人の弱点に不用意にふれないこと。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4720.JPG

これは人と人との関係で心しておきたいことだ。

人は誰でもウィークポイントを持っている。

劣等感もある。

恥ずかしい過去や、ふれられたくない部分もある。

しばらくつきあっているうちに、

どんなことに弱みがあるのか、わかってくるだろう。

ここがわからない人は、

残念ながら人との関係がうまくいかない。

知らずにふれてしまうこともあるが、

わかってきたらなるべくふれないようにするのが思いやりだ。

人の弱みを知ると、わざわざそこをちくちくと責める人をたまにみかけるが、

これほど品位のないこともない。

見ていて気分が悪くなる。

また、人が劣等感を持つ部分を「鍛えてやろう」といわんばかりの態度で、

わざと人前で取り上げる人もいる。

よほど人を指導する力を持った人ならともかく、

たいていは、体のいい「いじめ」ではないか。

「あぁ、この人はこういうことにイヤな思い出があるのだな」と

気づけば、その人といっしょにいるときには、その話題を避ける。

知らない人がそちらの話題へ持っていきそうになったら、

さりげなく話題を転換する。

そういう思いやりを持ちたい。


(転載終わり)