月別アーカイブ / 2019年03月

小学生のときに表現しきれなかった気持ち。

いろいろな人がいるのでしょうが、こんな感覚だったりするのですね。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1566.JPG

不登校の小学生の心理って?元不登校生が伝える3つの心理【一ノ瀬健太さん】

「不登校」という言葉を耳にして、身近な話題だと感じる方は少ないと思います。
確かに、文部科学省が発表した、平成28年度の不登校児童数(小学生)は1千人当たり4.8人、つまり0.5%にも満たない数です。
中学生になると、その比率は約2倍の1千人当たり10.1人になりますが、それでも全体の1%程度です。
不登校のことがよくわからないのも無理もありません。
しかし、不登校経験者の私としては、身近に感じられない問題だからこそ、多くの方に不登校の実情を知っていただくことで偏見を取り払いたいと考えています。
今回のコラムでは、私が不登校になった経緯とその心理についてお話しします。
私が不登校になったきっかけ

私は小学校2年生の2月、ひょんなことから不登校になりました。
ある日のホームルールで、担任の先生から「明日の図工の時間に毛糸を使うから、必ず持ってくるように。」と言われました。
帰宅後、明日の朝までに、毛糸を準備しておいてほしいと母に頼みました。
そして明朝、母に毛糸を出してほしいと伝えると、「ごめん!準備するの忘れてた。友達に借りて。」とのこと。
とても些細なことですが、当時の私はそれが許せず、その日学校に行きませんでした。
以前から学校には行きたくないと思っていたため、この「毛糸事件」に乗じて、次の日も、また次の日も学校に行かず。
結局、そのまま5年間、学校に行けない日々が続きました。
不登校当時、感じていた3つのこと

そもそも、幼稚園児の頃から登園するのが苦痛で、毎朝起きると暗澹たる気持ちになっていたことを思い出します。
当時は「お母さんと離れたくない!」というだけの理由だと思っていましたが、大人になってから当時の思いを整理して、言語化してみると、以下のような思いが入り交ざっていました。

・過剰な自意識
小学生の頃、あなたは毎朝どんな気持ちで学校に通っていたでしょうか。
「昼休みはドッヂボールをしよう!」
「今日の給食はなんだろう。」
などのポジティブな思いや、
「算数の授業が嫌だなぁ。」
「宿題できてないから先生に怒られるなぁ。」
といったネガティブな思いが交錯していたのではないでしょうか。
私もそんな思いを持っていたとは思いますが、最大の関心事は全く別のところにありました。
それは、"自分の姿がみんなからどう見えるのか"ということでした。
極端に言えば、
「学校に行くまでに誰に会って、その友達に会ったらどんな言葉をかけようか…」
「おはようと言えば相手はこう返してくるから、次はこういう話をすれば…」
というような予想で頭がいっぱいでした。
また、自分の言動が相手に対してどのような印象を与えるか、ということが異常に気になっていました。
そのため、常に人の顔色を窺い、相手の表情が変わると強い不安に襲われていました。
その不安と、失言に対する後悔をずるずると引き摺る毎日でした。
そういった毎日を過ごす中で、徐々に疲弊していき、毛糸事件を契機に不登校になりました。
・自分からのプレッシャー
前項の過剰な自意識ともリンクしますが、"こういう自分でないと、周囲に認められない"という思いがありました。
私は元来、all or nothingな性格で、何事も完璧にこなさないと気が済まず、何かうまくできないことがあれば、自分のことを受容できなくなっていました。
親や周囲からのプレッシャーはほとんど無かったように思いますが、自分からのプレッシャーが常に付きまとって離れませんでした。
小学校2年生になると、九九の授業が始まりますが、私はどうしても7の段が覚えられず、苦しい思いをしました。
そんなある日、生徒が一人ずつ立って、九九を発表する機会がありました。
しかし、その時点でもまだ7の段は覚えきれていない…徐々に私の番が近づき、冷や汗が止まりません。
その時、プレッシャーに負けた私は、人生において、最初で最後のカンニングをしました。
机に7の段を書き、それを読み上げたのです。
何ごとも無かったように発表を終えた私ですが、内心、
「こんなこともできないなんて…それだけじゃなく、カンニングまでするなんて、自分は最悪だ。」
という思いがこみ上げてきました。
もちろん、誰にでも自分からのプレッシャーはあります。
しかし、私は幼い頃から、文字通り、胃がキリキリするようなプレッシャーがありました。それも不登校になった一つの要因です。

・失敗に対する恐れ
自分へのプレッシャーは、失敗に対する恐れから来ています。
つまり、「かっこ悪いところを見せたくない」という思いから、自分に過度のプレッシャーを与え、そのプレッシャーが、過剰な自意識に繋がっていたように思います。
この恐れが何に起因しているかはわかりません。
しかし、私が3姉弟の真ん中に生まれ、3つ上の姉と、3つ下の弟がいることが関係しているように思います。
姉には逆らえない中で、弟につらく当たれば、親に怒られる…
そんなジレンマの中で育ち、"怒られないように"生きることが当たり前になっていたのかもしれません。
もちろん、両親のことを責めるつもりは毛頭ありません。
ただ、そういう環境に生まれただけの話です。
さいごに
今回コラムとしてまとめるために、不登校になった心理を3つに分けてみました。
少し乱暴に言い切ってしまえば、私は学校に行くこと自体、向いていなかったのだと思います。
両親の責任でもなく、私の過失でもない。
ただ、今回挙げたような思いを抱いているお子さんは少なくないはずです。
不登校であっても、そうでなくても、子どもと接する上で重要なのは、
"どんな状態でも、存在そのものを受け入れる"
ということです。
月並みな言葉になりますが、人間は何かができるから価値があるのではなく、存在そのものに価値があるという視点に立ってほしい。
そうすれば、不登校に限らず、どんな問題に直面しても、必ず立ち上がれると信じています。
事実、私の両親は私が不登校になっても、常に味方でいてくれました。
「お父さんとお母さんは僕のことを絶対に見捨てない。」という安心感があったからこそ、今の自分があります。


新入社員研修をしていると、「答え探し」をしようとする新入社員が多いことに気づく。グループワークの課題を出すと、自分の意見を出すのではなく、「このワークの落とし所はどこでしょうね」と話し出す。これは、「正解」を求めることを第一とする日本の教育の弊害の1つと言っていい。考え抜いて自分なりの解を出すことができないのは新入社員に限った話ではない。社会人になって10年以上経っている人でも、自分の頭で考え抜けていない人は多くいる。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1470.JPG

(中略)

 変化の時代、答えがない時代ほど、自分の頭で考え、自分なりに方向性を見出し、その方向に向けて、自分自身や周囲の人を導いていく力が求められてくる。上司力を高めるための1つ目は、リーダーシップである。これまで、「答え探し」や「横並び」が正しいと教育されてきた人に対して、いきなりリーダーシップを発揮することが求められるといっても、何をすればいいのか分からない。

(中略)

 私自身、これまで1万人以上の人材育成に携わり、リーダーシップを発揮している人を多く見てきた中で、リーダーシップを発揮することにおいて最も重要なポイントを1つに絞るとすると、それは「志」を持っていることであると言える。

(中略)

 間違わないでいただきたいことは、志を持っているリーダーが「答え」を持っているワケではないということだ。未来を明確に描いているワケでもない。ぶれない軸を持っているがゆえに、周りに人が集まり、一緒に働く人が安心して働くことができるのである。

(中略)

◇まずは自分とチームの目指す姿、ありたい姿を明確化する
幕末でも高度成長期でもあるまいし、「志」なんて古いのではないか? 「志」というものは、一部の人だけが持つもので全員が持つものではないのではないか? そのように感じられる人もいるのではないだろうか。

 私は、今の時代だからこそ、「志」が大切で、誰もが持っているものだと考えている。今の時代は、一言でいえば「多様化」の時代である。高度成長期は、全員が同じ方向を見て、言われたとおりに行動していれば良かった時代である。これからは、自分の人生に対して、誰も明確な方向性を決めてくれない。多様化の時代とは「自分で決めて、自分の目指す方向に進む」時代なのである。

(中略)

 では、どうすれば「志」を持つことができるのだろうか? その一歩は「ありたい姿」を描くことである。自分自身のありたい姿や、チームや職場のありたい姿を描いてみることだ。「ありたい姿」を描くためには、問題と感じていることを洗い出すことから始めるとよい。自分が扱うべき最も重要だと思う問題に焦点を当て、その問題意識に関する理想の姿・状態を「ありたい姿」として考えてみると良い。

 私の場合は、「意志を持たない日本人が増えてきている」という問題意識があるからこそ、「志を持っている社会人が30%を超える世の中」をありたい姿として描いている。

(中略)

◇志なしリーダーの10の行動

逆に志のない人がリーダーであるとどのような行動を取るだろうか? 志の3つの定義を裏返して考えてみると分かりやすい。

(1)原動力がない:自分の価値観がなく、依存的に行動している
(2)利他ではない:社会や周囲のためではなく、自分のためだけに行動している
(3)覚悟がない:日々流されるように生きていて、場当たり的な行動を繰り返す

 上記のようなリーダーの下で働きたいと思うだろうか? このような人がとる代表的な行動を10にまとめてみた。皆さんのリーダーはこの項目にいくつ、当てはまるだろうか?

・自分の評価を気にして、上の指示のいいなりである
・指示内容や、意志決定の基準がコロコロ変わる
・新たな方針は示さず、現状維持を好む
・感動することも悔しがることもなく、淡々と日々を過ごしている
・部下に愚痴をこぼす
・目の前の問題に対処するばかりで、未来のことは何も語らない
・体裁の良いことを言うものの、結局は行動に移さない
・自分の仕事に追われていて、周囲のことに気を配ることができない
・人に対しては勉強しろと言うが、自分自身は勉強もせず、成長をしていない
・できる方法ではなく、できない理由を先に考える

 大切なことは、皆さんの上司を批判することではない。皆さん自身がこのようにならないために、新たな一歩を踏み出すことである。


ガン発生の原因には、食事内容が大きくかかわっているという研究結果が複数出ています。食事以外ではタバコがその原因として大きな位置を占めていますが、その他放射線、ウイルス、アルコールなどがあります。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1465.GIF
あらゆる病気でその発生原因と大きくかかわっているのが活性酸素です。活性酸素は体にさびをもたらすことで知られています。

内容にかかわらず食事をするだけでも活性酸素が発生しますが、食べ物の中には過剰摂取で発ガン性が指摘されている物質も含まれます。比較的多くの食品に使われますが、一部の脂肪酸の過剰摂取は、発ガン性があると指摘されています。

その他、体内に入ると発ガン性を発揮するもの、調理過程で発ガン物質が発生する場合、直接発ガン性を発揮しないが酵素の働きを阻害して活性酸素を消す力を落として発ガン性をもたらすものなど、発ガンメカニズムはさまざまです。

燻製食品の成分の一部には、体内に入ってニトロソアミンという物質に代わり発ガン性を発揮するものがあります。調理過程で発ガン性を発揮するのは、焼き料理です。

焼くと多くの料理は茶色になります。この反応をメイラード反応といいますが、それにより発ガン物質が産生される場合があります。そのため、すでにガンを患っている方は、直接火を使った料理より、水を介して加熱した料理、すなわち蒸し料理、鍋、煮物などをお勧めします。

健康な方でも、キャベツ、ネギ、長ネギ、玉ねぎ、にんにく、しょうが、ブロッコリーなどを使ったスープ、煮物、蒸し料理を摂取するといいでしょう。糖分の過剰摂取は、活性酸素を消去する酵素の働きを阻害し抗酸化力が低下し、より活性酸素の被害を受けます。それによりガンが発生しやすくなります。

抗酸化力の低下はあらゆる疾患の発生と関連するので、それらを上げるためにも日頃から野菜や果物、キノコ類、海藻類を摂取するべきです。

野菜や果物、キノコ類、海藻類には、ビタミンやミネラルはもちろんのことその他の抗酸化成分、ファイトケミカルと言われる有効成分が含まれています。抗ガン作用が指摘されているフコイダンはモズクに、βグルカンはキノコに含まれています。

ガン細胞はミトコンドリアの機能が低下しています。ガン細胞だからミトコンドリア機能が低下したのか、逆にミトコンドリアの機能が低下したからガンが発生したのかはわかりませんが、いずれにしてもミトコンドリアの機能低下はガン以外でも健康を害します。

一酸化窒素やアラキドン酸はミトコンドリアの機能を低下させるものとして知られています。多くの食品に使われているトランス脂肪酸も細胞膜の構造を変え、細胞自体やミトコンドリアの機能、あるいは免疫力を低下させます。

ミトコンドリアは酸素を用いてエネルギーを産生します。そのためミトコンドリアには大量の酸素が必要になります。ミトコンドリアの機能を高めるには、運動やカロリー制限の他、ブドウの皮やピーナッツの薄皮に含まれるレスベラトロールという成分が有効と言われています。

湯船につかることで体中に酸素が行きわたります。シャワー浴より湯船をお勧めします。湯船に入ると主に二つの効果があります。

一つは、前述のように体中に酸素が行きわたる効果、もう一つはヒートショックプロテインという免疫物質が体内にできることです。ある研究では、40℃の20分で湯船に入るとヒートショックプロテインが産生されると言われています。

ガン発生の一番の要因は、免疫力が低下することです。免疫が低下する要因として、野菜や果物に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養素の不足、睡眠不足、水分摂取がなく解毒ができていないこと、不規則な生活や睡眠不足、タバコ、ストレス、運動不足などがあります。

日々の生活で、どのようなライフスタイルをするか、どのようなものを食べるかによって、ガンは発生するようです。いずれにしても、毎日ストレスをかかえず規則正しく健康的な生活をおくることがガン予防の一番の秘訣だと言えます。


↑このページのトップへ