1.jpg
2.jpg
さて、4thアルバムと直接は関係ありませんが、この宿の事だけは皆様にお知らせして、世に広めねばなりません。我々がCDジャケット撮影時に泊まった宿が、こちらです。

大ゆうばり山荘 北の宿
http://kitayado.web.fc2.com/
1泊2食付き、5500円!

翌日、宿を出発する際には『次、みんなが来た頃には、私、死んでますんで!!』と言う体当たりギャグで見送ってきた、愉快なオーナーと値段に見合わない豪華すぎる食事、味わい深くて清潔なお部屋がすばらしいよ!!

10.jpg
9.jpg
11.jpg
宿のホームページや、写真を見た皆の心境 (あっ、これアカンやつだ)

いいえ、アカンやつじゃないんです!!不思議なリリックと、磔にされて宿の外に高く掲げられているカカシ、私もホームページ見た時、アカンやつかと思ったんですが、めっちゃ良いオーナーだったんです!!解ってて冗談でやってるタイプの人なんです!!!!(力説)

しかもITに強くて(札幌在住の息子にホームページを作ってもらった様子)、何気に上記のカカシ、右耳にwebカメラ付いてて宿の入り口を守っている。

1日1組限定の宿なので、めちゃ狭いのかと思ったら、めっちゃ広かった。掃除もすごく行き届いていて、清潔です。
6.jpg
RpLu7IBFg3.jpg
0azerzhGL2.jpg
5.jpg
7.jpg
8.jpg
明るくて、朗らかで、かと言ってお喋りが好き過ぎてめちゃくちゃ入り込んでくる訳ではなくて、ある程度お客さんと距離を取りながら、いい距離感で話してくる、しかし時々『もうすぐ、私、死んじゃうんですよねぇ!!!!だって私、もうすぐ後期高齢者なんで!!!!』と、テンション高く発言して返答に困らせる、素敵な初老のオーナー



好きなアーティストはベビーメタルと和楽器バンド、ニコ動話にも柔軟に対応!!ナイスミドルよしあき

の2人が経営する宿!!!

ゴハンの準備中など、離れから『よしあき~』と言う声がひたすら聞こえてくる(気を使って静かに喋ってる)ので、覚えてしまった、よしあき。

『何もないんですよ!なんせ夕張ですから!』と言いながら、食い切れない量のゴハンや、ご当地ならではの名物を沢山出してきてくれます!!

なお、ヘアメイクを崩したくない、ぢる、クロは腕組して座ったまま寝た模様。
朝見たら、カメラマンまで腕組して座ったまま寝てたが、なぜカメラマンまでそうだったのか謎である。

今まで、北海道で私がおススメする一番の民宿は、稚内の『最北の宿』だったのですが、こちら大ゆうばり山荘 北の宿も、どちらもナンバーワンです!!!

なお、『最北の宿』は、行った当時ブログに書く時間がなくて紹介出来なかったんだけど、北海道人らしい、いい感じのハートフルなおばちゃんがやってて、民宿も綺麗です。
おばちゃんが作った、独特な色使いの、謎のアクセサリーもプレゼントしてくれますよ!

20.jpg
いまだに持ってる。

夕張に話を戻すと、北海道には1泊2日で撮影に行ったんですが、ぢるクロが自分でヘアメイク出来ないので、メイクを落とすわけにもいかず、化粧したまま宿に行ったんですが

『か、かっこいい…Σ(゚д゚lll)』←お世辞じゃなくて本当に思っている人のリアクションで

と何度も褒めてくれて、昔は音楽やってた人みたいでギターも沢山置いてあって、すごく歓迎してくれたので…本当は、CDジャケットにこの宿の写真も使ってあげたかった…。絶対喜んでくれたと思う…しかし曲と宿の内装が合わない。。。昭和な曲を作らねばならぬ。

田舎に行ったり、ご高齢の方と話すと、大抵、一番人気はぢるなのですが、ここのオーナーもぢるが一番好きみたい…(見た目が)

オーナー 『寒くないように、ドテラもあるよ!若い人は、こんなの着たくないかな…?』

私 (着る)

オーナー 『に、似合うーーΣ(゚д゚lll)!!!!!』

私 『もともと北海道出身だし、こういうの親に着させられてたから…』

オーナー 『どこ出身なの?』

私 『旭川です』

オーナー 『うわぁぁ…寒い…雪、多い』

私 (経済破綻した街の住人にすら抵抗を持たれる我が故郷)

レコードも沢山置いてあって、色々聞けるよ!(ビロビロに伸びきって、テンポが一定じゃない、早くなったり、やたらスローになったりする月光仮面とか…)

アンプもあって、楽器も音出せたり、カラオケできるよ!本や漫画もいっぱいあるよ!宿から出かけなくても面白いと思う。

17.jpg
18.jpg
勢い余って殺した。

14.jpg
最後の最後で力尽きる文章

19.jpg
なんか三角木馬に乗せられて拷問を受けてるウルトラマン

15.jpg
16.jpg
洗濯も勝手にしていいらしい。

12.jpg
おそらく、オーナーのすごく想い出の写真(お客さん第一で、自分語りはしてこないので詳細不明)

宿に物はすごく多いのですが、手入れが行き届いていて本当に清潔なので、行って欲しい。

私達が行った時にはPCが壊れていたらしく、普段なら、よしあき自慢の一眼レフで写真をプリントして、ハガキにして後から送ってくれるらしいです。

とりあえず、よしあきは出発の時、写真を撮ってくれたが、『PC直ったら送るねぇ!』と言われて2ヶ月、まだ何も来ない(笑)

IMG_8576.jpg
IMG_8577.jpg
ごはんうまい

実はね、メンバーをひまわりの宿(当時のブログはこちら)に連れて行きたかったのですよ。小学校をホテルにした所で、1人で行ったとき、すごい面白かったから。

でも、断られてしまって。団体で12名以上の予約しか受け付けてないんだって。『前に1人で行ったとき、泊まれましたよ?しかも予約ナシで、いきなり突撃して』って電話で聞いたら、めちゃくちゃレアケースなんだって。

たま~に、超団体予約があるときは、1人のお客さんでも泊まれるけど、予約ナシでいきなり泊まれるはずがない。そんな前例ないはず。それ本当にウチでしたか?って言われてもうた。(私1人旅行してるとき、めちゃくちゃ引き良いからな~)

その後、夕張市内の何件かの民宿に電話したのだが、平日の夕張なんて本当に誰も来ないし、うちらのためだけに宿を開けられないから、どの民宿にも『埋まってる』って嘘つかれてもて、速攻電話ガチャ切りされてもうた(田舎のつめたい人は、マジ泣くほどつめたい)

雪が降る直前の、儲からない時期の平日に、OKしてくれたのここだけだったんよね~。

また行きたいと思ってるけど、なかなか難しいと思うし、このブログを見てくれた人達が泊まりに行ってくれるのを願ってます!!

あと、用事がないと全く帰ってこない札幌の息子も、たまには顔出してあげなはれ…

大ゆうばり山荘 北の宿
北海道夕張市 南部東町49-1


昼間はソバ屋らしい。
営業時間:11:00~14:00

って言うか、ごはん気合い入りすぎてたのか、ソバ出てこなかったぞ!!!!!彼らはどんなソバを作るんだ…気になってしょうがない…(また来いと言うことだろうか)

IMG_8482.jpg
安く借りれるヴィッツ(レンタカー)に大量の荷物を載せてるから解りづらいですが、翌日も、宿を離れた後用に、昼食におにぎり2個作ってくれてん。(右下)

美味しかったです。実際、どんなに清潔で美味しくても、それにどんだけの想いがこもっていても、他人の作ったおにぎりなんか食べられない!(お母さんが作ったのしか食べられな~い)と言う人が世の中に一定数居るのは知ってるんですが

なんか、うまいとか言って皆食ってて、そういう人達と友達で良かったと思いながら見てた。まぁ、気が合うから北海道まで来てるわけですが。



次号に続く。