月別アーカイブ / 2019年10月

蜂蜜は「抗ウィルス剤、抗真菌剤や完全な抗酸化物質」だという研究結果が報告されています。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5723.JPG

また、ミツバチは「自然ワクチン」をつくるとの研究結果も報告されています。

それらには、医薬品のような副作用のリスクは無いようです。

「蜂蜜は、ポリフェノール、過酸化水素や浸透圧効果を持った複数の武器で感染症と戦います。

また蜂蜜は複数の手段を使って細菌を叩く、実用的な万能選手です。」
(「蜂蜜は抗ウィルス剤、抗真菌剤や完全な抗酸化物質」リンク

蜂 蜜はバイオフィルムの形成を停止させる手段も持っています。

この粘々したバイオフィルムが病気の巣窟となる細菌のコロニーです。

蜂蜜は定足数感知と呼ばれ る細菌の伝達手段を破壊し細菌がバイオフィルムを形成できないようにさせます。
(「蜂蜜は抗ウィルス剤、抗真菌剤や完全な抗酸化物質」リンク

蜂蜜は抗生剤だけでなく抗ウィルス剤や抗真菌剤でもあります。

これらの効果も従来の抗生剤よりも強力です。

蜂蜜は永久的な疾患の根源である、検出できない真菌類にも効きます。
(「蜂蜜は抗ウィルス剤、抗真菌剤や完全な抗酸化物質」リンク

また、
米国アリゾナ州立大学などの研究だが、外界から働きバチが持ち込んだ病原体の抗体を含むビテロゲニン(vigellogenin)というタンパク質が女王バチの体内で作られ、このタンパク質が卵へ注入されることで幼虫が新たな免疫システムを獲得することになるらしい。

ビテロゲニンは卵黄の前駆体タンパク質として知られている。
(「ミツバチは「自然ワクチン」を作る」リンク

現代の医療(=西洋医学)では、新薬開発のために莫大な研究開発費と期間をかけたしても、おそらく副作用のリスクを無くすことは出来ないでしょう。

今、必要なのは、西洋医学絶対という信仰を捨て、まず自然の摂理から学ぶことだと思います。


(引用終わり)

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6804.JPG
世の中に「健康食品」と呼ばれるものが多々あります。
 しかしその実、科学的には何の根拠うもなく「健康」をうたっている食品が多々あります。

では、実際に「健康」と言える食品はどれくらいあるのか?
インターネットの発展もあり、健康に関する情報が入手しやすくなったが、その一方で多くの間違った情報もあふれかえるようになってしまった。

はたして、今あなたが信じている健康情報は本当に正しい情報だろうか?

健康になるためにと果汁100%のジュースを飲んでいる人がいる。
また、βカロテンやリコピンといった成分を気にしている人も多い。
テレビ番組などで紹介された食材を意識的に多く摂る人もいるだろう。
実は、生の果物をそのまま食べるのは健康に良いが、果汁100%のフルーツジュースは健康に悪いことが、複数の研究からわかっている。
βカロテンやリコピンといった成分が体に良いという科学的証拠(エビデンス)はない。


「科学的根拠のない健康情報」とは、一見正しそうな以下のようなものが該当する。

①炭水化物は健康に悪く、食べると太る。

②βカロテンやリコピンは健康に良い。

③果汁100%のフルーツジュースは健康に良い。
 
これらはすべて間違いと言っていい!!

 
『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』は、発売10日で10万部のベストセラーになっている。

βカロテンを含んだ緑黄色野菜そのものは病気の予防に役立つと考えられているものの、緑黄色野菜からβカロテンを抽出しサプリメントとして摂取すると、逆に膀胱(ぼうこう)がんや肺がん(ただし喫煙者に限る)の発症率が高まることが、複数の研究によって明らかになっている。

リコピンに関しては有害であるという研究結果がないだけまだましかもしれないが、抽出されたリコピンを摂取することで病気を予防したり死亡率を下げたりするということを示した研究はない(リコピン摂取によって悪玉【LDL】コレステロールが減ったという小規模な研究が2007年と2013年に発表されたが、実際に脳梗塞などの病気を予防したという研究結果はない)。

どのような「食品」を食べるのかが重要であり、それに含まれる「成分」にとらわれてはいけないということを教えてくれるよい例である。

「果汁100%のフルーツジュースが健康に良い」という考え方も正しくない。

実はフルーツジュースと加工されていない果物とでは、健康に対する影響が180度異なることがわかっているのだ。

最新の研究によると、フルーツジュースを多く飲んでいる人ほど糖尿病のリスクが高い一方で、果物の摂取量が多い人ほど糖尿病のリスクは低いことが明らかになっている。

果物の中でも、ブルーベリー、ブドウ、リンゴを食べている人では特に糖尿病のリスクが低い。

体重との関係においても、フルーツジュースを飲む人ほど体重が増加している傾向がある一方で、果物を食べている人ほど体重は減少していると報告されている。


「でも、医者や栄養士がそう言っていたのに……」と思う方もいるかもしれない。

専門の資格を持っていると正しいことを発信しているように見えるが、残念ながらそうとは限らない。

医学部ではあまり食事や栄養のことを習わないため、医師は食事に関するきちんとした知識を持っていないことも多い。

2008年に行われた調査の結果、アメリカの医学部のわずか27%でしか最低限(年間25時間)の食事や栄養に関する授業が行われていなかったことが明らかになっている。

アメリカの医学部ですら、食事と栄養のことを十分時間をかけて教えていないことが問題視されているのだが、日本ではもっと遅れていると思われる。

この、科学的根拠に基づいた本当に健康になれる食事を理解しておけば、ちまたにあふれる「最新の研究結果によると……」という枕詞ではじまる玉石混淆な情報に惑わされることもなくなるだろう。

この分野における研究の数は多く、科学的根拠の層が厚いため、1つ2つの「最新の研究」によって結論が覆ることは考えにくいからだ。


数多くの信頼できる研究によって本当に健康に良い(=脳卒中、心筋梗塞、がんなどのリスクを下げる)と現在考えられている食品は、
①魚

②野菜と果物(フルーツジュース、ジャガイモは含まない)

③茶色い炭水化物

④オリーブオイル

⑤ナッツ類の5つである。


逆に、健康に悪いと考えられているのは、
①赤い肉(牛肉や豚肉のこと。鶏肉は含まない。
ハムやソーセージなどの加工肉は特に体に悪い)

②白い炭水化物

③バターなどの飽和脂肪酸の3つである。

このような食事をすることで、脳卒中、心筋梗塞、がんなどの病気を減らし、健康を維持したまま長生きする確率を上げることができる。

注意してほしいのは、私は加工肉、赤い肉、白い炭水化物などは「体に良くない」と説明しているのであって、「食べるべきではない」と主張しているのではないということだ。

甘いものが好きな人にとっては甘いものを食べることで幸せな気持ちになり、幸福度が上がるかもしれない。

そういう人にとっては、甘いものをゼロにすることで健康にはなるけれども人生がまったく楽しくなくなってしまうこともあるだろう。

そのような場合には、幸福度と健康をてんびんにかけて、毎日少量の甘いものを食べるという食事を選択することも合理的な判断だろう。

食事によって得られるメリットとデメリットを十分理解したうえで、何を食べるかを選択すべきだろう。

(転載終わり)

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5314.JPG

「スーパーから帰ってきたらとりあえず食べ物を冷蔵庫へ!」という人もいるかもしれませんが、食材に適した保存方法はものによってそれぞれ。


今回は意外と忘れがちな、冷蔵庫に"入れてはいけないもの"と"入れるべきもの"を紹介していきましょう。

 

冷蔵庫に入れてはいけない食材

まずは冷蔵庫に入れてはいけない食材から。

代表的なのは"イモ類"で、サツマイモや里芋などの基本的に"低温"と"乾燥"が苦手なものばかりです。


中でも"ジャガイモ"には要注意。

農林水産省の公式サイトには、ジャガイモを冷蔵保存するとでんぷんの一部が糖に変わり、その状態のイモを高温で過熱すると焦げやすくなってしまうと掲載されていました。


またそれだけではなく、糖とアミノ酸が反応して"アクリルアミド"という発がん性を持つ化学物質が発生する恐れも。


イモ類は基本的に風通しがよく涼しい場所で保存するようにしましょう。


その他は、たまねぎやしょうが、にんにくなどが冷蔵保存に向かない食材。


またキューピーの野菜サイト「もっと野菜を。もっと食卓に。」によると、一般的に暖かい地域で育った野菜は低温の環境に弱いそうです。


バナナやマンゴーなどのトロピカルフルーツも、冷蔵すると傷みやすくなってしまうので常温で。


またネット上の主婦たちからは、

「土の中で育つ系の野菜は大体冷蔵庫に入れなくても大丈夫じゃない?」

「常温保存する食材でも環境が整ってないと結局腐っちゃったりするから要注意!」

冷蔵ダメってわかっていても、外に出してると虫がよってくるから結局冷蔵庫に入れちゃう」と、いった声が寄せられていました。

 

冷蔵庫に入れるべき食材

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5315.JPG

お次は冷蔵庫に入れるべき食材。

意外なところを挙げると、"お米"が該当します。


お米の専門店「ライスピア米蔵」の公式サイトによると、お米は冷蔵庫の"野菜室"での保存が適しており、酸化する速度を遅らせることが出来るのだとか。


ちなみにお米は空気に触れることでも酸化が進んでしまうので、密閉した容器に入れることも忘れないようにしましょう。


また2017年の8月に放送された「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)では、"常温保存の落とし穴"を特集。"醤油"や"七味唐辛子"も、実は冷蔵保存した方が良いと紹介されました。


その他常温で保存しがちなアルコール類の中にも実は冷蔵保存がおススメなものがあり、白ワインや"開封後"の日本酒は冷蔵庫に入れたほうが良いのだとか。


気温が高い"夏"に比べて、外気が冷たい冬は保存についつい手を抜きがちですが、冷蔵庫の使い方を間違えるとそのうち大変なことになるかも?


(引用終わり)

↑このページのトップへ