月別アーカイブ / 2018年03月

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0202.JPG
【長い人生が良い人生だとは限らない。

しかし、良い人生は充分に長い】

良い人生とは、納得のいく時間が多かった人生。

不平や不満、不安だとか、名前に「不」のつく感情は、砂時計のように心に降り積もっていきます。

しかし富に至った先人たちは、降り積もる砂を少しでも減らせるように、与えられた時間を、できるだけ自分が納得した選択と行動で埋め尽くせるように努力しました。

その努力のひとつがセルフカウンセリングです。

わたしは何を求めているのか、わたしにとっていちばん大切なものは何か、そのために今、何をしているのか?

その選択は効果的か?

もっと良い方法はないか?

自分に質問し、毎日、自分が納得できるかどうかを確認して生きている。

毎朝、鏡を見ながらする人もいれば、犬の散歩をしながらする人もいます。

バカバカしいと思いますか?

しかし、そうして富を得た者と、努力を笑い、結局貧にあえぐ者、どちらが馬鹿者でしょうか?

【過ちを犯すことは人間らしさであり、後悔をすることは神聖であり、固執することは悪魔のようである】

偉人とは、決して特別な人物ではなく、自分が抱える弱さに対して、どうしたらその弱さに勝てるだろうか、と最大限の努力をして、その弱さに打ち勝つ方法を生涯求め続けた「普通の人」だと思うのです。

人間とは完全な生き物ではありませんよね。

過ちを犯すのも人間、反省できるのも人間。

しかし、そんな人間をいちばんダメにするのは、弱さを認めない姿勢であり、変えられない過去に執着することです!!


(転載終わり)

「成功に必要なことは、なんですか?」と聞かれることがよくあった。



私は、「決めることだ」と答えてきた。

なぜなら「決断することなしには、何も動かない」からだ。

進学、就職、転職、結婚、独立などに関して、「決断をせず」に先延ばしにしていると、ごく目先の安全や安定は得られても、心が躍るような人生にはならないんだ。

もう一度言うよ。「決めると、物事は動き出す」。

「決めるためのスタート時点」では、才能も、お金も、時間も、まったく必要ない。

信じられないかもしれないけれど、「決断した瞬間」に、「その未来は、同時に誕生する」。

「決断した瞬間に、現在と未来を接続する回路が生まれる」と言ってもいい。

その未来が、時間と共に、向こうからキミのいる方に近づいてくるんだ。

逆に「決められないこと」は、キミの人生にやってこない。

もし、世界がそんな風にできていたとするならば、「決めた分だけ、人生はおもしろくなりそう」な感じがしないかな?

だから、仕事、住む場所、結婚相手という大事なことから、レストランのメニューや、遊びに行く場所といった、ごく日常のことまで、これからは、積極的に「決めるクセ」をつけてほしい。

最初は、ただ好奇心を持つだけでもいい。

そして、「やろう!」と「決断」することで、「扉」が開く。

この世にはね、「キミの理解を超える素敵な世界が存在している」んだよ。


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0215.JPG
どんな激しい嵐もいつかやむものだ。

どんなものだってピークのあとは降下する。

山あれば谷あり。

下がりきれば、あとはのぼるしかない。

苦しみだって同じこと。

永遠に続くはずがない。

いつかは終る。

このことをしっかり心にとめておけば、

どんな嵐にも耐えられる。

いつか嵐がやむ。

一夜明けると、太陽が顔を出す。

冬きたりなば春遠からじ。







このことをしっかり心にとめておけば、

どんな嵐にも耐えられる。





↑このページのトップへ