月別アーカイブ / 2011年11月

◆12月1日(木)
Happy × Love × Birthday vol.2
〜杏野ヒナナの超絶カオスな生誕祭!〜

開場:18:00
開演:18:30
料金:当日・前売りともに2500円(1ドリンク別)
会場:秋葉原NEXイベントホール「studioPENTAGON」
http://www.s-pentagon.com/ 出演:
杏野ヒナナ、SION(Rose&Rosary)、あさくらはるか17、神童朱雀、ディーモン、劇団ACOLTの皆さん

・私の出番は20時45分から

・お客さんにいろいろ準備した( ・∀・)

ヨロシク。
ア。
時間ない。
ア。

私が会社に行くと、デスクに必ず何かお供えがあると言う好待遇。

今日はスライム肉まん(・∀・)
昼飯特盛り弁当食べたのに…

昨日はプリン

その前はマーブルチョコ

肥える肥える

ひねキングが出演するイベントを15時くらいに後にして、お隣のかつらぎ町へ。

かつらぎ町は、先月もブログで紹介した、ゆるキャラ・かきおうじが居る町です。

まぁ私、柿あんまり食べられないんですけどね。
とか言ったら、かきおうじに「何しに来たんだお前は」と言われかねないですが。
ここ数年、干し柿は何故か大好きになりました。あれはうまいな。

橋本市から、国道を普通にまっすぐ行くだけでかつらぎ町。
所要時間、40分くらい。



30分くらいでかつらぎ町に到着。
かつらぎ町役場の看板に、さっそくかきおうじが居た!

かつらぎ町のホームページをパッと見た感じ、『串柿の里・四郷』って言うのが面白そうかなぁと思い、道が解らないので、ローソンの店員さんに聞く。知らないらしい。

パンフレットを頼りに、どうにか到着。



かつらぎ町いわく、膨大な干し柿が、道いっぱいに広がっていると言う観光地。
北国出身の私に、柿は珍しいのだ(・8・)

しかし、観光地って言うか、普通の柿農家が1軒とか、そんな感じ。
観光客が5、6人居ましたが、みんなして柿農家を勝手に覗き込んで、視姦していると言う…
柿農家も、特に個人向けに販売しているわけではないので、観光客に覗かれるだけで売り上げにも何もならないのに、丁寧に挨拶してくれると言う親切な方々…







すれ違えない細い道で、尋常じゃないレベルの、いろは坂もビックリの悪路だったんで、ペーパードライバーは行かない方がいいかと…(´・ω・`)
所要時間は、シオン豆腐店レベルのノロノロ走行で、かつらぎ町役場前から40分くらいかな…
橋本市からは1時間ちょっとと言うことになります。

何千個〜何万個と言う単位で、干し柿が道路脇に吊るされているんだけど、1個も盗まれてないのがすごいなぁと思います。



串柿の里・四郷の峠のふもとに、『柿えもん』と言う喫茶店が1軒だけあります。

柿が食べられるのかと思い、入ってみた。



お洒落なお店。

しかしメニュー表に柿はない。

私 『柿はありませんか(・8・)』

店員さん 『すいません。おみやげ物として包まれた柿は少しあるんですが、喫茶店では、柿はお出ししてないですね』

私 『えっ、柿、ないんですか!?えっ、串柿の里に??柿えもんに??柿がないんですか(; ・`д・´)…!!!』

あ、また私、余計な事言っちゃった…と思ったら、



メニューにないのに、わざわざ柿出してくれた。
しかも無料で。

ありがとうございます…

他にも、カップルとか家族連れのお客さんが来たけど、「あ、柿はないのか…」みたいな感じで、コーヒーだけ飲んで帰って行った。
私のようにアホなら、彼らも柿を食べられただろうに…

たぶん、この辺の人にとっては、柿が当たり前すぎて、柿を売ったり買ったりしようと言う概念すらないんだと思う。

その後、すっかり夜になり、ヘッドライトのつけ方が解らず(またかよ)、無灯火で暗い峠を下って返ってきました。



これは、かつらぎ町名物のひとつ、『柿の葉すし』と、私の足とか、私のマフラーです。
『紀ノ川万葉の里』と言う道の駅で買いました。
柿の葉にお寿司をくるむことで、防腐剤の効果があって、長持ちするという。
鯖の押し寿司です。

まぁ私、鯖の押し寿司もあんまり食べられないんですけどね。
うん、かきおうじに「何しに来たんだお前は」と言われかねないですが。

道の駅には、かきおうじグッズが色々置いてありましたが、ほぼ全部ゆるキャラサミットで購入済みでした。

以上、かつらぎ町レポートです。

↑このページのトップへ