ツアー中、ホテルで作曲する時に使用していたヘッドフォン。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0100.JPG
高い品ではありませんが

コンパクトに出来る故、移動が多いツアーでは

助けられることが多かったです。




明日でRoyzの夏は終わり。

最高の思い出になりますように。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0054.JPG
ありがとうございました。

今年はワンマンツアーをセミファイナルまで終え

そのままイベントツアーが始まるという

なかなか変わったスケジュールでして。

ワンマンツアーをメインに活動してきた僕たちにとって

始まるまでは緊張と不安がとても大きかったです。

うちのファンの子達

なんとなくうちを知ってる方

初めてうちを見る方

どんなふうに、自分たちを見せるかっていうのを

考えまくった気がします。

ここまで気を張ってステージに立ち続けたツアーは今までになかったです。

それはとても貴重な時間を少しも無駄にしたくないという気持ち。

思い出だけでは終わっていけない、本気でぶつかっていこうって初日から思ってたからこそ

こうして終わった時に

あぁ、なんていいツアーだったんだって

そう感じます。

気難しい僕ですが

大切な友達も増えましたw


2018年夏

ハードスケジュールでしたが僕たちについてきてくれてありがとう。

声をくれてありがとう。

支えてくれてありがとう。

会いに来てくれてありがとう。

残すは9.11のEXシアター六本木

とにかく来い。

特別なもんを見せつけるから。

でわでわ。
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0055.JPG



Royzワンマン400回記念福岡ありがとうございました。

自分自身、ここ数年は色々ありましたが無事この日を迎えることが出来ました。

お越し頂いたみなさん、お祝いしてくれたみなさん

ありがとうございます。



ここ最近、ツイッターやブログから距離を置いてますが

ライブやインストはいつも通り、楽しんでます。




少し振り返りますね。

初日の金沢が初ソールドアウトで

スタートからとてもよいコンディション。

あのパンパンな金沢AZは

中々見れないなーって思いました。

またソールドアウトしたいという気持ちも生まれました。



2本目の新潟は初日の金沢公演を踏まえて

リハでPAさんと何度も話し合って

DLDの音の芯が完成した日。

ライブも暑く熱く、いい夜でした。



自分の生誕祭と杙凪の生誕祭は

二人で「DOLL収録曲以外、1曲も被らないようにしよう」って話から

本当に1曲も被らないセットリストで。

自分たちの曲といってもやっぱり曲数が増えると

忘れてしまうんで、思い出すのにみんな必死でしたが

無事終えることが出来ました。



自分の生誕祭に関しては以前書いたブログが全てです。



7/5は彼の作る曲は素敵だなって改めて感じた。

曲に関して、変に馴れ合うわけでもなく

ただお互いが信じた音楽を作り

それをRoyzとして4人でアレンジしていく。

それが今のうちのバンドだなって思います。

いつのまにか全てをひっくり返す

それぐらい大きなギタリストになってて

彼の生き方は誰にも真似できないし

誰もが魅力的に感じる、そんな人です。

改めておめでとう。



大阪は七夕ということもあり

星に願いをとStarry HEAVENをやりました。

星に願いをって今までならアンコール扱いでしたが

この日は本編にやるというとても久々なこともしてみました。

Starry HEAVENはやっぱり綺麗でしたね。



高松はビギニングの入りがとても印象的。

全曲制覇したときのラストやった曲。

そしてそのままのアレンジでやりました。

そしてあの日のANTITHESISを越えようという

この場に踏みとどまらず先に進もうという

バンドの姿勢がしっかり出せたと思います。


岡山はやっぱり鬼ループをやったことがw

久々にライブ中に本気でリミッターが外れてしまった気がします。

楽しかったですし、また必ず来るって強く約束した日でもありました。

初めてやったクレイジーママキングダムは

すんごいガラガラでしたけど少しずつ少しずつ

色々な人に自分たちに届いてるんだなって

最近強く感じました。




そして今日のワンマン400回記念。

思うことは沢山沢山ありますけど

自分が復帰した時の福岡で

こんな気持ちでライブ出来るって

幸せだなって。

詳しくはロックアンドリードのインタビューで

ガッツリ話しましたけど。

誰のファンとか、そこじゃなくて

やっぱりRoyzギャのみんなに

自分の信じた音楽を書いてきたし

ステージに立ってベースを弾いて。

やっぱり、口であれこれ言うんじゃなくて

自分は音楽で問いかけていきたいなって思ってます。

昴も杙凪も智也も凄く大切だし

この4人で鳴らす音は最強だなって。

もちろんまだまだ行きますけど

それでも最強だなって。

そしてRoyzギャ様

Royzの音を受け取ってくれてありがとう。

次は500回記念目指していきます。


そして今日で一旦お別れなので零[Hz]のことも。

僕から偉そうに何かアドバイスとか

そういうのは言わなかったんですけど



やっぱり楽しんでほしいなっていうのと

それと同時に強くなってほしいなっていう

この二つが僕的な気持ち。

それはきっとこれからどんどんそうなっていくと感じてます。

前のバンドから比べても4人とも強くなってる。


零[Hz]から初めて会ったレオも

メインコンポーザーとして

「俺が変えてやる」っていう強い気持ちを感じます。

勇気がいるとこにガンガン踏み込んでいく姿は

自分も見習わないとなって思う瞬間もありました。


数少なかったし、先輩としてちゃんと何か

してあげれたかなって思うけどこの経験を

これからの活動に役立ててくれたら嬉しいです。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9789.JPG

次はセミファイナル京都。

そしてBabykingdomのO.Aもラストです。



勢いよくいきましょう。


↑このページのトップへ