月別アーカイブ / 2019年07月


肥満症が増えている

最近、「メタボ」、「隠れ肥満」という言葉が流行っています。

肥満の定義に使われているのはボディーマスインデックスBMIです。

これは体重(kg)/身長(m)2で計算されますが、22が正常値で25以上の人が肥満と定義されます。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1453.JPG
さて、平成22年の国民健康・栄養調査によると、わが国における肥満者の割合は男性で30.4%、女性で21.1%です。
どの年代においても肥満者の割合が10年前より増加していますが、特に50歳台の男性では37.3%が肥満です。

わが国をはじめ、先進諸国では過栄養や運動不足を背景に肥満の人が増加してきました。世界中には栄養不足で亡くなる人がいるなかで、皮肉な現象です。

何故肥満症が増えたのか

最近は飽食の時代といわれ、安く美味しい食材が容易に手に入るようになりました。

まずは食生活を考えてみます。

国民栄養調査の結果をみると、近年と50年前では国民1人あたりの1日摂取カロリー量は2000kcal前後で大差ありません。

しかし、脂質の摂取割合が約3倍に増加しているのです。食生活の欧米化が原因の一つです。

一方、自動車や公共交通機関の発達、コンピューター化によるデスクワークの増加によって、運動不足の社会になりました。

前記の国民健康・栄養調査によると、20歳以上で30分以上の運動を週に2回以上行い、これを1年間継続している人の割合は、男性成人の34.8%、女性成人の28.5%だそうです。

やはり運動不足でカロリーを消費しないことも原因です。

肥満になると

肥満者のうち、内臓脂肪の面積が100cm2以上ある人を、内臓脂肪型肥満と判定するのです。

内臓脂肪の面積は、正確にはCTスキャンで測りますが、ウェスト周囲径男性85cm以上、女性90cm以上がその指標になると提唱されています。

内臓に脂肪が蓄積すると、血液中の糖や脂質の代謝異常をきたして、動脈硬化が進行するのです。

この内臓肥満に加えて、高トリグリセリド(低HDLコレステロール)血症、高血糖、高血圧のうち2項目以上があれば、心臓や血管の病気発症に結びつく危険な状態となることがわかり、これをメタボリック症候群とよびます。

メタボリック症候群を放置すると、脂肪代謝の障害によって肝臓に脂肪が蓄積されます。

そして、脂肪肝や糖尿病にも至ります。

また、脂肪からさまざまなホルモンが分泌されて、血管の内壁(内皮細胞)が障害されます。

そして、血の塊(血栓)ができやすい状態になるのです。

ひとたび血栓が形成されると、血管のなかで血液の流れを阻害します。

そして、必要な組織や臓器に十分な血液が供給されなくなり、脳梗塞や心筋梗塞が生じます。

メタボリック症候群も放置するだけでも、恐ろしい結末を向かえることがあるのです。

肥満を防ぐ

肥満の状態を放置すると良いことはありません。

バランスのとれた食材を摂取することを心掛けて下さい。

また、肥満者では情動的ストレスによる食行動異常が目立つといわれています。

「ながら食い」、「いらいら食い」、「むちゃ食い」も禁物です。

規則正しく1日3食とることを心掛けて下さい。


(引用終わり)

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2119.JPG

野菜類

キャベツ・白菜

・葉の巻きがしっかりしていて、重みがある。
・芯の切り口が変色していないか。新鮮なものはみずみずしい。


トマト・ピーマン・じゃがいも

・皮が薄く表面が荒れていないもの。


かぼちゃ

・皮につやがあるか。切り売りのものは、果肉の色が鮮やかなものを。


大根・人参・ごぼう

・育ちすぎると、中身にスが入ることがある。


なす

・ヘタがチクチクしているもの。大きなものは、大味で旨味が少ないことが多い。育ちすぎると、種が堅くなりがち。


きゅうり

・イボがとがっているもの。曲がっていても味や成分は同じ。


かぶ

・表面にツヤがあり、葉の付け根が変色していないもの。


きのこ

・カサが開き過ぎた物は大味
・まつたけは半開き程度が香りも質も良い。
・しめじ、しいたけは肉厚で柄が太く、短いものがおいしい。
・えのきだけは、黄土色に変色していないもの。


魚介類

・色がよく、ツヤがあるもの。
・粘液が出ていないこと。
・えらの内側が、鮮やかな赤色であること。古くなるにつれ灰褐色~黒緑色に。
・ウロコがそろっている。
・皮にキズなどがない。
・体はピンとはって、反り返っている。
・目が濁っていない。
・腹部がしっかりして、指で押すと弾力がある。


切り身魚

・透き通ってツヤがある。
・身がしまって、指で押すと弾力がある。
・血液や肉汁がにじんでいない。
・黒ずんでいない。
・容器に肉汁がたまっていない。


肉類

共通

・容器に肉汁がたまっていない。
・色が変色していない。


牛肉

・鮮やかな赤い色で、ツヤの良いもの。
・黒ずんでいない。
・脂肪の色は白で、赤身と脂身の境目がはっきりしている。
・肉汁がついて脂身が赤くなっていない。


豚肉

・薄いピンク色でツヤの良いもの。肩やもも肉は少し濃いめのピンク。
・古くなると灰色が強くなる。
・色がくすんだり赤みが強すぎると古くなっている。


鶏肉

・皮と脂身に透明感がある。
・肉の色は薄いピンク色でツヤがある。
・古くなると、くすんだり黄色くなってくる。


(転載終わり)


本連載前回記事では、日焼け止めについての基本的な解説をしました。

今回は、日焼け止めの弊害について考えてみたいと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4071.JPG
 前回もウォータープルーフタイプの日焼け止めは、帰宅したらできるだけ早く洗い流すことが大切と述べましたが、日焼け止めの効果が高く、落ちにくいということは、日焼け止め成分が肌に密着しているわけで、日焼け止めを塗っている肌は、皮膚呼吸が正しく行われていません。

また、途中で何度も塗り直せば、皮膚はさらに呼吸できない状態が続きます。

そのことで皮膚の代謝がうまくいかず、肌トラブルの原因になる可能性があります。

 日本で発売されている日焼け止め、売れ筋10商品のうち9商品に使用されている紫外線吸収成分「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」に、環境ホルモン作用があることがわかってきました。

この成分は、女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンや甲状腺ホルモンもかく乱することが示唆されています。

2011年のラットを使った実験では、妊娠中と授乳期での母親への暴露によって、母親と生まれたオスの子どもで、甲状腺ホルモンレベルの減少が確認されています。

オスの子どもの男性ホルモンの量が少なく、前立腺と精巣サイズが小さくなり精子数の減少も確認され、脳の発達への影響も指摘されています。

また、この成分は皮膚から浸透し体内へ吸収されることもわかっており、授乳中の母親を対象にしたスイスでの調査では、母乳の78%から検出されたとのことです。

 甲状腺ホルモンのバランスの乱れは、倦怠感や疲労感、皮膚や髪のハリ・艶を失う、冷え性、便秘なども引き起こす可能性があります。

紫外線吸収成分のパラアミノ安息香酸は皮膚がんを引き起こす可能性が指摘されています。

 また、紫外線吸収剤より人体への影響が小さいといわれている紫外線散乱剤ですが、その主成分である酸化チタンや酸化亜鉛も、WHO(世界保健機関)がその発がん性を指摘しています。

また、東京理科大学のマウス実験では、子どもの脳や精巣に粒子が入り込み、細胞死や生殖機能低下を引き起こすことがわかっています。

■ビタミンDの欠乏を招く

 大阪樟蔭女子大などの研究チームの調査で「20代の女性が週3回以上日焼け止めを使った場合、血中のビタミンD濃度が常に欠乏状態になっていた」ということが明らかになりました。

 ビタミンDは紫外線を浴びることによって体内でつくられ、骨の形成や免疫機能にかかわっています。

不足すると、骨粗しょう症などの発症リスクが高くなります。

厚生労働省によると、骨や健康を保つビタミンDの血中濃度の基準は1ミリリットルあたり20ナノグラム(ナノは10億分の1)以上で、それを下回る場合は欠乏状態とされています。

このことは、紫外線を防ぐオゾン層の破壊が問題となり、皮膚がんやシミ予防のための紫外線対策が普及したこととも関連が深く、1980年代の女性と比較した結果、血中のビタミンD濃度は、通年でかなり低下していたこともわかりました。

 紫外線による皮膚がん発症のリスクもありますが、紫外線を浴びることは最も重要なビタミンD源となります。

ビタミンDは、10種類以上のがん、多発性硬化症、骨粗鬆症、その他多くの重大な病気のリスク低減に関係していることがわかっています。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、成人について1日のビタミンDの摂取目安量として、最低5.5マイクログラム、上限50マイクログラムを推奨しています。

 日本では、かつてはビタミンDが豊富な魚介類の摂取や積極的な日光浴により、ビタミンDは十分供給されていたと考えられます。

それが最近では、乳幼児・妊婦・若年女性・寝たきり高齢者等を中心にビタミンD不足が指摘されています。

 紫外線吸収剤も紫外線散乱剤も、どんどん微粒子化され、肌の奥まで浸透してしまいます。

また、肌の露出が増えれば増えるほど日焼け止めを広範囲に塗ることになるので、全身から経皮吸収され体内に蓄積します。

日焼け止めを食べようとは思わないでしょうが、食べたのと同じように吸収されてしまうのです。

その毒性は計り知れません。

そのほかにも、夏の炎天下で使用することも多いことから、雑菌の繁殖や、変質、日焼け止めを落とすために界面活性剤を大量に含んだ強力なクレンジングの使用による肌へのダメージなども考えられます。


■健康な肌を保つために

 私たちの皮膚は常に生まれ変わっています。通常の日焼けであれば、正常なターンオーバーが促され、健康な肌の状態を保つことができるはずです。

 そこで大切なのは、食生活と睡眠です。野菜中心のバランスの取れた食生活と、十分な睡眠で代謝を促してください。

私たち黄色人種は、白人と比べて皮膚がんに罹るリスクはかなり低いです。

白人のデータを鵜呑みにして日焼け止めを必要以上に塗ることは、上記の弊害も含め、皮膚だけでなく内臓にも、慢性的なダメージを与えてしまいます。

 日焼け止めを必須アイテムと考えるのではなく、塗るメリットとデメリット、塗らないメリットとデメリットを、よく考えてみてください。

 ちなみに、筆者は以前、SPFの高い日焼け止めを毎日せっせと塗っていましたが、今は市販の日焼け止めは一切使わなくなりました。

しかし、無防備というわけではありません。

日焼け止めは使わずにできるだけ紫外線を防ぐ対策をしています。

日中出かけるときは、帽子と日傘は必須ですし、できるだけUVカット加工の長袖の服を羽織るようにしています。

目からも紫外線を入れないように、サングラスも使っています。

帽子はもはや私のコレクションになっていて、その日のファッションによって楽しく使い分けています。

夏の日差しの強い時でも、普段の紫外線対策はこれで十分だと思います。

 私の体感では、紫外線防止効果の高い日焼け止めを使っていたころより、肌は今のほうがかさつきもなくしっとりしていると思います。

 そして紫外線の強い季節は果物・野菜を多めに摂り、肌のターンオーバーを促すビタミン・ミネラルを補給しています。

ビタミンDもしっかり摂れるように、鮭などの魚やきのこ類もしっかり食べるようにしています。

一昔前は「小麦色の肌が健康的」といわれていましたが、今は美白ブームです。

オゾン層の破壊が問題になって以降、紫外線や日焼けのデメリットばかりがクローズアップされているように思います。

 しかし、白い肌を維持していても、「ビタミンD不足で骨粗しょう症になり寝たきり……」といった事態になってしまっては意味がありませんから、日焼け止めはよく考えて使いましょう。


(文=宇多川久美子/薬剤師・栄養学博士)
 

(引用終わり)

↑このページのトップへ