化学物質は体内でイオン化され、体外への排出を逃れて体内に蓄積し、「イオン化された化学物質」が半永久的に「活性酸素」を生み出し続けるため、こうして体内に大量に発生し続ける「活性酸素」によって DNA が損傷し、癌が生み出される。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9871.JPG


癌の原因と考えられている化学物質を排出する「デトックス」の紹介です。


リンクより

デトックスで体内毒素を浄化
○「デトックスと食事・・キレート」  
体内の有害物質を包み込んで吸収させなくする食材、有害物質の無害化を助ける食材、そして、有害物質の体外への排出を促す食材です。
これらの食材をバランスよく取ることで、体内に入った毒素から、体を守ることが可能になるのです。

それぞれのタイプ別に、主な食材を細介していきましょう。

第1のタイプ、
体内の有害金属と結合して吸収させをくする食材でポイントになるのが、「キレート作用」という働きです。キレートとは、ギリシャ語で「カニのハサミ」を意味します。
キレート成分は、カニがハサミで獲物を捕獲するように、有害金属をしっかり包み込んで結合します。
そして、キレート結合した有宴金属は、体内で吸収されることなく、そのまま尿や便などとともに体外へ排出されるのです。

キレート作用を持つ成分はいくつかありますが、その代表格がイオウ化合物です。

ネギやニラ・ニンニク・タマネギなどに、におい成分として含まれています。
イオウ化合物には、水銀や鉛などの有害金属だけを選んで結合する性質があり、鉄や亜鉛など、体に必要な微量金属は体にとどめたまま、有害金属だけを排出することができます。

また、メカニズムほ不明ですが、 コリアンダー(香菜)にも、水銀・ヒ素・鉛・カドミウムなど有害金属を 排出する作用のあることが確認されています。

ニンニクやネギ・コリア ンダーなどは、味付けのアクセントとして毎日しつかり取りたいものです。 


○「デトックスと食事・・野菜」  
アルファデトックス有害物質の無害化を助ける食材としては、ブロッコリーやカリフラワー・キャベツ・大根など、アブラナ科の野菜があります。

これらの野菜には、イソナオシアネートという成分が含まれており、この成分が、肝臓における解毒作用(有害物質を無毒化する働き)を高めるのです。

また、必須ミネラルの一つのセレニウムには、有害金属を無毒化する作用があります。

セレニウムは、ニンニク・ネギやタマネギ・海藻などに多く含まれています。

イソテオシアネートとセレニウムには、活性牽素に対抗する抗酸化作用もあり草す。

食品添加物などに よって過剰になった活性酸素は、細胞組織を傷つけますが、その筈を防ぐのにも有効をわけです。


○「デトックスと食事・・食物繊維」  
BE-MAX デトックス有害物質の体外への排出を促す食材は、リンゴやゴボウ・海藻類・キノコ類などです。

これらの食材には、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には、腸の中で有害物質を吸着し、便といっしょに排出する働きがあります。

デトックス食材は、大きく分けて、3つに分類されます。

1つは、体内毒素を取り込んで悪さを封じ込めてくれる食材。香味野菜に含まれる硫化アリルや、豚肉などに含まれるメチオニン、シスチンなどです。

2つめは、魚介類や緑黄色野菜に含まれる亜鉛やセレンです。これらは毒を取り込む働きを促進し、アシストしてくれるので、合わせてとりたいもの。

そして、忘れてならないのが、毒素を体外にしっかり排出させてくれる食物繊維。

毒を排出し、腸をきれいに保ってくれます。「毒をひっつけて」「スムーズに排出」。 このプロセスが、食事での体内浄化の2大ポイントです。


○「ファスティング」   
ファスティングファスティングとは、日本語では「断食」と訳されますが、環境中に存在する化学物質と毒物から体を遠ざけることを本来の目的としています。

しかし一般的な断食とは異なり、半日~3日間通常の食事をストップし、その代わりにビタミン・ミネラルを豊富に含んだ発酵野菜ジュースで、必須栄養素を補うという一種のダイエット法です。 

このファスティングは、単に痩せることだけが目的ではなく、体内に必要なものは残したまま、蓄積された有害物質や老廃物を排出し、その上余分な脂肪も燃やし、血液の循環をよくするという革命的なダイエット法なのです。



(引用終わり)