生理中は「プロスタグランジン」というホルモンのために下痢になりやすくなるといわれています。下痢になってしまったら刺激物や脂肪の多い食べ物はNGなので避けましょう。また、必要であれば市販の下痢止め薬を飲むのも効果的です。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5576.JPG

生理中に下痢になってしまうことがありますが、そのようなときは食生活に気をつけるとよいかもしれません。今回は、生理中に下痢の症状が出たときにNGな食べ物についてお話しします。



生理中に下痢になってしまう原因は?
「プロスタグランジン」というホルモンはご存知でしょうか?
生理中は「プロスタグランジン」の作用で経血が子宮から出てくるのですが、同時に腸も収縮させるため下痢になりやすくなるといわれています。

生理中の下痢には、「プロスタグランジン」というホルモンが関係していることが多いようです。

プロスタグランジンは、経血を子宮の外に押しだすために子宮を収縮させますが、腸も収縮させる作用があります。
このため、腸のぜん動運動が早くなり、腸壁から水分を吸収できなくなって下痢になってしまうのです。



下痢の時に避けたい食べ物は?
生理中の下痢のときには刺激物や脂肪の多い食べ物は控えるとよいでしょう。また、通常の下痢のときと同じように水分も取っておくことも効果的です。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5577.JPG

下痢のときは、アルコールや刺激物、脂肪や食物繊維の多いものは控え、消化のよいものを食べましょう。そして、脱水症状を起こさないように、水分補給をしっかり行うことが大切です。



下痢がひどい時は薬を飲んでも大丈夫?
生理中でも下痢がひどいときには市販の下痢止め薬を服用するのが効果的です。また、下痢になることが続くようなら婦人科で診察を受けたほうがよいかもしれません。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5578.JPG
 

ひどい下痢でつらいときは、我慢せずに市販の下痢止め薬を使いましょう。また、生理のたびに下痢に悩まされるなら、一度婦人科で診てもらうのもよいでしょう。



生理中でも下痢にはしっかり対処しましょう!
いかがでしょうか?
生理中に下痢になってしまったら刺激物や脂肪分を多く含む食べ物は避けたほうがよいことがわかりました。 また、通常の下痢のときと同じように市販の下痢止めを服用するなどの対処も必要とされるでしょう。

(引用終わり)