月別アーカイブ / 2018年12月

平成最後の大晦日です。

本年は、「災」。
各地多大な被害に見舞われた方に、
心よりお見舞い申し上げます。

本年も大変お世話になりました。


来年もボチボチですが、引き続き宜しくお願い申し上げます。



どうか素敵な年末年始をお過ごしくださいませ!!

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5617.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5618.PNG
PS.
久しぶりにコメント欄オープン!

お返事は致しかねますので、ご了承くださいませ。


【参考】

今さら聞けない!?年賀状に使われる
「謹賀新年」「賀正」「迎春」の意味

謹賀新年の意味と使い方

「年賀状の賀詞として、最もポピュラーともいえるのが「謹賀新年」です。

なんとなく「新年のあいさつに使う言葉だろう」というイメージはあっても、「謹賀新年」という言葉の意味を理解している人は少ないかもしれません。


「謹賀新年」とは、「謹む(つつしむ)」という言葉を含む賀詞です。

つまり「謹賀新年」の意味は、「謹んで新年を祝う」というものです。

より丁寧に表現すれば、「謹んで新年をおわび申し上げます」といった言葉を表した賀詞です。

では、どのような相手に対して使うのが正しいのでしょうか。

基本的に丁寧な言葉なので、どんな相手に使用しても問題ありませんが、目上の相手である先生や上司、先輩に向けた年賀状に使用するのが最適でしょう。


なお、賀詞には「賀正」「迎春」「新春」のように、2文字の言葉も多くあります。

詳しい意味はのちほど触れますが、こうした2文字の賀詞は目上に対して不適切です。

そういった背景からも、「謹賀新年」の意味を踏まえれば目上への年賀状に使うべき賀詞ということが分かります。

賀正の意味と使い方

次に「賀正」(がせい)の意味について見てみましょう。

この「賀正」とは、「新年(あるいは正月)を祝す」という意味を持ちます。

そう考えると、「謹賀新年」と同じように感じるかもしれません。

しかし「賀正」の意味には、「謹賀新年」の「謹む」といった敬意を表すものが含まれません。

単純に「新年おめでとうございます」といっているのです。


先に述べたとおり、2文字の賀詞であることを含め敬意を省いた言葉ですので、目上に対して用いることは避けましょう。

逆に、目上の人から目下の相手に対して使われる賀詞となります。

迎春の意味と使い方

「迎春」の意味は「新年を迎える」というものです。

つまり年賀状において「迎春」とは、「新年を迎えました」というあいさつになります。


この「迎春」もまた、「賀正」と同じく目上から目下に対し用いるのが適切な賀詞です。

「春」という漢字が含まれますが、まだ冬場である正月に用いて構いません。

あくまで「迎春」の意味は、新年を迎えるうえでの年頭のあいさつを表します。


おわりに

よく年賀状で用いられる、ポピュラーな賀詞について意味を取り上げてきました。

「賀正」「迎春」は、決して目上の相手に対して使わないようにしましょう。

受け取った相手が、もしかしたら不快に感じてしまうかもしれません。

大勢に送る際には同じデザインの年賀状を用いることもありますが、相手に応じて使い分けることを忘れないようにしてください。

「謹賀新年」「賀正」「迎春」の意味を覚えたところで、最後にそのほかの賀詞についても少しご紹介しておきましょう。

まず「新春」の意味は「新しい年」です。

「迎春」と同じく、賀詞において「春」とは「新年」を表します。

年賀状のあいさつとしては、「新しい年です」といった意味合いになり、「賀正」「迎春」と同じく目下に対して用いられる賀詞です。 


そうなると、目上に対して使えるのは「謹賀新年」のみと思われるかもしれませんが、「恭賀新年」という賀詞も、目上に対して用いられる賀詞です。 

「恭賀新年」の意味は、「恭しく新年をお喜び申し上げます」というものです。

「謹賀新年」が「謹んで」だったのに対し、「恭賀新年」は「恭しい」という意味合いが含まれます。

この「恭しい」とは、相手への敬意、あるいは礼儀正しさなどを表す言葉です。

「謹賀新年」と同様に丁寧な表現ですので、目上へ送る年賀状に用いても失礼になりません。

年賀状の賀詞は、自分と送る相手の関係をよく考えて選ぶことが大切です。

特にビジネスの場では、社内外を問わずさまざまな立場の相手に年賀状を送ることとなるでしょう。

不安であれば、「ビジネスでは『謹賀新年』もしくは『恭賀新年』だけ使う」と割り切るのも1つの方法です。

「賀正」「迎春」などは目上に送ると失礼に当たりますが、「謹賀新年」や「恭賀新年」を目下に送っても失礼とはとらえられません。


年賀状は新年の訪れと共に、「昨年はありがとうございました」「新年もよろしくお願いします」といった気持ちを伝える大切なものです。

「謹賀新年」「賀正」「迎春」といった賀詞の意味をしっかり理解し、その気持ちが正しく伝わるよう適切な言葉を選んでください!

 (引用終わり)



今年も終わりが近づきつつあるが、あなたの今年1年はどうだっただろうか?

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5385.JPG
 1年を振り返ることで、来年目指すべきビジョンが明確になり、モチベーション向上にも繋がる。

 そこで今回は、1年を振り返るメリットを紹介していきたいと思う。

なかなか1年という大きな単位で振り返りを行う機会はない。

 そこで、「年末」という一つの節目を振り返りを行うきっかけとして考えてみるのはどうだろうか?

「年末」に仕事内容を振り返り、「新年」の目標を決めておく

 年末に仕事内容を振り返ることで、時系列順に出来事を振り返ることができ、1年の始まりとともに振り返りから立てた目標を心機一転してスタートすることが可能になる。

 また、年末に新年の目標を早々に決めておけば、仕事始めから良いスタートダッシュを切れるはずだ。

 新たな一年における目標も達成しやすくなるだろう。

年末に振り返りたい3つのこと


 1年という長いスパンで振り返るため、短いスパンで実感できないような自分の成長もわかりやすいのではないだろうか。

 自分が1年間でできるようになったことをまとめ、自分の成長を実感するようにしてほしい。

 ビジネスの要素として大切な人脈も年末に振り返りたいことの1つだ。

 どのような人物とどのようなシーンで出会ったのか整理することで、今後のビジネスシーンにも人脈が生きてくると考えられる。

 その場でプロジェクトや仕事の振り返りをすることも重要だが、少し時期をおいた後に振り返ることは、その場では確認することができなかった結果を見ることができる。

 また、他のプロジェクトと比較してどんな結果だったのかを俯瞰することができるため、重要といえるだろう。

振り返りも重要だが、それだけでは十分な効果は得られない。

 振り返りをしたあとに出てきた課題をどうやって改善するのかを明確に示し、目標にする必要があるのだ。

目標は「個人的なもの」と「組織的なもの」の2つに分けて立てる

 「英語をマスターする」であるとか、仕事上のスキルを身につけるというのは、個人的に重要な目標になる。

 個人的な目標は自分自身の成長に繋がる大切なものだ。

 しかし、個人目標だけでなく、組織としてどのように成長したいのかも同時に目標を立てると、自分が組織でどのような仕事をすれば目標に近づくのかが明確にわかる。

 個人目標と組織目標。ぜひ新年に向けて目標を2つに分けて立ててみてほしい。


 1年間を振り返るというのは時間がかかるため、やるのを敬遠してしまう人もいるのではないだろうか。

 今年一年を振り返ることで自分の成長を実感でき、来年のモチベーションをアップさせることに繋がる。

 本記事で紹介した年末で振り返りたいことなどを参考に、年末という節目に1年間を振り返り、新年への目標を決めるようにしてほしい。


(引用終わり)

26年間悩んでいたアトピーが一ヶ月で治った。
一ヶ月後白髪が真っ黒に!
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5384.JPG

など、体内に入るありとあらゆる水に感謝の言葉をかけたら、病気が治ったり、若返ったり・・・。
水にはものすごいエネルギーがあるようです。

リンクより


今回は、小林 正観さんが書かれた書籍「幸も不幸もないんですよ」より、『アトピーが消えた不思議な水の力』のお話を紹介したいと思います。 

アトピー性皮膚炎は西洋医学ではなかなか治り難い疾患の一つだと私は思ってます。

ステロイドを塗ってかゆみを抑えた処で、実は症状は悪化していくようです。
アトピー性皮膚炎を根本的に治癒するなら、食事療法を主体とした自然療法が有力な一つの方法と思っていました。

体内に溜まった毒素が、肝臓や腎臓で処理しきれなくなって、皮膚で出てきたものが皮膚の疾患という捉え方ですから、まず食べ物を本来私たち人間に適したもの切り替えて、体の中からキレイにしなければならないのです。

ところがビックリ!

『私の細胞を正常にして下さってありがとう』と
水は、コーヒーも紅茶も味噌汁も、体に入る水という水すべてに心から感謝を込めてお礼を言い続けたのです。

そうしたら、26歳のお嬢さんが1ヶ月くらいで生まれてから苦しんできたアトピー性皮膚炎が治ってしまったのです。


■アトピーが消えた不思議な水の力

私(小林 正観さん)が49歳のときのこと。
髪の毛が半分白かったのです。
順調に中年のおじさんになりつつありました。

そんなときに、ある人に会いました。講演会のお茶会に、見知らぬ人が参加していました。

見知らぬ人、初対面の人がお茶会に参加すること自体は珍しいことではありません。
ですが、妙に親しげなのです。

「初めてお会いするのですよね」と聞きました。
「何を言っているんですか。○○家の○○子ですよ」と言うのです。

その人は家族ぐるみで、何回も会っている人でした。

「え。そんな顔していましたっけ」と私。
「そうですよね。この顔は初めてですよね」とその人が。
「意味がわかりません。どういうことですか」
「前回まで、ずっとアトピーだったんです。ひどいアトピーで、薬でも温泉治療でも治りませんでした。
死にたいと思ったことが何度あったかも知れません。

でも、つい最近ある人からこう言われたんです。
水分をとるときはその水に向かって言いなさい。

『私の細胞を正常にして下さってありがとう』と。

水は、コーヒーも紅茶も味噌汁も、体に入る水という水すべて。
ほかの治療を全部やめてこれをやることにしました。
そうしたら2週間で膿が止まり、その後2週間でかさぶたが全部はがれました。

つまり、26年間苦しんできたアトピーが、水に話しかけ飲んだだけで治ってしまったんです。

前回までは5ミリのブツブツの間をファンデーションで埋めてから、そこに目や口を描いていましたから、毎回違う顔でした。

今日はすっぴんで、これが本当の顔です」

すごい話で驚きました。
が、それはそれでとても楽しい話です。

私もやってみたい、人体実験してみたいと思いました。
しかし、そのとき、私には不調なところがありません。
自覚できる「治った」「変わった」と言えるようなところはないだろうか、と探しました。

1つだけありました。髪の毛です。

ありとあらゆる水に「若返らせて下さってありがとう」と言いながら飲みました。
1ヶ月後、髪の毛が真っ黒になりました。
以来、私の髪は黒いまま。まったく染めていないのに黒いのです。

三つ目の事例。

完全に100%しらがになっている70歳の人が、この話を聞きました。そして実践。

1年間水に向かって「若返らせてくれてありがとう」と言い続けました。

1年後、半分以上黒髪になりました。

私の知り合いの医者に言わせると、高齢になるとメラニン色素が髪の根元に集まらなくなるのだそうです。
たとえ集まったとしても、集まったメラニン色素を髪の毛の中に送り込むのは、膨大なエネルギーが必要なのだとか。
エネルギーが沢山ある若い人ならともかく、70歳の人が、と驚いていました。

この三つの実例の結果、以下のようなことが推定されるのです。

水はもの凄いエネルギーを秘めているみたいだ。
体の中で私たちの望むように働いてくれるみたいだ。
命令したり威張ったりしてはいけないが、ありがとうや感謝の気持ちが伝わると、よく言うことを聞いてくれるみたいだ。

【出典】幸も不幸もないんですよ 人に、お金に、運に好かれる法則 小林 正観著


↑このページのトップへ