7.jpg
9月第2週からゲーセンで稼動していたと言う
のたまこっこ様を、トレバと言うアプリでさきほど、とうとうゲットしたのだ。


だっこずしと言うのはスシローが一昨年くらいからやってるキャラで、たまこっこと言うのは、もし、たまこっこが困ってるんだったら、臓器のひとつやふたつ売り払ってもいいなと思ってる推しキャラである。


『スシローのプライズは全国のセガプラザにあります』と書いてあるんだが、毎回、ホントにない。

めっちゃ探してもなくて、友達やファンの方にも探してもらったりしたのだけど、セガプラザを何件巡っても無いらしく、


『どこにも置いてなかった!』
『あったけどない!だっこずしはあるけど、何故かたまこっこがない!』


と言う声ばかり。

前に池袋ロサでライブやった時にも、丁度だっこずしの小さいぬいぐるみが稼動した時期で、ロサの1Fがセガプラザなので楽しみにライブに行ったらやっぱり無くて、私の落ち込みっぷりは相当なものだったらしく、見ていられなかったぢるはリハーサル後、だっこずし放浪の旅に出て、本番まで二度と帰って来ませんでした。

しかも真っ青な顔で、手ぶらで帰って来た。


ヤフオクとかメルカリにも、スシローで配布しているポイントを貯めたら貰えるグッズは大量に出品されているけど、プライズ品はほとんど出品されない。


たまこっこが一番出品されない。
たまこっこだけがオクに出ないとかザラ。


その辺、スシローはさっぱり解ってないので、店舗のポスターやメニュー表にも

まぐろラッコ、いくらパンダ、えびウサギあたりをセンターに配置

まぐろラッコ、いくらパンダ、えびウサギあたりのグッズばっかり展開し

たまこっこの扱いなど、ほぼモブである。


昔から思っているが、犬好き、猫好きなどのメジャーな動物ファンに比べ、鳥ファンはやばい。

犬や猫のイベントに行けば、だいたいファミリー層や、カップル、かわいいもの好き女子、寂しがり屋さんなどで賑わっており、和ませ系の空気が流れている。
悪意的に言っても、まぁ、リズリサ系のお洋服を身をまとった『かわいいものを好きと喜んでる私がかわいい(ドヤァ』くらいの女子が居るような感じである。


鳥のイベントに行けば、だいたい何故かほとんどの人が1人で来ており、特に独り言を言っている人の比率が異常に高く、

『臭いところがいいですね!』『前から見ると目が離れてて変なところがいいね!』『足がキモいところがいいですよね!』などと、出展者と客による、やけくそな話題で盛り上がっており、

ついでに鳥料理のレシピ本、焼き鳥グッズなどもバンバン売れていて


『鳥おいしいよね!』などと言いながら、南国の鳥をイメージしたような、志茂田景樹先生カラーの洋服やタイツをまとった女子が沢山徘徊しています。

鳥ファンは見るからに次元が違うのだ、鳥ハンターの鳥ハント能力は、レベルが違うのです。

スシロー様におかれましては、とにかく、たまこっこの製作ロットを増やして頂かないといけません。


私も昔からここまで鳥推しだった訳ではないのだけど、なぜかRose&Rosaryを応援してくれる女子に鳥好きな子が多く、『シオンちゃんの他には、鳥が好きです』と言う、かなり後半ザックリしたファンレターを貰ったり、ライブに差し入れてくれたプレゼントが月刊うずら通信だったりしてるうちに、『鳥を好きな子はおもしろいなぁ』と私まで洗脳されてしまいました。


なお、基本的に現在では鳥全般と、海系が好きです。
海系は、どっちかと言うと、魚類よりは、たこ、いか、くらげ、ダイオウグソクムシのようなものが好きです。


話を戻すと、たまこっこティッシュカバーがどこにも無いので諦めかけてた矢先、昨晩、『たまこっこ』で検索して、全く関係ないものばかり検出される12ページ目くらいまで閲覧してたところで、スマホアプリ『トレバ』と言うのに入ってるらしいのを発見したんだよ。

1.jpg

時刻、深夜3時30分。

写真は後からキャプチャーしたやつだからスマホの時刻ぜんぜん違うけど。

アプリのレビューは、『ぜんぜん取れない、アームが弱い、詐欺だ』と星1ばかりで不安になりつつ、最初の5回は無料とのことなので、疑いつつ、やってみました。

2.jpg


私がログインした段階で、誰かがたまこっこを取ろうと遊んでいたので、自分もプレイするボタンを押したら、待機中になるようです。前の人がゲームを諦めると、私の順番が来て、遊べるようになるらしい。


自分の順番が来て、こんなアプリあるの知らなかったので、


『本当に遠隔操作でリアル実機を動かしてるのかしら』
『それっぽい動画を見せられてるだけじゃないかしら』
『高速のSAにある自販機の、ドリップ中に、今コーヒーをリアルタイムで作ってます!って動画流れるのは、あれは流石に嘘だと思うんだよね。ガチでリアルタイムで見せたら、自販機の中めっちゃ汚れてる時とか、ゴキブリ走ってる時とかあって問題になりそうだし…』

と余計な事考えながら、あまり集中せずによく見ずやったので、とりあえず無料5回で端まで寄せたくらいであった。


最初から真面目にやったら、ちゃんと落ちてたかもしれないけど。

横からの角度も見れます。

3.jpg

実際プレイしてみて、まぁ取りやすくはないけど、言うほどでもないと言うか、ちゃんと景品を取らせてくれるアプリみたいで安心したと言うか、アームの強さも東京のゲーセンだと何処もこんなものと言うか、よほどアーム強く設定されてるのは田舎の郊外のゲーセンくらいだし…(旭川に住んでた頃は、アホほどアームが強いゲーセンがいっぱいあったなぁ)などと思いながら


とりあえず500円か1000円だけ課金しようかなと


ゲームの手を止めて課金作業してたら


深夜3時30分なのに、

途端にたまこっこアーチャーが大量に飛び込んできて

『このゲームの予約人数』がみるみるうちに増えていき、

ワイはプレイを追い出され、どこぞのアーチャーにたまこっこを奪われたのである。


布団から飛び起きるワイ、部屋の明かりを付け、ちゃんとメガネをかけ(裸眼視力0.0003)、次こそはと血眼になるワイ。

誰かにプライズがゲットされると、画面が暗転し、その間にバイトの人がぬいぐるみをまた台に追加したら、再び遊べるシステムのようである。(毎回多少時間差があるけど、早いときは数秒~遅くて3分くらい)

メンテナンス中の画面が開けると、えびウサギが乗ってた。


お前じゃない。


誰か早く、このえび片付けて!!!!


と思ってたら、誰もえび取らないのである。


誰もえびに見向きもしないのである。


ここから数時間、えび。


緊張であまり眠れず、30分置きに起きてアプリを確認するも、えび。

定位置から一切動かないえび。


このえびを私が取ったら、たまご並べてくれるんやろうか。


だが、しかし、誰も『交互に並べます』とか言ってない。

課金してえびを取って、次に並んだのがえびだったらどうするんだ。


たまごが好きなのに、次にえびが来る確立は50%、そのまた次の次にさらにえびが来る確立は50%、


どういうシステムで動いているのかよく解らないけど、仮にこの、ぬいぐるみを補充するバイトの人に『こいつ、えび並べときゃなんぼでも取るわ~w』と思われたら、えびだけが永遠に来る確立は100%である。

1人あたり2分くらいの持ち時間制限があるので、課金してチケット買ってる間に次の人の順番が来かねないし(※後述)どうやら、みんな、愚直に最初の位置から転がそうと思う人は居ないらしく、だっこずし以外も、どこの機体も、他の人が端まで寄せたおこぼれ狙いなんすよね。


そろそろ落ちるかな?って言う位置にぬいぐるみが来たら、突然待機人数が跳ね上がって行って、沢山の人に後ろに並ばれてしまっている。

で、プレイ中の人は、『せっかくここまで転がしたのに、後ろの人に取られては…』って思うから、余計お金使っちゃうよね。なかなか考えられているシステム。

1人で戦うより、知り合いに後ろに並んでもらった方が勝率が高いのでは?と思い付き、友達にかたっぱしから電話をかけて起こそうか沢山悩み、Twitterで『誰かおらんか!助けてくれ!』と呟くか悩みつつも、

結論から言うと、今日は1日中、ヒマさえあれば画面を見つめており、自力でたまご2個取ったです。
ついでにえびも1個取りました。(とても眠かったです)


6.jpg

ぬいぐるみが取れたらオマケでプレイチケットくれたりするので、多少チケット回復するし、課金した金額は合計で1500円以下かな。。。


とにかく、えびになった瞬間に、めっちゃ動員ないし


たまごになった瞬間、すげぇ盛り上がって瞬殺されるので


日中、ほぼえびであり


何時間、だっこずしの機体を見つめてられるか、それが勝負でありました。


『たまご(A)が欲しい』と言う欲望があると、心に余裕が無くなるもので、『まだえび(B)かよ!!いつBの出番終わるんだよ!早くAちゃんを出せ!!』と心の中でヤジり、


Aが来て、取ろうとする待機人数が跳ね上がると『お前ら来るな!Aちゃんは誰にも渡さないぞ!!俺が一番愛してるんだ!』と言う気持ちになります。Aに張り付きまくりの私です。


すごく迷惑なオタクです。


これが、Aが手に入りますと、一気に心に余裕が出来て優しくなれるもので、『Bちゃんも可愛いよね。Bちゃんのライブも見てると楽しいよ、がんばってね。』と言う気持ちで、やたらと持ち時間の長いBちゃんライブも面白く感じられ、

Aがステージに来て盛り上がってる時は、『Aちゃんが人気で嬉しいな。離れて応援してるね。他のAちゃんオタ、ファイト!』と思うわけです。

昔、とある業界人の方に

『あなたは、サービス精神多くてダメ。少し物足りないライブにして、お話するのも物足りなくさせないと、また行こうって思ってもらえないよ。毎回100%満足させちゃうと、お客さんもそれ以上を無意識に望むから、満足度が高そうな、お話の時間が長かったり、チケットが安かったり、新発売のものがあったり、そういうライブだけ行こうと、お客さんにも都合良く扱われてしまうよ』

とアドバイスされたことがあり、『いえ、うちのお客さんの善意を信じてますので』と、一切それを実行していないのですが


『Aちゃんのライブ、短かったけど、すごく楽しかった~。また見に行こう。次に会えるのはいつかな。少し話せないくらいが楽しいな。いつか、だっこずしのセンターに立ってね』とか思いながら、今もだっこずしの機体画面を見つめておりますw

もう3つ取ったからやらないけど、見てるだけでホント楽しい。私、このアプリ好きです。何時間でも見てられます。(B型なので飽きるのも早そうではある)


1人のプレイにつき2分の制限時間がある(※後述)ために、誰かのプレイ中に、プライズを取る気がないのに、予約ボタンを押して待機すると(予約ボタン押しても、プレイせずに抜けられる)


『やばい、後ろに待機された!ここで取らないと、次の人に取られてしまう。。。』とプレイ中の人がどう見てもあせって、すごい早さでプレイし始め、ミスが多くなるので

ただ人を煽りたいだけのイジワルな方にもオススメのアプリである…


誰かがプレイしている機体を見学に行き、『そうじゃないんだよー!解ってないなー!』『そうだそうだ!そこだ!行け!』などと、プロレスや相撲観戦並みに1人でブツブツ言って楽しんでいます。

30分くらい見てると、『この方法でしか取れないな』、『さっきよりバイトの人が若干手前に置いたから、取るなら今回だな~』と解ってくるんだけど、みんなあまり調査せずにすぐプレイしちゃうみたいで、『一見それが取れそうだけど、そこじゃ取れないんだよな~』ってとこから全員始めちゃったりしてるのを、ニヤニヤ見ています。

だいたい、景品が出る回数を重ねて行くと、若干だけど、より不利な置き場になってくるっぽいので、欲しいものがあったら、30分~1時間くらい様子見てからもう取っちゃう方がいいかなと思いつつ

新しい景品が出た瞬間が一番混んでて、どうも丸1日経つと競合する人もかなり減ってくるっぽいので、仕留めるなら遅い方がいいのかなと思いつつ


なお、一番競合が少ないのは、深夜や早朝ではなく、案外18時くらいであったと言うレポートをしつつ

プレイ動画は全部保存されて、いつでも見れるしダウンロードも出来たので、最後に私の勇姿(たまこっこ様生ライブ)をご覧ください。




※1人あたり2分ほどの制限時間がありますが、正確には、課金するとタイムが少し回復するので、他者に実機を奪われず、2分以上の時間、要するに永遠にでもプレイできます。
ただ、『課金中に追い出されてしまう手順』と、『課金中に追い出されない手順』があるようで、ファースト課金の際などに個人認証とかで1度アプリを落とさんとならんくて、実機を他の人に取られてしまうのは、そういう時のみ。