懐かし曲ですが、いつ聴いてもいいです!!

「Hotel California」

"歌詞"

暗い砂漠のハイウェイで
冷たい風が俺の髪の毛をすく
"コリタス(マリファナ)"の暖かい匂い
空気の中に立ち込める
遠く向こうの方で
俺はチラチラとゆれる光を見た
俺の頭は重たく、
俺の視界は薄暗い
俺は夜を越すために止まらなきゃいけなかった

そこで女が廊下に立っていた
俺は礼拝の鐘の音を聞いたんだ
それから俺は頭の中で考えた:
"ここは天国かもしれないし、
地獄かもしれない"
そうしたら、女がロウソクに火を灯し
そして女は俺に道を示した
回廊を響き渡ってくる声が聞こえてきて
俺は、やつ等がこう言っているんだって思った

ようこそ、ホテル・カリフォルニアへ
ここは良いところだぜ、
(ここは良いとこさ)
こんなに素敵な面構えの
ホテル・カリフォルニアにはたくさんの部屋がある
1年中いつだって、
(1年中いつだって)
お前はここで見つけられるさ

女の頭はティファニーツイスト
女はメルセデスの曲線美に負けない
女にはたくさんのかわいい、かわいい男がいる
ただの友達と呼ばれている
どうやってやつ等は中庭で踊るんだ
甘い夏、甘い
何人かは思い出すために踊り
何人かは忘れるために踊る

そう、俺は責任者を呼び出した
"ワインを持ってきてくれ"
彼は言った
"スピリッツはここにはないんだよ
1969年からずっとね"
それでもなお声は
遠くから呼びかけてくるんだ
お前を真夜中に呼び起こす
それを聞くに、やつ等は言うんだ:

ようこそ、ホテル・カリフォルニアへ
ここは良いところだぜ、
(ここは良いとこさ)
こんなに素敵な面構えの
やつ等はこのホテル・カリフォルニアに
住み着いているんだ
なんて嬉しい驚きだろう、
(なんて嬉しい驚きだ)
お前のアリバイになるぜ

天井につけられた鏡
ピンクシャンパン・オン・ザ・ロック、
そして女は言った:
"私たちはみんなここの囚人なのよ
私たち自身で作り上げたのよ"
そして主人の間の中で
やつ等はご馳走を集めていたのさ
やつ等は、
そのスチールのナイフで突き刺していた
でもやつ等は、ただコカインを殺すことはできなくて

最後に俺が覚えていること、
俺は扉を目指して走っていた
俺がさっきまでいた場所に戻る道を
見つけなくちゃならなかったんだ
"リラックスしろ"、闇の男が言った"
我々は受け入れるように作られている
君がしたい時にいつだってチェックアウトできるさ…
だが逃げ出すことはできない"