Royzワンマン400回記念福岡ありがとうございました。

自分自身、ここ数年は色々ありましたが無事この日を迎えることが出来ました。

お越し頂いたみなさん、お祝いしてくれたみなさん

ありがとうございます。



ここ最近、ツイッターやブログから距離を置いてますが

ライブやインストはいつも通り、楽しんでます。




少し振り返りますね。

初日の金沢が初ソールドアウトで

スタートからとてもよいコンディション。

あのパンパンな金沢AZは

中々見れないなーって思いました。

またソールドアウトしたいという気持ちも生まれました。



2本目の新潟は初日の金沢公演を踏まえて

リハでPAさんと何度も話し合って

DLDの音の芯が完成した日。

ライブも暑く熱く、いい夜でした。



自分の生誕祭と杙凪の生誕祭は

二人で「DOLL収録曲以外、1曲も被らないようにしよう」って話から

本当に1曲も被らないセットリストで。

自分たちの曲といってもやっぱり曲数が増えると

忘れてしまうんで、思い出すのにみんな必死でしたが

無事終えることが出来ました。



自分の生誕祭に関しては以前書いたブログが全てです。



7/5は彼の作る曲は素敵だなって改めて感じた。

曲に関して、変に馴れ合うわけでもなく

ただお互いが信じた音楽を作り

それをRoyzとして4人でアレンジしていく。

それが今のうちのバンドだなって思います。

いつのまにか全てをひっくり返す

それぐらい大きなギタリストになってて

彼の生き方は誰にも真似できないし

誰もが魅力的に感じる、そんな人です。

改めておめでとう。



大阪は七夕ということもあり

星に願いをとStarry HEAVENをやりました。

星に願いをって今までならアンコール扱いでしたが

この日は本編にやるというとても久々なこともしてみました。

Starry HEAVENはやっぱり綺麗でしたね。



高松はビギニングの入りがとても印象的。

全曲制覇したときのラストやった曲。

そしてそのままのアレンジでやりました。

そしてあの日のANTITHESISを越えようという

この場に踏みとどまらず先に進もうという

バンドの姿勢がしっかり出せたと思います。


岡山はやっぱり鬼ループをやったことがw

久々にライブ中に本気でリミッターが外れてしまった気がします。

楽しかったですし、また必ず来るって強く約束した日でもありました。

初めてやったクレイジーママキングダムは

すんごいガラガラでしたけど少しずつ少しずつ

色々な人に自分たちに届いてるんだなって

最近強く感じました。




そして今日のワンマン400回記念。

思うことは沢山沢山ありますけど

自分が復帰した時の福岡で

こんな気持ちでライブ出来るって

幸せだなって。

詳しくはロックアンドリードのインタビューで

ガッツリ話しましたけど。

誰のファンとか、そこじゃなくて

やっぱりRoyzギャのみんなに

自分の信じた音楽を書いてきたし

ステージに立ってベースを弾いて。

やっぱり、口であれこれ言うんじゃなくて

自分は音楽で問いかけていきたいなって思ってます。

昴も杙凪も智也も凄く大切だし

この4人で鳴らす音は最強だなって。

もちろんまだまだ行きますけど

それでも最強だなって。

そしてRoyzギャ様

Royzの音を受け取ってくれてありがとう。

次は500回記念目指していきます。


そして今日で一旦お別れなので零[Hz]のことも。

僕から偉そうに何かアドバイスとか

そういうのは言わなかったんですけど



やっぱり楽しんでほしいなっていうのと

それと同時に強くなってほしいなっていう

この二つが僕的な気持ち。

それはきっとこれからどんどんそうなっていくと感じてます。

前のバンドから比べても4人とも強くなってる。


零[Hz]から初めて会ったレオも

メインコンポーザーとして

「俺が変えてやる」っていう強い気持ちを感じます。

勇気がいるとこにガンガン踏み込んでいく姿は

自分も見習わないとなって思う瞬間もありました。


数少なかったし、先輩としてちゃんと何か

してあげれたかなって思うけどこの経験を

これからの活動に役立ててくれたら嬉しいです。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9789.JPG

次はセミファイナル京都。

そしてBabykingdomのO.Aもラストです。



勢いよくいきましょう。




今年も無事、歳を重ねることができました。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9740.JPG
暑い中、会場に集まってくれたみんな

ツイッターなどでコメントをくれたみんな

 ありがとう。

Royzは自分にとって人生そのものです。

だからこそこれからもこの場所で

曲を書き、ベースを弾き、立ち続けようと思います。


器用な人間じゃないんで

「当たり前」が上手く出来ず

生きづらかったりする人生でしたけど

音で想いを伝えるという今の環境の幸せを

大切に生きていこうと思います。



たった一人で始めた音楽

気がつけばメンバーがいて

気がつけば応援してくれるみんながいて

気がつけば自分の周りには沢山の人が

支えてくれる世界に変わっていました。

自分が作った曲、自分が演奏した曲

それが生き甲斐になってくれるなら

力尽きるまで走り続けようと思います。





死にたい

とか

辛い

とか

悲しい

とか

みんながもし、そう言う気持ちになっても

その想いをしっかり全部受け止めれる人でいよう。

例えこの想いが綺麗事と言われても

そうでいようと思います。



昴、杙凪、智也

そしてRoyzギャのみんな

これからもよろしくお願いします。

いぇい

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9734.JPG

沢山頂いたお手紙は明日、ゆっくり読ませて頂きます。

お手紙書いてくれてありがとうね。



チームBFF
(ベスト・フレンド・フォーエバー)
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9743.JPG


お花&ケーキ

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9738.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9739.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9737.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9736.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9735.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9744.JPG

鬼畜セトリだったので参戦された方はゆっくり身体を休ませてあげてくださいw

それではまた。

共に良い夏にしまょうね!


ブログはご無沙汰しております。

公大です。

先日、東名阪の3マンが終わりました。

フェスト、ブルビリ、とてもいい刺激を頂きました。

このツアーを1度きりにするのはもったいないな。

フェストが帰ってきたらまたやりたい。

それほどいいツアーでした。


そして気持ちはようやくDOLLのツアーへ。

本数少なめで濃く回ろうと思います。

新曲がどうRoyzを変えてくれるのか楽しみです。


O.AもS.I.V.Aぶりということで。

みんな色々な想いがあると思います。

重々承知の上で彼らを見てほしいなと。

自分たちが己龍先輩のO.Aに参加させて頂いた時

あれがRoyzとしても自分の人生としても

大切な分岐点でした。



Royzを世に出してくれたのは

うちの社長と己龍先輩です。



だからこそ零[Hz]とBabykingdomも

このツアーの経験をバンドに活かしてほしいと思ってます。

そしてどんどん成長してこのシーンを共に支え、戦い合える関係でいたいです。






僕らのそんな想いを受け止めてくれてRoyzギャのみんなに本当に感謝しています。

僕たちとRoyzギャの君達とならまだ行けると信じてます。

活動が長くなればなるほど、何もかもが当たり前になってきて

夢を見ることさえも忘れていきそうになります。

けど僕は昴がANTITHESISのファイナルで言った言葉をまだ信じてます。

会場がどこであっても向かうのは自分たちと君達は一緒。

自分が生きてる限りはみんなをドキドキさせる音を作っていきます。

それでは平成最後の夏

気合い入れていきますのでどうぞよろしくお願いします。

↑このページのトップへ