mirai_sita.jpg

コミックマーツモト93、新作グッズの紹介です。


Rose&Rosaryさんがとってもカワイイ&えも言われぬ下敷きになりました!!!


噴水で水遊びをしているRose&Rosaryメンバーのとっても癒し系のイラストで(芸能人公式ブログなので察してください)

A4サイズ・両面・耐水加工・撥水性抜群・1000円です!!!


描いてくれたのは画家のMIRAIちゃんです。


どうぞ、ご家族同居の方もこぞってお買い求めください。

芸能人公式ブログなので察してもらいたいから、全容はTwitterで見てくれよ!!!


Rose&Rosaryさんが気が狂った訳ではないので、『こ、これは…絵が上手でも要らない…』と瞬時の判断を下した心がピュアな皆様、ちょっと私の話を聞いて欲しい。

先月初旬、公式通販に1通の通販が入りました。今回のイラストを描いてくれたMIRAIちゃんでした。

MIRAIちゃんは5年前、1stアルバムが出た頃に私のイラストを描いて送ってくれた事がありました。御礼のメールを送り、その後何通かやり取りしたのですが、それで交流は終わってしまいました。聞く所によると、最近まで旦那さんの仕事でアメリカに行ってたのだそう。

通販がMIRAIちゃんだと思ったのは、なんとなく。

ペンネームと本名が似てるのもあるけれど、ステージで歌っていると、知らないお客さんでも人隣が解ってくるように、『相手直接は言葉にはしないけれど、これは本当に強い想いがあるものだ』みたいのが、メールであっても、それがたとえ只のシンプルな通販フォームであっても、近年、かなり解るのですよ。。。


TwitterでMIRAIちゃんを探して、一声かけてみたところ、やっぱり通販してくれたのはMIRAIちゃんでした。


ちょっとメールで話してみたのだけれど、もちろんMIRAIちゃんはMIRAIちゃんであって他の誰でもないのだけど、『言葉尻がキラちゃんに似てるな』って思ったのです。

本当に私の事を、すごく好きで居てくれるんだなって言う人の特有の言葉。。。

先日、GOODMANでのライブの時も言ったけど、『シオンさんの事が好きで、応援したくて、ただそれだけなんです』それがキラちゃんと話した最後の言葉でした。


キラちゃんの歌手活動に何か協力出来ないか、考えてた私に、『誰よりも自分に優しくしてくれるから好きなんじゃない。利用できるから、仲良くしたらメリットがあるから好きなんじゃない。あなたから何も奪おうと思ってない、あなたに何かしてもらおうと思ってない。シオンさんから時間や仕事や喜びを与えてもらおうと思ってない。そういう人がシオンさんの周囲に沢山集まってくるのは知ってる、でも私はそうじゃないです。私は本当にシオンさんが好きで、だから来てて、それだけなんです』彼女はそう言いました。

丁度MIRAIちゃんが通販を入れてくれた当日、私はキラちゃんの残した『Wing』と言う楽曲を譜面に起こして編曲している最中で、MIRAIちゃんが『シオンさんの事が好きで、応援したくて、ただそれだけなんです』みたいに同じ事を言うので、突然、『この出会いを大事にしなきゃいけない』と思ったのです。


本当に不思議なことに、『九州に行くぞ!』と決めてから、MIRAIちゃん以外にも、昔、仲が良かった知り合いから沢山連絡が来るのです。普段、僕のスマホにはマジでなんのメールも来ないんですけど。『最近どうしてる?』とか、たいしたことないメールなんですけど、なんでこのタイミングなのか、本当に不思議で。。。

キラちゃんに、『限りある人生の中で、誰を大切にして生きるのか、誰の為に生きるのか、ちゃんと考えろ』って言われてるみたい。

精神的に耐えられるからと言って、仕事の手を止めて1日に何時間も1対1で話さないと不機嫌になって八つ当たりしてすぐ消えて行くお客さん、着いて来ないで下さいと言ってもずっと追いかけてくるお客さん、ここには来ないでって言っても仕事場や駅に来てしまうお客さん、どうせ『これ以上、依存させてくれない』と思ったら罵声浴びせて他のターゲットの所に移動していくのだから、依存させてくれるなら誰でも良い、ファンではない人たちに時間を費やして、逆ギレが怖いからと怯えて年中泣かされてる場合じゃないし、限りある人生の中で、その時間に、救えた命や、誰かの側に居れた時間って沢山あったなと、知り合いが亡くなる度に思ったりする。


この前もチラッとブログに書いたけど、対して嫌いでもないのに、気分で人を悪く言って、場に居ない全員の悪口を言ってる同業者や同僚と仕事したり、ライブしてる場合じゃないんだよなーと。


今年は何故か、そういう人と一緒に居なければならない時間が公私ともに多かった。


私が大人じゃないって言われたらそれまでだけど、そういうのを黙って笑って聞いてて、自分が大人な対応してると思ってる内心『どうせ人事だから』とか『自分が悪口言われてなくて良かった』とか『でも、自分は友達も居場所も少ないし、この人は自分を受け入れて、つるませてくれるから…』と安堵してる人達にもなりたくないんだわ…←100%みんなの悪口も言われてるんだぜ?自分だけが例外とかない。


お金になっても心が貧しくなる事はやりたくないなと、この1年を振り返って思ったりする。


またいつかブログに書くかもしれないけど、本当に自分の人生で不思議なのは『この人、今日は一段と精神的に依存してきて、悪意をぶつけてくるな』って世の中の誰かが私にキツく当たって来てるその日に、必ず家族や友達が亡くなること。そういう人の『自分は不幸だから、世の中の人も不幸になればいいのに』は本当に強力なんだよね…。


話がだいぶん逸れてしまいました。
下敷きの紹介。。。

今回の下敷きは、MIRAIちゃんの画風とテイストで自由に描いてもらいました!

MIRAIちゃんの活動はちょっと変わっていて、コミケ等にサブカルチャーとして作品を掲示するのではなく、画廊で個展をやったりして、割と古風な活動をしています。

着眼点が面白いと思ってるのが、昔の著名な画家が描いたイラストを現代日本風にリバイバルするような試みです。


今回のイラストも、元はアナログで、手塗りで着色してくれています。

原画を頂いているのでコミケでも展示しますので是非、見てみてください!
原画で見ると、『どのくらい心を込めて描いてくれたか』と言うのが、より見える感じがします。


ちなみに…原画ですが、今後、コミケ以外にも飾れるタイミングがあれば飾っていきますが、『画廊や飲食店などに置いてくれる』もしくは『購入したい』と言う新たなフェーズを考えてくれる人が居らっしゃるようでしたら、連絡下さればと…(作風的に、置ける画廊や飲食店が限られてるかとは思いますが;;;)


MIRAIちゃんが本当にエライって言ったら失礼なのですけど、『この人は根っからのクリエイターだな』って思ったのが、私が今回のコラボを提案したら、それこそGOODMANにこっそりライブ見に来てたんです。そしてRose&Rosaryのライブを実際に見てから、イラストを描き始めた。

クリエイターは、調べ物とかの労力をケチる人の方が多いと思う。見ない、調べない、勉強しない、でも出来る!って本人は言う。そして出来てない。誰も指摘しないから、ずっと自分は出来ると思い込んだまま。そんな人が多い。そのくらい自分に自信があって、ナルシストじゃないと創作なんて出来ないのだけど。


実際に、MIRAIちゃんにギャラそんなにお支払い出来ませんし、費用対効果を考えると、世のクリエイターが極力手間を軽減する理由もわかる。だから『ライブ見においでよ!』なんて、私からは言わなかったのに。


MIRAIちゃんがライブ来て勉強してった代、原画を額装して送ってくれた代、

もうすでに、MIRAIちゃんにお支払いするギャラを超えつつあるんじゃないか…


と言う所からのジャパネットMIRAIが


さらに!!!!!!


『下敷きを購入してくれた方々にオマケをつけたい』とのことで(驚愕)


私がホームページのギャラリーで公開している写真などからMIRAIちゃんが気に入ったらしい私のミニキャラ…ミニ松さんと名付けようか、


MIRAI画伯のサイン入りミニ松さんポストカード、10種類ランダムでプレゼント!!!!(白目)


miniMatsu1-2.jpg
miniMatsu3-4.jpg
miniMatsu5-6.jpg
miniMatsu7-8.jpg
miniMatsu9-10.jpg

これで1000円…!!!


ランダムでと言いましたが、実際には選んで購入してもらう時間充分あるので、欲しいミニ松さんが居たら、検討を付けて来て下さいね。


アズマヤユキコさんと言い、soyaさんと言い、IV-Uさんと言い、またしてもこちらが払った額以上の事をぶっこんでくる系女子の登場である。


ミニ松さんも、ファストアートではあるんだけど、考えるとこ色々あるよね…

私、他者から見て、こういう感じなんだなと。鼻と口がほとんど無くて目だけとか、表情とか、たぶんこれ、女子から見たときの、女子の理想像のひとつなんだと思うんよね。ブライスとかの人形とかもそうだけど。

最初にパッとこのミニ松さんを見たとき、変な言い方かもしれないけど、『MIRAIちゃんにとって、多分、私って理想の女の子なんだ!』と感じて、生きてるってすげぇな、私、たぶん生きてる意味あったんだなって思ったりする。←ボキャブラリーがない

インディーズ音楽とか、同人CDの世界ってずっとそうなのだけど、CDジャケットを美少女界隈で活躍する、有名な萌え系絵師に描かせてなんぼみたいのがあるから、正直、R&RのCDジャケットに過去ケチつけられる事もありましたし、善意でも『このジャケットじゃ売れない』とアドバイスされる事も太古の昔からありました。


でも僕はある程度わざとやっていて、正直、『お互いに特別な、気持ちが通じてる同士ではないのに、ただ単純に有名なイラストレーターにお金を払って、会った事も無いような人に依頼して、みんなだいたい同じような音楽CD作ってる』のも、虎の衣を借るじゃないけど、なんなんだろうなって思う時があって。


楽曲もそう。良い曲を作るからとか、安くやってくれるからとか、色々理由はあるだろうけど、お金を出して楽曲を買って、みんなほとんど同じような作曲者の曲を歌ってるのも、個人的にはあんまり好きじゃない。僕は、自分の方が下手でも、自分で一生懸命作った曲の方がいい。私だって独学だし、作曲の学校とかも行ってない。

僕がデザインでも作曲・編曲でも、PV撮影でもステージ衣装図案起こすのも何でもかんでも全部自分でやるのは、売れない理由はこうだの、これは気に入ってないだの、でも私強く言えないから~だの、人にやらせておいて、『やらない人ほど影で人のせいにしてるから』なのだけど。人に責任転換できない状態にするためなのだけど。


MIRAIちゃんをはじめ、私は、私の周囲のイラストレーターさんに、沢山仕事が行ってくれたら嬉しいし、そのために何でもするつもりだけれど

多分、私の作品に携わってくれているイラストレーターさんは、『私のイラストだから生き生きしている、他の誰でもない、私の作品だから本人のベストのクオリティを叩き出してくれてる』と思っている。それってすごいことなんじゃないのかなと。

付き合いで描いた、お金の金額で描いた、誰かの作品に多く携わって必要とされている人間である事を世に向けて発信したいから猫も杓子も…じゃ真似出来ないものだと思う。

下敷きの告知から話があっちゃこっちゃ行ってますが


私の事を昔からひっそり応援してくれてたMIRAIちゃんが、のびのび描いてくれたRose&Rosaryの下敷きです。


背景を知って、是非たくさんの方にお手に取ってもらいたいと思いますし、背景を差っ引いても、とても作画クオリティの高いものと思います。


コミケ1日目は、是非Rose&Rosary 東イ-18aへどうぞ!!!