで綺麗じゃないのに
なのに誰かを励ませることができるなら、それってすごく勇気が沸くことだよねって思うし

何年も前、ヘタクソだね、ヘタクソだねって楽屋で他の出演者さんによく笑われた
昔の僕を笑ってくれた人はもう1人もライブハウスに残っていなくて
どうして僕よりも上手なのに、居なくなってしまったのかよく考える
僕が本気なとこも見てて、それでもヘタクソだねって言うのだから、それは嫌味じゃなくて
笑われて内心傷ついても、たくさんの友達がそこにいたあの頃のライブハウスの事を想う

今年の冬は本当に長くて
きっと誰しもが心も体も内側に閉じこもってしまいそうになると思う

僕は居なくなってしまった人達までやたらめったら考えて

たくさんの人の分まで世の中にカウンターパンチを浴びせようとして

勝手にそれがやれた気になって

ライブ帰りに食うメシは、理由はないけどうまいなぁ……(・∀・)wwwwww

本気だというのは、とても面白いこと。

それがわかるのは、本気の人だけと思う。



ぢるさんが『あからさまに、それは…』と言おうとして、『あきらさまに、それは…』と言い違えていた昨日、花粉症が酷いと呟いたらあきらさまに頂いたのでちょっと加工して携帯の待ちうけ画面にしてみた!
とても気に入っている。

***

I.D.様から3月28日(金)に発売予定だった『ラブリレーション』が、6月27日(金)に発売延期になったようです(´・ω・`)

私もとても楽しみにしていたので残念ですが、来月、I.D.さんのご好意でモジャモジャジャー

***

だいぶ先の話ですが、お友達のレムダイ君が5月11日()に主催ライブやるます。
久々にガールズロックバンドメインのブッキングです、今から予定空けておいてちょ。

ぼくが4月にバースデー主催ライブやるだのやらないだのハコ探すだの探さないだのわーわー言ってた関係でミステイクでハコ押さえちゃったわけでは決してないんだぜ。ぜ。ぜ。

5月11日()
MERRY FREAKS主催
『乙女計画 GIRLS ROCK PROJECT Vol.1』
場所・渋谷CRAWL
〒150-0011 東京都渋谷区東1-25-2マルハシビルB1
Tel 03-3498-3113
開場・17:30
開演・18:00
前売・\2,500 +D代
当日・\3,000 +D代
出演・D.R.Lilac / Rose&Rosary / 有坂愛海(Love Jam Cats) / (OA)HAZUKI / MERRY FREAKS /and more

↑このページのトップへ