月別アーカイブ / 2019年07月

輸血行為が、免疫を低下させ、ガン細胞を増殖させるというのは驚き。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4216.JPG

輸血の42%が、ガン治療で利用されると考えると、恐ろしいことです。

輸血の代わりに水と塩が有効というのも非常に納得できます。

知ってはいけない!?医食住の怖~い話(著・船瀬俊介)より引用。

「輸血と発ガン 輸血すると4.6倍発ガンする!」

◆恐怖の発ガン療法
輸血は、ガンの増殖を加速します。
あるガンは4.6倍も増大しました。
なぜでしょう? 
それは、輸血により免疫力が低下するからです。
輸血による最悪の悲劇は急性ショック死GVHDです。
人体は、そのパニックを避けるため、体に入った〝他人の血″と、おりあいをつけます。
そのため、自らの免疫反応を抑えるのです。
つまり、免疫力を下げて、なんとか、生き延びようとする。
免疫力が下がると、喜ぶのは体内のガン細胞です。
こんどはガン細胞が急増殖をはじめるのです。輸血は、なんと、発ガン療法でした。
この事実にも99%の医師たちは無知です。

そんな、何も知らない医者に、あなたは命を預けているのです。


◆血球は1時間で2~3倍増殖
おそろしいのは、輸血の42%はガン患者に行われているということです。
ガン患者に、"発ガン療法"をなにも知らずに行っているのです。
ガン手術のときでも、かならずといってよいほど輸血します。すると、輸血した患者は、しなかった患者より1.8倍もガンが再発した、という警告もあります。
これまで外科手術で、輸血はあたりまえのように行われてきました。

1リットル出血した。
だから1リットル輸血する。
これが、医学界では常識でした。
しかし、考えてみたら、これは小学生の算数と同じです。
人間を機械的に見てきた近代医学の底抜けの盲点がここにあります。

人間は機械ではありません。
大自然が創造した生命です。
算数の足し算、引き算で考えることは愚かです。
たとえば白血球の一種、顆粒球は出血して失われても、わずか1時間で2~3倍も増殖します。
そして、白血球は赤血球や血小板など、他の血球に変化する。
それは、もはや医学の常識なのです。

◆生理食塩水の点滴でよい
だから、出血しても、水分と塩分を補給すればすむ話です!

結論は、手術中は、生理食塩水を点滴すれば、それでいいのです。 
血潮という言葉があります。
生命は海から生まれました。
だから、人間の血液のミネラルバランスは、海水と同じです。
海の水を約3分の1にうすめる。
すると、血しょうと同じになります。

だから、結論を言えば、輸血ではなく、生理食塩水で水分とミネラルを補給すれば、いいのです。口から飲めるなら点滴すら不要です。

コップの水に塩を溶かして飲ませればいいのです。
しかし、それでは医療利権は儲かりません。

だから、こんなあたりまえの真実を、ひたすら隠し続けてきたのです。


◆輸血が出血を加速する
出血したから輸血する。
すると、さらに出血する……。

この出血の加速は、どうして起こるのでしょう?輸血すると出血が加速される。

その理由は――
〇GVHD:免疫系の混乱で、血液の凝固機能が阻害される。

〇抗凝固剤:輸血するには注射針を通すしかない。

しかし、新鮮血はすぐ凝固して針を詰まらせる。

それを防ぐため薬剤「抗凝固剤」を配合している。

輸血した血が止まりにくいのも当然だ。
〇放射線照射:輸血によるウィルス感染などを防ぐため最大50グレイという強烈放射線を照射して滅菌している。
そのため血球細胞は死んだり、弱体化してしまう。
手術後の予後不良で死亡……。

よく聞きます。
遺族は、ただ涙であきらめる。
それは、輸血性拒絶反応GVHDによって亡くなった可能性が大きいのです。

つまり医療過誤死です。しかし、医者は、自らの失敗を棺桶のなかに葬るのです。

それも、永遠に……。

◆ガンと戦う免疫力が5分の1に
ガン治療に、手術はつきものです。

その手術に、輸血はつきものです。

そして、輸血にガン作用があるとは……!

つまり、ガン手術は、ガン再発を加速するのです。

この驚愕事実を知るガン患者は、日本にほとんどいなかったでしょう。

「ガン患者さんの予後を不良にし、ガンは増殖する」と警鐘を鳴らすのは八木田旭邦医師(『ガン細胞が消えた』 二見書房)。

同医師によれば、その差は歴然としています。

○2年生存率:「輸血しなかった人」100%に対しで「輸血した人」70%。

○5年生存率:「輸血しなかった人」90%に対して「輸血した人」50%。

八木田医師の研究では「輸血しないマウスは、輸血したマウスの4~5倍もガンと戦うNK細胞活性が確認されている」つまり、輸血するとガンと戦う免疫力が4分の1、5分の1に急減するのです。

輸血は、たんなる殺人療法でした。
「輸血するほど死亡率が2倍以上になる」「赤血球輸血を多くするほど明らかに予後は悪化し死亡する」 (カナダ臨床報告)

この衝撃事実も、政府もマスコミも、いっさい表に出しません。


◆無輸血の手術が広まる
「出血多量では死んじゃうんじゃないの?」
とうぜんの疑問です。

かつての医学教科書は、3分の1以上の出血で生命の危険と書いていました。

しかし、最近の医学書は2分の1と書き替えられています。
ある記録では一日に2.5リットル採血後、自転車で帰っていった53歳男性の例が報告されています。

この男性は、水分と塩分が十分補給されただけ。それでも、平気だったのです。

輸血には、忘れてはいけない第3の副作用があります。
それが感染症です。
エイズや肝炎ウィルスの悲劇を忘れてはいけません。世界の良心的な医師たちは、この吸血ビジネスと訣別しています。

「無輸血」手術を行う医師たちが、世界中に増えています。

「二万件を無輸血で手術したが、死亡例はぜロです」 (A・シャドマン医師)

しかし、今日も日本中のどこかで患者が輸血で〝殺されている″ のです。
あなたと、家族を守るため「輸血同意書」にサインをしてはいけません!

その代わりにコップの「水」と「塩」を要求しましょう!

(引用終了)


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3458.JPG

事故での大量出血、手術での出血。

これらの不足した血液を輸血によってまかない、生命を維持していく。

これが、輸血に関する常識だ。

だから、困っている人たちの力になろうと、たくさんの人が献血を行う。しかし、この常識が間違っていたとしたら・・・

今回は、輸血に関する、隠された事実を整理して、輸血が本当に必要なのかどうかを検証してみたい。

血液も、赤血球や白血球などの細胞から成り立っており、他の人体細胞と同じく自己と非自己を認識している。

それゆえ、非自己の細胞が体内に入ると、免疫機能が協調して、非自己である輸血細胞を攻撃する。

もっともこの免疫反応(抗原抗体反応)が激しく重篤な状態になるのは、ABO型の不適合輸血だが、たとえABO型に適合していても、免疫反応の原理は同じで程度の差ということになる。

簡単に言うと臓器移植と拒絶反応の関係と同じである。

そうであるがゆえに、この免疫反応を少しでも抑えようと、輸血用血液は加工される。

そのひとつが、一番免疫反応を起こしやすい白血球(主にリンパ球)を取り除いた血液製剤だ。

しかし、いくら分離しても多少は残るので、強い(最大50グレイ)の放射線照射で白血球を殺している。

しかし、死ぬのは白血球だけではなく、赤血球も部分的に破壊されると同時に、放射化される。

こうなると、血液製剤は、血液の死骸と、放射能汚染された生きた他者の細胞の集まりということになる。

それ以外にも、採取した血液はすぐに凝固してしまうので、それを防ぐため抗凝固剤を配合している。それゆえ輸血した血は止まりにくい。

このような、輸血用血液が体以内に入ると、

①免疫系の戦いと放射能汚染のため、体は疲弊し、ますます免疫力が低下して、がん細胞が増殖する。


②混入した血液の死骸が、肺や腎臓などの毛細血管部に集中し、輸血関連急性肺障害や腎不全を起こす。


③抗凝固剤の混入により輸血するほど出血する。全身は皮下出血で赤黒くなり、臓器内でも出血が始まり多臓器不全を起こす。

などの現象を起こす。

こうなると輸血などとても出来ない。


しかし、大量出血に対しても、手術に対しても、もっとよい方法がある。


それは、海水や生理的食塩水を注入することだ。一見無謀に思われるかもしれないが、医者が、輸血で上記の障害が出たときの対応も、血液製剤から生理的食塩水に切り替えることをやっている。

では、減った血液はどうなるのかという疑問にたいしては、海水や生理的食塩水を注入すると白血球の増加、感染に対する抵抗、急速な活力回復、赤血球の急速再生などの効果が認められている。

つまり、体さえ元気になれば血液は自動的に再生できる機能を、生物は持ち合わせているのだ。

海水療法について


「海水で病気を治す!」信念は、臨床現場で次々と証明されていった。
①チフス→昏睡状態の腸チフスの末期患者に海水を静脈注射すると、患者はみるみる回復し、死の淵から生還した。


②自殺未遂→服毒自殺を図った若者も海水を大量静脈注射で見事回復した。 


③肝硬変→重症の肝硬変患者に「海水療法」を施すと、2週間後に退院できるまでに回復した。


④遺伝病→遺伝病を持つ母親たちに出生前治療として「海水療法」を施すと、遺伝疾患を持って生まれる子はゼロになった。「海水療法」の原理は、体質改善なので適応も驚くほど広い。


⑤小児疾患→コレラ様腸炎、乳幼児中毒症、胃腸病、乳糖不耐症、栄養障害、梅毒、湿疹


⑥成人→肺結核、消化不良、皮膚病、婦人病、精神障害、神経症、急性中毒、筋無力症、うつ病、不眠症、老化、拒食症、貧血症、骨粗そう症

これらは、「海水が、血液の代替になる」ことの証明である。

特筆すべきことは、ロックフェラーの主治医であるホメオパシー医師が「海水療法」を取り入れているということである。

「海水療法」こそ、輸血に代替する究極療法であり、輸血、血液製剤は、近代医療の最大の失敗である。

このような事実が隠されてきた背景は、生理的食塩水では儲けにならないからという理由でしかない。

より良く生きるためには、このあたりの認識の再点検が必要で、多くの人がこれに気付き始め、ネットの普及もあり、それが探索可能な時代になったのだと思う。



(引用終わり)


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3646.JPG
昔は子どもの体温は37度近く、大人は 36.5~36.8度くらいだったのですが、今日では高い人でも36.2~36.3度、ほとんどの人が35度台だそうです。
戦後60年、食生活も随分変わ りましたが、病気もまた随分変わりました。

そして、食生活と病気を結びつけるカギの1つが実は体温にあったのです。

体温が1度下がると 免疫力が37%落ちます。

代謝は12%落ちます。

体温が平熱より1度上がると免疫力は5倍に上がります。

だから病気をすると体温が上がるんです。
体温が下がるのは由々しきことです。

さらに加えて、がん細胞は、35度で一番増殖します。

39.3度になると死にます。がんが増えているのは、体温が低 下したからです。

その証拠として、高い温度を有する心臓や脾臓にはがんは発生しなくて、中が管になっていて冷えやすい臓器(食道・胃・肺・大腸・卵巣・ 子宮等)に発生しやすいのです。

では、なぜこのように日本人は低体温になったのでしょうか?

第一に身体を動かさなくなったこと、
第二に減塩のし過ぎ、
第三に水分の摂り過ぎが上げられます。

高度成長期以降、車や家電製品の普及で身体を動かさなくなりました。
人の体温の4割以上は筋肉で生まれますので、動かないと冷えるのが当然です。
そして、筋肉の7割以上が腰から下にありますので、歩くことの重要性がご理解いただけると思います。

次に減塩のし過ぎについて。
悪い塩(化学合成塩)は減塩どころか摂らない方が良いのですが、自然塩なら身体の要求に応じて しっかり摂る方が望ましいのです。

少し摂り過ぎても汗をかいて出すとか、野菜類を少し多めに摂ればバランスがとれるのです。

塩は、生命活動の根幹をなす栄 養素です。

特に日本人は穀菜食民族ですし、国土の関係から微量ミネラルを塩に依存してきた歴史からいっても、いい塩を摂ることは特に重要です。

水についても、身体が要求しているのならともかく、習慣的に年中冷たい清涼飲料水を飲んでいるのが現状です。

これらは、冷たいだけでなく甘いので益々身体を冷やすのです。
漢方では水分の摂り過ぎを「水毒」と言い、様々な痛み等の原因とされています。

この他にも夏はクーラーで、冬は薄着で冷え、年中ビール、アイス、生野菜、バナナ、パイナップルと身体を冷やし、食べ過ぎ、ストレス、薬の乱用、睡眠不足とこれまた身体を冷やすのに事欠かないのが今日の食生活です。

自然界の動物は、体調が悪い時は食を細くし、体温を上げて自然回復をジッと待つのです。

私たちも熱が出たからといってすぐ解熱剤に頼るのではなく、動物に見習うのも大切なことだと思います。


(引用終わり)

↑このページのトップへ