月別アーカイブ / 2011年04月





このGW中に、溜まりに溜まった写真を更新しよう大作戦、その1。

『この世で一番近い海』&『今更余計に我侭子のルーツ』
http://hakenkreuz-maiden.com/photo/2009-11-24-hokkaidoB.htm

今更、2年前にインベカヲリ★ちゃんと、たけちゃんと3人で行った北海道ロケの続きです…。

インベさんに撮ってもらった写真は大分前にギャラリーNo.63で公開済みだったんだけど、最近になってやっとたけちゃんにデータもらったwwwちょ、遅いwww

前者の『この世で一番近い海』は、北海道の羽幌炭鉱にある某廃墟。
学校とか、団地とか、施設とか、街がまるごと廃墟になっているのだよ。
情報が少なかったのでたどり着けるか不安だったけど、持ち前の廃墟センサーで頑張ったwww

かなりお気に入りの場所なんですが、私、マントは裏返ってるわ、靴下はモコモコの防寒重視のやつだわ、靴なんか子供用のスノーブーツだわと言う、とんでもない手抜き衣装なもんで、あまり良い写真がない…(´・ω・`)

11月末頃に行ったのですが、

秋の羽幌の人里離れた山中は確実に熊出没フラグだ

冬眠前のクマをナメるな

と、地元の友達や、その知り合いの廃墟マニアも大騒ぎするので、とりあえず何かあった時の為に、どうしても平たいスノーブーツが良かったの(´・ω・`)

だって、インベさんとたけちゃんに、「撮影中にクマ、出たら、俺を置いて逃げるか?」聞いたら、「うん…」って言うんだもの。

以下はギャラリーに公開しなかったボツ写真www



誰かマント突っ込んでよorz



この逆光さが私的には溜まらんのですが、とりあえずボツ。



たけちゃんの写真は、毎回黒色が綺麗。



この写真、台から落下しても仕方ないと思って踏ん張って撮影したけど、ただのシュールな絵面になっただけだった。



撮影中は素足でガラスを踏むこともしょっちゅうですが、踏んだところで良い写真が残るとは限らないと言うオチ。



この辺が、羽幌炭鉱の最深部の、団地あたりです。

面白そうだったんだけど、枯れススキ&地面の泥濘が酷くて、ナタや包丁が無いとアプローチできなそうだったのと、足元が覚束無い山中はなんだかとてもクマフラグな気がしたので、入るのやめた…。



ギャラリーの後半は、この北海道ロケに行って来た当初に旧ブログでも紹介したと思うんだけど、地元・旭川のB級スポット、『家どん船どん』です。

骨董屋さんなんだけど、お店の人がとても優しく、『東京からよく来ただ』と、お店にある古いストーブと柄杓でお茶をたくさん入れてくれたり、近所のラーメンを奢ってくれた。

お礼に、「次に旭川に帰省したときは、必ず菓子折りを持っていこう」と当時心に誓いましたが、いまだに菓子折りを届けていません。

誰かこのお店に行かれた際は、是非私の代わりにお礼を言ってくれると嬉しい(´・ω・`)

昨日の予告通り、写真ギャラリーの更新作業をしようとPCに向かったんだけど…
まだ昼間過ぎて液晶モニターがチラついて色味がよく解らん(´・ω・)

やっぱ写真の色味補正は夜に限るなぁ。

仕方ないので先日の主催ライブ的な何かでブログ更新してみる。







先日の主催ライブ的なYoutubeから拾ってきたもの。
他にもたくさん動画撮って頂いたのが落ちてるんだけど、汗で顔が面テカテカとか、ブログで紹介するには色々な意味で刺激的すぎるので、モノクロのやつを持ってきましたwww
興味のある人は自分で探してね(^ω^)あっはっは

>


3分5秒目あたりから、突如マラソンを始めるオレwww
機関車かwww

実際のライブでは、アクションが少なくて動かないパフォーマーほど、見てて面白くないものはないので…
(しかもアクション皆無で動かない&手元ばっかり見てお客さんのほうをまったく見ない上で、演奏ヘタとか間違えるとかが個人的には一番許せんパターンwww)

これだけ動けていればいいんじゃないかと思うんですが、動画で後から見るととてもシュール。

あと、会場は満員だったんですけど、なんで動画っていつもお客さん5人くらいしか居ないように見えるんだろう。
シュール。







流石私だ、遊びの予定は何もねぇ⊂二二二( ^ω^)二⊃
なので、GWは撮り溜まっている写真をどうにかしたいと思います。

ここ数日、立ちくらみと言うか貧血が酷くて仕事にならなくてですね、昨晩は「これじゃいかん、栄養つけなきゃ!」と思って出前で寿司を取って、たらふく食って「これで大丈夫だ!」と思った瞬間、寝た( ・∀・)

腹がまた減って来て仕事にならんので、またマック行って来る( ・∀・)

寝るな私。

↑このページのトップへ