生きているかぎり、人間は必ず解決しなければならない問題に直面します。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5248.JPG

「天は雨を雑草の上にも、稲の上にも降らす。天に人心はないからだ」と二宮尊徳はいいました。

そして、この雑草を除き、稲が育つように手を貸すのが人道である、といいました。

つまり、人生においては、除かねばならぬ雑草すなわち問題が、次から次へと生じてくるものなのです。

成功者はエネルギッシュに、その問題に取り組んで行きます。

しかし、失敗者は、「なぜ雨は雑草の上に降るのだろう」と天を恨めしく思うのです。

人間で問題を抱いていないものはいません。

もしいるとすれば、それは墓場に眠っている死者だけです。

死者は問題を一つもかかえてはいません。

これはつまり、問題をかかえていることが、生きていることの証しだということなのです。

とすれば、より多くの問題をかかえている者は、より強力に生きている人間であるという考え方もできるのではありませんか⁈

問題に対し、その対応策をさまざまにめぐらし、その解決をはかるということは、問題について悩んでいるということとは異なるのです。

私たちは、問題だらけの自分の人生について、愚痴をたれたりしてはなりません。

もしそのようなことをすれば、ツキはただちに自分の身から逃げていってしまうでしょう。


(引用終わり)