月別アーカイブ / 2019年04月


初日
_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1472.JPG

二日目
_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1484.JPG

Starry HEAVENとRAVEN

どちらとも懐かしく、思い出深い衣装を着てのライブでした。

初のベストアルバムツアーということで

セトリもほぼA面のみで構成されてるので

いつもに無いセトリで新鮮でした。

コンセプトでもないので当時の衣装を着ながら

その時以降の曲をやるってなると

違和感ハンパなかったんですけどw

(特にStarry衣装でLILIAやった時)

二日目のSupernovaの前に昴が叫んだあの言葉は

忘れないでずっと心に置いといてほしいです。


9月で10周年

バンドが10年続くって奇跡なんだけど

別にそれを誰かに押し付けるつもりもないし

「今好きでいてくれる人を楽しませたい」

「もっとRoyzを好きになってくれる人を増やしたい」

っていう2つの考えだけで自分は行動してます。

不安を煽るつもりは一切ないけど

バンドというのはずっと続くものではないし

続いたとしても歳を重ねたり

メンバーが減ったり変わったりと

形を変えていくもので

同じままでいることは不可能なんよね。

「あの頃が一番よかった」

なんてバンド側が思ったらその瞬間

すぐ解散するべきだって思う。

今が一番いい自信がないなら

だらだら続ける気なんてないし

逆に今一番いい気持ちでバンド活動出来るからこそ

今回みたいに昔を振り返る余裕があったり

47都道府県をまた周ろうと思えたんだと感じてます。


好きだったバンドが

大きな会場でライブしたり

周年ライブだったり

そういう日に節目でライブにもう行きません、上がりますっていうのは

寂しいもので。

それがいけないって訳でもないし

色々な事情もあると思うやろうけど

「またいつでもきなよ」って思うんよね。

だってずっと続けてきたのは

そういう意味や理由もあるんやから。

存在し続けてるんやから。

音楽って、バンドってそんなもんやと思う。

生物だしいついなくなるか分からへんけど

それでも誰かの居場所であって

1分1秒でも長く生き続けようとするもの。

だからこれからも

この心が折れない限り

走り続けるのでついてきて。


10周年ライブの豊洲PIT

ソールドアウトできたら

武道館をやるプラン考えるから!


まぁ現実はそんな甘くないし

まだまだだって分かってるけど

ちゃんとまだまだ夢を見てるし

みんなをもっと大きいとこに連れて行きたいって

そう思ってるから伝えておくね。


それじゃあ次はTRACKS大阪

楽しみにしててください!




フラゲした方もいらっしゃると思いますが

ベストアルバムが明日発売するということで。

完成した作品を手にした時に

なんだかズドーンって重みを感じました。


Royzはパッと聴いた感じだと

色々な音楽を取りえれてって思われがちですし

自分たちもその時その時で

好きなことやらせてもらってきたバンドなんですが

それでもどこか「Royzらしさ」っていうものが

全曲にあるからそれが核なんだと思います。

音楽を言葉で表すんじゃなく

音で表してきたんだなって思うアルバムです。

Disc1は全曲再録しました。

曲を見てもらったら分かると思いますが

5人時代だったものを今のRoyzで録り直しました。

よりレベルアップして

過去のものと聴き比べても

かなりの進化を感じます。


No FateはRevolution to New AGEから何度も

アルバムに入れる話がありましたが

それなら新曲もっと入れたいやんなーって話で

ずっと見送られて、ベストが出る時に

「あ、このタイミングならありやね」ってバンドが

一致したので今回音源化しました。


Anniversaryも同じ理由だったし

ベストにこそ入れる曲だと思い収録しました。




先日、ベース会をして

「Royz聴いてました」

「Royzセッションでやってました」

そう言ってくれる後輩が沢山出来て。

永遠のクソガキ後輩だと思ってたこんな自分も

慕ってくれたり尊敬してくれたりする後輩が

いることにびっくりなんですけど。

長くやらないとA面ベストって出せないものやし

こういった経験もできなかったし

続けることの意味を

いつも以上に感じたりしてます。





始動ライブ前から大阪の先輩にシバかれて

動員2〜6を半年ぐらい彷徨い

何もかも捨てて東京に飛び出して

メンバーが脱退して

自分が倒れて

昴が喉を痛めて

どんな時代

どんな状況でも

足を止めずに走り続けたうちのバンドの

10年という数字は重い。

その先に何があるかは解らないけど

「バンドなんてやるんじゃなかった」

「ヴィジュアル系なんて聴かなきゃよかった」

絶対自分にそんな想いをさせない生き方をしようと思う。

このベストアルバムにはそんな想いも詰まってる。

沢山聴いてください。

そしてこれからもRoyzの音楽を大切にしてください。

それでは。

↑このページのトップへ