月別アーカイブ / 2018年04月

《年寄りになったからって 賢くなるわけじゃありませんよ。 用心深くなるだけですな。》
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0881.JPG

アーネスト・ヘミングウェイの小説「武器よさらば」の中に出てくるセリフだ。

僕は子供の頃、大人は、なんて物知りで、判断力があって、何でもできるんだろうと思っていた。

しかし、大人になってみると、そんなことはまったくなかった。

未熟な存在だということを思い知ったのだ。

そして今度は、歳を重ねたミドルは、なんて賢明なんだろうと思っていた。

しかし、それも幻想だった。

歳を取ると、人は失敗しなくなるのではなく、上手に失敗を避ける術を身につけていくのだ。

つまり、やれることしかやらなくなる。


省エネモードな生き方を選択するというわけだ。

そこには、失敗もないが、挑戦もない!


挑戦のない人生ほど寂しいものはない。

精神の老いは、挑戦しなくなることから始まると僕は思っている!!



仕事にかぎらず、目標や理想を高いところにおくの

は悪いことではないでしょう。


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0886.JPG

ところが、その目標や理想にこだわりすぎて、

何が何でも100%の完成度でなければならないと思い込むようになると、考え方に悪いクセが
つきつつある証拠です。


とくに、気持ちが滅入ってくると、

知らず知らずのうちに根拠のない理想に縛られて、

自分を追い込んでしまうことがあります。


もうひとつ、仕事の速さに理想を求めすぎている、ということもあります。

たとえば、本来は10日間かけてやるべき仕事なのに……

「これくらいの仕事は、5日でやれないとダメだ」

と思うと、焦ってイライラしたり、辛くなったりします。


すると、問題はオーバーペースであることなのに、

「自分はこの仕事に向かない」と、

方向性まで間違っていたかのように誤解してしまう。


つまり、理想というのは、

あくまで長期的目標であって、

それを短期的目標といっしょにしてしまうと、

自分を追い込んでしまうことになるのです!



とりあえず数日、いや一週間くらいを、
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0870.JPG

意識的に無条件の愛を実践することに費やしてみてほしい。

しかも、人知れずにやってほしい。

自分の中で無条件の愛のことだけを考え、

それを、外へも放出させるようにするのである。


その期間中は、絶対に無条件の愛の実行だけに専念することを固く誓うのだ。

この期間中は、批判的な考えは慎まねばならない。


何もすることがないときは、幸せと愛のことだけを考え、

あなたと関係あるすべてのものに愛情を持って接しなさい。


それどころか、いつでも、どこでも、何にでも、誰にでも愛情を注ぐのだ。


とにかくこの期間中は、

無条件の愛を与える人間になりきるのである。

すべてのものに愛を送るのである!!


↑このページのトップへ