月別アーカイブ / 2017年07月

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5904.JPG

 カリカリ(ドライフード)や缶詰、様々なおやつ。いろいろな猫のエサがありますが、猫の体にとって、何をどれだけ食べるのが一番良いのでしょうか?
 猫の適切な食事内容と食事習慣について、獣医師の三宅先生にうかがいました。

猫のエサの「適正量」とは?

猫のエサは、どのくらいの量を与えるのがちょうど良いのでしょうか?

 現状の体格が適正であれば、与えているフードのパッケージに書かれている分量とカロリーを参考にして与えるのが一番良いですね。

食べることが好きな猫や少食の猫の場合は、分量を調整しても大丈夫ですか?

 与えた量をすぐに食べきってしまい、もっと欲しがったとしても、追加で与える必要はありません。あくまで、適正な量、適正なカロリーを守ってくださいね。

 あまりエサを食べない場合は、より好みをしているだけであれば放っておけば自然に食べますし、食が細いのであれば、エサの種類を変えて食べやすいものを探してあげるのも良いでしょう。

 ただ、単に少食だと思っていたら実は胃腸炎などの病気だった……という場合もあります。あまりにも食べなかったり、下痢をしていたり、痩せてしまったら受診が必要です。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5905.JPG

猫のエサは、1日の摂取カロリーを守って与えましょう。


ドライフードとウェットフードは、どのように使い分ければ良いでしょうか?

 1日の摂取カロリーが守られていれば、どちらでも構いません。ただ、ウェットフードは水分を多く含んでいるので、あまり水を飲まない猫や泌尿器系の病気を持っている猫には良いですね。

 また水分が多いウェットフードは、ボリュームに対してカロリーが低いので、満腹感があります。すぐにお腹が空いてしまう猫には、ウェットフードが向いているかもしれません。

バランスのとれた「総合栄養食」を与えましょう!

ドライフードやウェットフード、おやつも様々な種類が販売されていて、どれをあげようか迷ってしまいます。

 ドライしか食べない猫もいれば、ウェットを好む猫もいます。それは、猫の好みに合わせて構いません。

 気をつけてほしいのは、ドライでもウェットでも、「総合栄養食」を与えることです。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5906.JPG
猫の基本的な食事には「総合栄養食」を選びましょう。


総合栄養食とは、どのようなものですか?

 総合栄養食とは、人間にとっての「定食」のようなもので、そのエサと水だけで猫が健康を維持できるフードのことです。

 総合栄養食を食べていれば、バランスの良い栄養が摂取できます。ドライでもウェットでも、必ずパッケージに記載がありますので、購入する際には確認してください。

総合栄養食の他に、「一般食」と記載されているフードもあります。

 一般食とは、人間にとっての「おかず」のようなもので、これだけでは栄養バランスは取れません。一般食をあげるのであれば、その分のカロリーを総合栄養食から減らす必要がありますので、あげすぎには注意しましょう。

猫の食事は1日4~6回に分けて!

食事を与えた時、食べきれなかったものはすぐに下げたほうがいいですか?

 猫は一度にたくさん食べるというより、チョコチョコ食べて小腹を満たす動物です。
 ドライフードなど、置いても傷まないものであれば、すぐに下げずにそのままにしておいても良いでしょう。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5907.JPG
あればあるだけ食べてしまう猫もいます。小分けにしてあげましょう。

猫の食事は、1日何食でしょうか?

 猫は犬のように1日2食にするよりも1日に必要な摂取カロリーを4~6回に分けて与えるのが良いでしょう。

 食事の回数が少ないと、空腹の時間が長くなりお腹が空き過ぎてしまうので、十分な量を与えても「足りない!」と追加を要求したりします。
 少量ずつ数回に分けて食べていれば常に小腹が満たされているので、食べ過ぎることもありません。

 出せば出すだけ食べてしまう猫の場合は、たとえばボール状で転がすとドライフードが出てくるような容器や、タイマー式の給餌器を使用するなど、食べすぎないような工夫をしましょう。

猫の年齢に応じた食事とは?

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5908.JPG
食欲が無くなったのは、年齢のせいではなく病気かもしれません。

猫の年齢に合わせて、フードの種類を変えたほうが良いでしょうか?

 年齢別フードを与えている飼い主さんは、年齢に合わせて変えていったほうが良いです。一方で、全ての年齢の猫用というフードもあります。

 フードの種類を変えるときは、一気に変えてしまうと食べなかったり、消化不良を起こしてしまうかもしれませんので、少量ずつ混ぜて、徐々に切り替えていくのが良いでしょう。

年をとると、歯が弱くなったりして固いフードが食べられなくなりますか?

 歯で噛み砕いて食べるのを好む猫もいますが、基本的には人とは違い、よく咀嚼して物を食べるわけではありません。だから、仮に歯がなくても食事に影響はありません。
 ただ、ボロボロ食べこぼしてしまい、食べづらくなることはあります。そうなったら、柔らかいものに変えてあげても良いかもしれませんね。

年齢とともに食事の量は減りますか?

 特にそのようなことはありません。もし急に食事の量が減ったら、年齢のせいではなく病気かもしれませんので、注意が必要です。

太りすぎ・痩せすぎは「ボディコンディションスコア」でチェック!

どの程度太ってしまったらダイエットが必要ですか?

 適正体重は骨格によって異なるので、一概には言えません。
 猫にとってベストの体型は、ウエストにくびれがあり、皮下脂肪の下に肋骨が触れて、横から見てお腹がたるんでいない状態です。

 「ボディコンディションスコア」という見た目の指標があり、「3」の状態をキープすることが望ましいです。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5909.JPG
 【出典】
アメリカ動物病院協会(AAHA)栄養評価 犬・猫に関するガイドライン
https://www.aaha.org/public_documents/professional/guidelines/nag_japanese_color.pdf


太り過ぎた場合、ダイエットはどのように行えば良いでしょうか?

 基本的には、今の体重での適正カロリーではなく、「適正体重における適正カロリー」を与えることが重要になります。しかし食事量が急に減ると肝臓に負荷がかかり危険です。
 そのため、かかりつけの獣医さんとよく相談し、食事量や、毎月どれくらいずつ体重を減らすことを目標にするかなどを相談して、無理なくすすめましょう。

多頭飼育の場合、それぞれの食事量を把握するのが難しい場合もあります。

 食べる速度が違って他の猫の分まで食べてしまう、また処方食など猫によって食べるエサの種類が違う場合は、別室でエサを与えるなどの工夫も必要になりますね。

運動量を増やすことも大切ですか?

 そうですね。たとえばキャットタワーの一番上にエサを置くなど、エサを食べるために運動が必要な環境を作っておくと、自然に消費カロリーが増えるでしょう。

エサの手作りは、猫の健康に良い?悪い?

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5910.JPG
手作りのエサだけでは、栄養バランスが偏ってしまいます。

鶏のササミや野菜などを茹でて、エサを手作りする飼い主さんもいらっしゃいますが、栄養バランス的にはどうでしょうか?

 市販の総合栄養食に、トッピング程度に与えるのであれば特に問題はありませんが、猫のエサをすべて手作りするのは、栄養学の知識がある方でないとかなり難しいと思います。

 猫は肉食動物です。私たち人間が食べる「肉」は筋肉の部分ですが、肉食動物にとっての「肉」には内臓や血液も含まれていて、草食動物の胃の内容物や血液などをすべて含めて摂取することで、栄養バランスを保っています。
 それを茹でたササミと野菜で代用するのは、とても難しいことだと思います。 

 添加物や保存料が心配、愛情をかけてあげたい、新鮮なものを食べさせてあげたい、など様々な思いから、手作り食を与えている飼い主さんもいらっしゃると思います。

 そのような場合は、定期的に血液検査を含む健康診断を受けて、健康が維持できているかどうかを確認することも大切だと思います。

人間の食べ物を与えるのはやめましょう!

人間が食事をしていると、猫が食べたがります。どの程度なら与えても良いでしょうか?

 できれば全く与えないでもらうのが理想です。人間にとってみればたった一口、一切れかもしれませんが、体重が人間の1/10~1/20の猫にとっては、かなりの高カロリーです。
 肥満につながりますし、また誤食の危険性も高まります。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5911.JPG

人間の食べ物は、猫の健康にとって有害なものがほとんどです。

「誤食」とはどのようなことでしょうか?

 人間の食卓から食べ物を与えていると、猫は食卓の上のものを食べても良い、と勘違いします。
 人間側は、猫にあげても良いもの、悪いものを理解していますが、猫自身は区別ができず、何でも口にしてしまうのです。

 「猫は自分の体に悪いものを知っているから、自分からは食べないだろう」と思われる方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。美味しそうだと感じたら、たとえ体に毒でも食べてしまいます。
 肥満防止、そして誤食防止のために、猫用のフード以外のものを与えるのはやめましょう。

猫にとって「危険」な食べ物とは?

先日アボカドが犬猫に良くないというニュースを見ました。その他に、特に危険な食べ物はありますか?

 有名なのは、チョコレート、ネギ類ですね。その他にもアルコール、カフェインなどにも注意が必要です。
 また、薬局で売られているような人間用の鎮痛剤の誤飲などもとても危険です。

 その他には、ブドウ、ナッツ類、最近報道されたアボカドなどもありますが、これらに関しては、あくまで「食べた後に症状が起こったケースがあった」ということなので、個体差によるところも多いでしょう。 

 「猫の好物といえば魚」という印象がありますが、煮干などは塩分が強いため、あまり与えすぎないほうがいいでしょう。
 また、マグロなど大型の魚は水銀の含有量も多いため、積極的にマグロばかりを与えるのもおすすめできません。

 日本のような島国や港町など、魚が身近な存在である場所で生きている猫たちは魚を食べますが、そもそも猫は砂漠の生きものだったと言われていて、魚を食べる習慣はなかったと思われます。


_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5912.JPG
猫草を食べるか食べないかは、個体差があります。

野菜類なら大丈夫ですか?

 野菜は尿のpHを変えてしまうことがあるので、尿石症を起こしやすい猫にとっては危険です。

 白米は体に悪いわけではありませんが、炭水化物は本来猫にとって積極的に取る必要はありませんし、 肥満の原因にもなります。

 鉢植えの猫草を食べる猫もいますが、葉っぱを食べたくて食べているというよりは、胃がムカムカしているときなどに吐きやすいために食べている猫が多いです。

食卓にあるもの以外で、誤食すると危ないものはありますか?

 観葉植物には毒性の強いものがありますので、猫を飼う方は部屋の中に置かないほうが良いですね。あじさいやユリ、ポインセチアなども危険です。

虫や鳥を捕まえて食べてしまう猫もいます。

 基本的に、虫は毒があるもの以外はさほど心配する必要はないと思いますが、虫や小動物、鳥などから感染する寄生虫などもいるため、食べてしまうのはできれば避けたいですね。

もし危険なものを誤食してしまったら、どのように対応すればよいですか?

 すぐに動物病院に行ってください。猫に対して、人間のように吐かせたり水を飲ませたりすることは、ご家庭では難しいです。

 症状が出るか出ないかは、個体差があります。たくさん食べても症状が出ない猫もいれば、少量でも重篤になる猫もいます。

 もし9割の猫が大丈夫だったとしても、自分の愛猫が残りの1割になってしまう恐れはあります。 

 夜間の場合は、まずは夜間病院に電話で問い合わせてみましょう。
 猫の食事で一番大切なことは、栄養バランスの取れた総合栄養食を、適正カロリーで与えることです。
 肥満は万病の元。可愛いから、欲しがるからとおやつや人間の食べ物を与えてしまうと、結果的に愛猫を苦しめることになってしまうのです。

 大切な猫の健康を守るためにも、バランスの取れた、適量の食事を心がけてくださいね。

(引用終わり)

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5790.JPG
生きている者は死の恐怖から逃れられない。

 人は太古の昔から死に強い関心を払い、儀式を執り行なったり、"あの世"を理解しようとあれこれイメージを膨らませたりしてきた。

 死は人類に残された最後の謎であり、いかに科学が発達しようとも、そのほとんどは謎に包まれている。
なぜなら死者が生き返ることはほとんどないからだ。

 だが臨死体験をしたという人は少なからずいる。
海外掲示板redditに「死ぬってどんな感じ?」という答えようのない質問が投稿され、臨死体験をした人たちが回答してくれた。
彼らからの返答は大きく異なっている。


1. 本を読むような感じ

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5791.JPG
 5年前、monitormonkeyさんは大手術の最中に出血し臨死体験をした。


宇宙みたいなところで目が覚めた。
星や光は見えない。浮いているわけじゃなくて、ただそこにいたんだ。暑くも寒くもなかった。

どちらでもなく、ただ穏やかって感じだ。
近くに光と愛があることは分かっていたんだけど、すぐ行きたいっていう衝動も必要性も感じなかった。

これまでの人生のことを思い出していたんだけど、モンタージュのような感じではない。
どっちかっていうと、本や日記の断片を何となくめくっているような感じかな。

いずれにせよ、この経験で多少考えが変わったよ。 
まだ死ぬのは怖いけど、死んだらどうなるかって心配はなくなった。

2. 大切な人に会った

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5792.JPG
 Schneidah7さんは80キロで走行中のバイクから放り出された。
病院に搬送されたとき、臨床的には死んでいた。
救急車が来るまで道路に倒れていたが、その間誰かが励ましてくれたことを覚えている。

路肩に誰かがいて、周りがゆっくりと暗く静かになっていったのを覚えている。
意識を失わなかったのは、誰かが叫んでいる声がしたからだ。

『しっかりしろ、このバカたれが! 頑張れ、寝るんじゃない!』ってね。
で、誰かがヘルメットを叩くんだ。目を開けるとすぐ側にアニキがしゃがんでいたんだ。
数年前、薬のやりすぎで死んだはずのアニキが。

彼が腕時計をチラッと見て、『もう来るぞ』とかそんなことを言って、どこかへ行ってしまった。
もっと詳しく話せるといいんだけど、あまり覚えていないんだよ。 
事故の後遺症で今も記憶が飛んだままなんだ。

3. 庭とメリーゴーランドと子ども

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5793.JPG
多くの臨死体験者が死を無であると説明してるが、アレルギー性反応で心臓が止まってしまったIDiedForABitさんの体験は大きく異なっていた。


「後ろ側にすごくゆっくりと吸い込まれるような感じだった。
水の中を引っ張られるような感覚で、ゆっくりと暗くなったり明るくなったりした。

ふと気づくと庭を見つめていた。
花が咲き乱れるということはなく、ただ土にところどころ草が生えていた。
真ん中にはメリーゴーランドがあって、その周りを子供2人が走っていた。男の子と女の子だ。

うまく言えないけど、そこに残りたいか、帰りたいか選べるような気がした。
でも戻ろうとしても帰れないんだ。
帰りたい理由をいろいろ考えた。
で、お母さんを放っておけないんだと言ったら、ようやく解放された。
パッと体に戻った。6分間心臓が止まっていたそうだ。


4. スヌーズボタンを押す

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5794.JPG
 10代の頃、化学療法を受けていたTheDeadManWalksさんは手に負えないほどの鼻血が出て止まらなくなった

 敗血症とクロストリジウム・ディフィシレの感染で容態は悪化し、臨死体験をした。
そのときのことを彼は美しく描写している。

思い出してみて何より最悪なことは、その甘い誘惑だ。
朝7時に目覚ましのスヌーズボタンを押したくなるような感じだね。
みんな、一度や二度は押すよね。
で、仕事や学校に行かなきゃって思い出すんだ、寝てる場合じゃないって。


5. ジョークの連発だった?

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5795.JPG
 altburger69さんは臨死体験中にもジョークを言える余裕があったようだ。
 
昨年、心臓発作を起こして、救急治療室で心臓が3度も止まったんだ。
で、医師たちが電気ショックで自分を目覚めさせる(こう感じた)たびに、ノックノック、フーズゼア?(「トントン、どなたですか?」ではじまるジョーク)を言ってやったよ。
光も何もない。ただ寝ているような感じだった。

6. 「無」そのものだった

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5796.JPG
バイクで事故ったRullknufさんは心臓が止まり、痙攣を起こした。
2分後、友人がどうにか蘇生してくれた。


ただ意識がなくなっただけだ。
夢を見ることもないし、何かが見えることもない。
ただの無だ。10回以上もどうなったのか聞いたし、絶対に今生きていることを感謝すべきだね。


(引用終わり)


_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5903.JPG

 猫は、便秘になりやすい動物です。人間は市販の便秘薬を服用したり、マッサージや運動をして便秘を改善しますが、猫の場合はどのようにすれば良いのでしょうか?
 猫の便秘の原因や、家庭でできる改善方法について、獣医師の三宅先生にうかがいました。


猫は便秘になりやすい動物

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5898.JPG
便が出ないだけでなく、固くて小さい便しか出ない状態でも「便秘」です。


猫の場合、何日くらい便が出ないと「便秘」なのでしょうか?

 本来排泄されるべき便が、お腹の中に残っている状態が「便秘」です。
 丸2日便が出ていなければ便秘だと言えますが、たとえば便が出ていても硬くて小さいポロポロしたものであれば、それもまた便秘ですね。

猫が便秘になる原因は、何なのでしょうか?

 猫の便秘原因は、様々です。まずは食事が合っていないことが考えられますが、その他にも水分不足や、うまく吐き出せなかった毛玉が影響していることもあります。また年を取って筋肉が落ちたり、消化管の運動が鈍くなったりして便秘になることもあります。

猫は、便秘をしやすい動物なのでしょうか?

 そうですね、猫は基本的に便秘になりやすい動物だと言えます。あまり水を飲まないことや、毛づくろいにより毛を飲み込みやすいことが関連しているのではないでしょうか。

人間の場合、女性のほうが便秘になりやすいと言いますが、猫の場合もそうですか?

猫の場合は、便秘になりやすさに性差はありません。


_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5899.JPG
こまめにブラッシングをしておけば、飲み込む毛の量が減ります。




長毛種・短毛種など、種類によって便秘になりやすいということはありますか?

 種類によっての違いはありませんが、長毛種のほうが飲み込む毛の量が多いので、それが便秘の原因になりやすいということはあります。
 毎日ブラッシングして抜け毛を減らすことは、皮膚の清潔さを保つためだけでなく、毛の飲み込み防止にも必要なお世話です。


まずは食事の改善から! 

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5900.JPG
フードの変更が原因で便秘になるケースもあります。


便秘になってしまったら、飼い主さんはどのように対応すれば良いでしょうか?

 まずは、食事の見直しです。もし最近フードの種類を変更したのであれば、便秘になる前の体調が良かった頃に食べていたものに戻してみましょう。
 猫の飼い主さんの中には、頻繁にフードの種類を変更する方もいらっしゃいますが、体調を崩したら一つ前のフードに戻して様子を見るのが、基本的な対応になります。

よく「便秘には食物繊維」と言いますが、猫に対してもそうでしょうか?

 通常の食事に加えて、かぼちゃやさつまいもなどを茹でてペースト状にし、それを少しだけ総合栄養食に混ぜてあげると、食物繊維を補うことができます。
 ただ、食物繊維を摂りすぎても便秘になってしまいますので、ほんの少し加える程度で良いと思います。
 また総合栄養食そのものを、食物繊維が多い療法食に変更する方法もあります。


_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5901.JPG

猫が「猫草」を食べる理由は、よくわかっていません。


「猫草」を食べることは、食物繊維を摂るのに役立ちますか?

 猫は肉食動物なので、植物をそのまま食べても消化・吸収できません。
 猫草は、猫の栄養にとって特に必要なものではないんですよ。なぜ猫が猫草を食べるのか、理由はハッキリわかっていません。おそらく胃がムカムカしているときに吐きやすくするために食べているのかもしれませんね。

人間同様に、運動やお腹のマッサージも効果がありますか?

 もちろん、できるのであればやったほうが良いですね。ただ、マッサージを好まない猫も多いので、無理にやる必要はありません。

水をあまり飲まない猫は、どのように水分を摂らせたら良いでしょうか?

 食事をウェットフードに変更して、食事から水分を摂るのが良いですね。
 子猫のときはドライフードを熱湯でふやかしたものを冷まして与えますが、食べにくいので成猫はあまり好まないかもしれません。
 猫の好みによりますが、肉の茹で汁などを好むようでしたら、食事に混ぜてあげるのも良いでしょう。

牛乳などを与えるのはどうでしょうか?

 牛乳は下痢をしやすいので、あげるのであれば猫用ミルクか、ヤギミルクにしてください。

人間の浣腸剤などを猫に使っても良いでしょうか?

 それはやめてください。たとえ赤ちゃん用のものであっても、人間用の薬を獣医師の許可なく使用するのは、危険なので絶対にやめてください。

便秘が2日以上続いたら受診を!

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5902.JPG
トイレの環境そのものが、便秘の原因になっていることもあります。



猫用トイレの環境で、気をつけるべきことはありますか?

 トイレは、猫が落ち着ける場所に設置するのが基本です。便秘をしているからと言って、特に場所を変更する必要はありません。
 またトイレが汚れていることを嫌がって排泄を我慢してしまい、その結果便秘になることもあります。特に多頭飼育の場合は、トイレは「猫の数プラス1つ」を用意するようにしましょう。

 猫のトイレ環境については、「猫のトイレを置くべき場所と数。失敗の原因から正しいしつけまで」もあわせてご覧ください。



 

便秘状態が何日くらい続いたら受診すべきでしょうか?

 食事内容を見直してみて、それでも2日間便秘状態が続いたら、受診をしたほうが良いでしょう。

単なる便秘だと思っていたら他の病気の症状だった、ということもあるのでしょうか?

 あります。たとえば、肛門や腸に炎症などがあり排便時に痛みがある、神経に問題があり排便のコントロールができなかったりふんばる力が入らない、異物誤飲や腫瘍など通過傷害を起こす原因がある、これらは全て便秘の原因になり得ます。
 その判断をするためにも、まずは受診して獣医さんに相談してください。

便秘の治療は、どのようなことを行うのでしょうか?

 脱水が原因で便秘になっているのであれば、まずは脱水の治療をします。食事の内容が適切でない場合は療法食を処方したり、便を柔らかくする薬を飲ませることもあります。
 状態がひどいときは、下剤を使ったり、直腸に手を入れて便を取り出す「摘便」を行うこともあります。

 便秘が続くと、食欲が落ちてグッタリすることがあります。また、いきんでも便が出ない状態は、猫にとっても辛いものです。食事を改善しても便秘が続くようでしたら、早目の受診をおすすめします。

(引用終わり)

↑このページのトップへ