年々障がい者の数が増え続けているのはご存知でしょうか!?
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4387.JPG

今後もさらに増え続けることは絶対です。

2025年には2人に1人が自閉症になるとMITが警告をだしたそうです!

リンクより紹介します!



モンサント社の農薬が原因で、2025年までにはアメリカ国内の児童の二人に一人が自閉症になる可能性があるとマサチューセッツ工科大学(MIT)のある上席科学者が主張している。

30年以上に渡り、生物学およびテクノロジーについて研究を行っているステファニー・セネフ博士が、学者による論文審査を受けた170件以上の記事を公開した。

博士は現在、栄養や内臓、自閉症、そして「栄養不足および環境有害物質が人体に与える影響」についても焦点を合わせている。


モンサント社の農薬、ラウンドアップの化学物質に含まれている有効成分はグリホサートであるが、これは糖尿病やアルツハイマー病、消化器系疾患、不妊症、出生異常など多くの疾患と関連付けられている。

 グリホサートの毒性効果

*内臓内の善玉菌を殺すため、病原体の大量増殖が可能になる

*シトクロムP450 (CYP酵素)の機能を阻害する

*重要なミネラル成分をキレートする(鉄分、コバルト、マンガンなど)

*芳香族アミノ酸やメチオニンの合成を阻害することにより、重要な神経伝達物質および葉酸の不足を招く

*硫酸塩の合成および硫酸塩の輸送を阻害する



グリホサートが生物系に与えた可能性のある影響として説明可能な、自閉症の「生体指標」

・ 内臓内のバクテリアの破壊:炎症性腸疾患

・ 低レベルの血清内の硫酸塩

・ メチオニン欠乏

・ セロトニンおよびメラトニンの欠乏

・ アロマターゼの欠損

・ 亜鉛および鉄分の欠乏

・ 尿中p-クレゾール

・ ミトコンドリア異常の発症/脳内のグルタミン酸毒性


セネフ博士によると、コーンおよび大豆作物へのグリホサート使用は、 「自閉症やアルツハイマー病、セリアック病(小児脂肪便症)、そしてその他の腸管疾患の大量発生と関連がある」としている。

モンサント社はもちろん、ラウンドアップは無害であると主張している。ラウンドアップは、生合成あるいは芳香族アミノ酸については植物のシキミ酸経路として知られている7段階の代謝経路を通じて機能する。

グリホサートはこの経路を阻害することで植物を枯らす。
人体にはしかし、このシキミ酸経路がないため、モンサント社は無害であると主張しているのである。

しかしながらセネフ博士によると、私たちの内臓内のバクテリアにはこの経路が存在しており、またこのバクテリアが極めて重要なアミノ酸を私たちの身体に供給しているという。

ラウンドアップは内臓内の善玉菌を殺すため、病原菌が増殖できるような環境にしてしまうのである。

「メチオニンを含むアミノ酸合成を阻害するため、非常に重要な神経伝達物質および葉酸の不足をもたらし、鉄分やコバルト、マンガンやその他の数多くの重要なミネラルをキレート(除去)してしまいます」


(引用終わり)