「食に関する誤った情報や古い知識があまりにも多く氾濫し、それを信じて逆に健康を害している人がたくさんいる」ことを指摘し、エビデンスの質を見極めることで、誤った情報や嘘情報にダマされない術をお伝えした。

しかし、嘘情報を嘘だと認めない人、間違った食習慣だと判明しても、「長年の習慣だから」と頑なに認めない人がいる。

今回は『医者が教える食事術2 実践バイブル』の中から、「思い込み」が招く弊害と、思い込みの代表例である「日本人には米が合う」の真実について紹介する。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5721.JPG

米食を否定すると日本人はなぜ感情的になるのか⁈
簡単には変わらない私たちの思い込み。

 食については真偽を確認しづらい情報が飛び交っており、それらをどう解釈するかについても自己責任で臨まねばなりません。

でも、その解釈の仕方にも問題があります。

 テレビで「○○は体にいい」という情報が流れれば、すぐに踊らされてしまう消費者の在り方は問題です。

そうした「新しいもの好き」な面がある一方で、一度誤った思い込みに支配されると、なかなかそこから抜け出すことができません。

 私は『医者が教える食事術 最強の教科書』『医者が教える食事術2 実践バイブル』では、最新のエビデンスと生化学に裏付けされた、正しい食事術を詳しく丁寧に紹介しています。

でも、消費者自身が間違った思い込みから抜け出せずにいることも、正しい食事を実践する上で大きなネックになっているように思えます。

 私たち人間の思考にはバイアスがかかっており、どうしても「自分の信じていることが正しい」という思いに引きずられます。

誰だって、「それまで信じていたことが間違いだった」と知るのはつらいものです。

 肥満や糖尿病をはじめとする生活習慣病の原因について、「悪いのは脂肪ではなく白米などの炭水化物だ」と説明すると、非常に感情的な反応を示す人がいるのも、それが理由でしょう。

「日本人には米食が合っている」
「肉や脂はなるべく食べないほうがいい」

 このように信じてきた人たちにとって、「それはまったく逆だった」と言われても、なかなか受け入れがたいのだと思います。

 しかし、本当に健康にいい食事を摂ろうと考えるなら、そういう思考からは自由になるべきです。

間違っていたやり方はとっとと捨て、真に信頼おける情報を選び、健康にいいものを食べるよう、一日も早く舵を取るのが知的な姿でしょう。


ご飯をたくさん食べる村は短命!
昔から変わらない日本全国の健康分布、

 白米の食べ過ぎが短命につながることは、昔も今も変わっていません!!

 1972年に『日本の長寿村・短命村』(サンロード)という本が刊行されました。

著者の近藤正二医学博士が1935年から36年もかけて日本中を歩いて、長寿の村や短命の村の生活様式を調べた結果をまとめたものです。

 近藤博士が大きなリュックを担いで険しい山道を上り下りしながら990もの町村を訪ね、しばらく滞在して自分の目で確かめるという方法で導き出された結論の1つが「ご飯をたくさん食べている村は短命だ」というものでした。

 糖質制限という言葉が認知されつつある今日ならまだしも、当時としては画期的なことと言えます。

 でも、その研究結果について、たいていの専門家は「ご飯ではなく、おかずとして食べている塩辛い漬物などが悪いのだ」と一蹴したのではないかと思います。

当時は、塩分の過剰摂取で高血圧になり、脳卒中で亡くなる人がたくさんいましたから。

 一方で、「ご飯を食べ過ぎるとどうなるか」について、それまでほとんどの人たちは考えてきませんでした。


 しかし、今ははっきりわかっています!!

ご飯をたくさん食べれば、

血液中にブドウ糖が溢れ、つまりは血糖値が高くなり、健康を著しく害します。

中国は1億人超!
糖尿病患者激増は糖質の摂りすぎの代償。

 2012年に世界的に有名な医学誌『BMJ』に公開された、ハーバード大学の研究チームによるデータ分析によれば、白いご飯はとくに2型糖尿病のリスクを高めることがわかっています。

玄米と比較して、白米にはマグネシウムや食物繊維も少ないことが、その原因ではないかと考えられます。

 しかも、同じ量の白米を食べても、その危険性は欧米人よりもアジア人のほうが高いということがわかりました。

白米をたくさん食べる人は、そうでない人に比べ、アジア人ではは1.55倍、欧米人では1.12倍の割合で糖尿病になりやすいという結果が出たのです。

 2017年の『Diabetes Care』に中国人の食生活の変化と糖尿病の激増についての研究結果が発表されました。

 中国には今、1億人を超える糖尿病患者がいます。

その原因について、

1位は肥満、3位は運動不足ですが、2位は全粒穀物摂取が少ないこと!

4位が精製穀物摂取が多いこととなっています。

中国人は、日本人以上に白いご飯が大好きですし、餃子や饅頭の皮、麺類も白い小麦粉でつくられたものを多食しています。

その結果が、1億人の糖尿病患者をつくりだしていると思われます。


 もっとも、人口を考えたら日本でも同じことが起きていると言えます。

私が医者になった頃(40年前)、日本の糖尿病患者は80万人くらいでした。

リウマチ患者とほぼ同じ数字で、高血圧と比べたら、ひどくマイナーな病気でした。ところが、今は1000万人です。


 いかがでしょうか?

白米はご先祖様も食べていた日本人のソウルフードだから、積極的に食べて大丈夫」などと思い込んでいたら、

今日からリセットしてください!!

(引用終わり)