_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8831.JPG
『国際インテリジェンス機密ファイル』リンク
池谷元治『大地震の前兆』を読み解く

・地震前兆が迷信でないなら、近い将来、科学的な観測で地震を予測できるまでになるに違いない。

・前兆に気付いた人が個人レベルで注意することによって、命が救われるかもしれない。
前兆現象を確認して、防災関係者が出動に備えれば、救われる人も増えるだろう。

・もしも、あなたがここに書かれている地震前兆に気がついたら、万が一に備えていただきたい。

防災の備えに人事を尽くしたら、何も起こらないことを祈り天命を待つ。
そのくらいの心づもりでいい。
しかし、万が一の可能性があるということだけは、心の片隅にとどめていただきたい。

・「仏壇のロウソクが弓なりに曲がると地震が起こる」という昔からのことわざがある。
そのほかにも地震の2~3時間前に、クーラーのスイッチが突然入ったという報告もある。
クーラーだけでなく、テレビやラジオのスイッチが勝手に入ったとの情報もある。

・間違いなく地震には、前兆現象がある。

・地震のように多くの人命が失われる災害では、あらゆる情報を処理して意味のある前兆情報を選び、被害を少なくすることが大切だ。

そういう意味からも、20世紀には迷信とされてきた地震の前兆を21世紀には、科学にして被害を減らさなければならない。


・本書を読み終えたら、昔ながらの地震前兆の伝承が迷信ではなく、自然現象であったとわかっていただけるだろう。

・地震の前兆現象についての報告は、なにも1995年の阪神大震災からはじまったわけではない。それ以前から前兆現象について数多くの報告や昔からの伝承があった。


・地震の前兆現象については、昔からいろいろなことわざがある。

「ナマズが騒ぐと地震が起きる」。
自然と共に生きてきた先人は、動物や植物の異変に気付き、こうした言葉を残したといえる。


・私たちの祖先は、四季の美しさを愛で、微妙な移り変わりに人の世の無情までを感じてきた。

昔の人は農作業の手を休め、古老の話に耳を傾け、農業に欠かせない明日の天気はどうなるか予測し、ときには地震の前兆に気付いた。


・こうして身を守ってきた伝承文化は、すべてが非科学的とは断定できないのだ。西洋の科学者が地震の前兆現象研究に冷たいのは、彼らには巨大地震の経験が乏しいからだ。

・地震は、地殻が割れるために起こる。地殻が割れる岩盤破壊によって、電磁波が発生する。

低い低周波の電磁波は低減せずに伝わり、地表では電荷を誘起して電流が流れ、放電すら生じ、再び電磁波が出る。
これを動物や植物は敏感にキャッチするのである。


・前兆現象は2週間前からはじまる。
その後、電磁波による前兆現象は地震の6~9日前にピークとなり、いったん沈静化していく。

この間には、多くの動物たちが騒ぎ、雷や地震雲が発生したりする。

ふたたび電磁波による前兆現象が現れるのは、1日前からである。それは、地震発生の1~2時間前に2番目のピークを迎える。


・地震の前兆現象を解くカギは電磁波にある。

多くの人はなかなかそれに気づかなかった。

しかし科学で解読していくなら、電磁波にたどりつくのだ。そのためには前兆証言の意味をいかに見抜くかが大事である。


・ペットや身の回りの動物の異常行動を見たとき、地震を疑ってみる必要がある。

空に異変が見られたり、ラジオの雑音がひどかったり、時計の針がおかしな動きを見せたときもそうだ。


・ネコも前兆行動をとる。日本のことわざにも、「地震の前に、ネコは高い木に登り鳴く」とある。


・蛇も地震の前に敏感に反応している。「冬のヘビは地震」


・天気と地震を結びつけたことわざは多い。
「ピンクの夕焼けは地震の前兆」「星が異常にまたたき、近くに大きく見えると地震」「夜9時過ぎに、遠くの空が火事のように赤く見えると地震」などといわれている。


・「盆栽が、すぐに乾燥すると地震」このことわざは、「地震の前は蒸し暑い」という気象のことわざと一体と考えてもいいだろう。


・私たちの祖先は四季の移り変わりの中に、植物の異常を見出し、地震かもしれないと気を配ってきた。


・大地震は、いきなりやってくるのではなく、その前に小さな破壊が広い範囲で発生すると考えられる。


・私たちの祖先は、地震の前兆に気づいて記録に残し、ひとつの文化になっていた。このような伝承を迷信と軽蔑する西洋科学こそ、まともではない。


・地震の前兆かと思ったら、以下に注意する!!
1.日時を手帳に記入する。できれば日時、分、秒、付きでビデオか写真に記録する。

2.他の前兆現象にも気を配る。

3.引き続き怪しい気配があるなら、はじめて前兆現象に気付いたときから7~8日後に地震を想定して用心する。

4.動物、発光、雲、電化製品のすべてが異常なら要注意。


(引用終わり)