中高年の方の食養相談に乗っていて、「牛乳」に対する錯覚(牛乳は、飲めば飲むほど健康によい)がひどく、これは健康上、憂々しきことですので今回はこの問題について書きます。

この錯覚はどこから来たのか。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3974.JPG
戦後のアメリカの占領政策(日本にパン食を定着させてアメリカの小麦を売りたい)に端を発しています。

パン食に味噌汁は合いませんので必然的にパンには牛乳ということになります。

また、「牛乳は完全食品だから健康によい」と学校給食に取り入れられたり、保健所・医師がこぞって勧めるに到ってからは、日本人は、「牛乳=カルシウム(完全食品)=骨(健康)」という公式がマインドコントロールされてしまったのです。


結論からいってこれは正しくない。


宮崎大学教授、島田彰夫氏はいう。

「牛乳は栄養価の高い?完全食品?とよくいわれますが、それは間違いですね。

子牛にとっては完全食品でも、離乳期を過ぎた大人の日本人には一切の乳製品は不要です。」


確かに、牛乳は子牛(生まれた時約50kg)がわずか2~3年で成牛(400~1000kg)になるのに必要な完全栄養食品です。


この牛にとって完全食品を人が摂るとどうなるか?


一言でいうと、「早熟」と「早老」をもたらす。

体は早く大きくなるが様々な病気にかかりやすくなるのです。

具体的にいうと、牛乳に含まれる乳糖は、ラクターゼという分解酵素によって分解されるのですが、このラクターゼが日本人を含むアジア人、アフリカ人などの場合、離乳期以降は分泌されなくなるのです。


「分解酵素がないのに牛乳を飲み続けるとどうなるか。

乳類に含まれているカルシウムが吸収できないだけでなく、他の食品から摂取したカルシウムを体外へ排せつしてしまうというデータがすでに1960年代に報告されています。」(島田教授)


つまり、骨を強くしようとして飲んだ牛乳が逆効果になるというのです。


これには牛乳に多く含まれているリン(母乳の6倍)が深くかかわっているといいます。


リンは食品の酸性度を示す指標になっているくらいですから、アルカリの指標となっているカルシウムを奪い骨を弱めることは容易に理解できるところです。


日本綜合医学会永世会長の沼田勇博士は別の視点から牛乳と骨の関係について説明します。

「牛乳はビタミンCを弱める。

ビタミンCは骨を健康に保つコラーゲンの合成に不可欠。従って牛乳は骨を弱めるのです。」

実際、世界一牛乳を飲んでいるノルウェーの骨折率は日本の5倍といわれています。


次に牛乳に含まれる脂肪の質が問題です。

牛乳の脂肪は、ほとんどが飽和脂肪酸(コレステロールを増やす)であり、これが動脈硬化、心臓病、脳卒中等の原因になりやすくなります。 


他にも牛乳は、白内障、糖尿病、鉄欠乏性貧血、視力低下、虫歯(歯並び)、自閉症などと深い関係があることが発表されています。


国際自然医学会会長、森下敬一博士は、「牛乳は腸(血)を汚しガンをつくる」といっています。


食育講演をやらせていただく時、毎回一番驚かれるのが牛乳の話題です。 

牛乳は体にいいと思っている人はまだまだたくさんいますね。 

私は、娘に小学校・中学校とも学校給食の牛乳を飲ませていなく、娘も友達に牛乳の不必要さを話しているようです。


【牛乳神話】

「牛乳はカルシュームが多く、健康によい」という常識は、どうやら捏造された幻想価値にすぎない可能性が大きいようです。

牛乳の蛋白は胃腸に非常に負担をかけるうえに、消化管でスムーズに処理されず、いろいろな毒素をだし、血液を汚していく。

特に、牛乳の蛋白質カゼインは、粒子が小さいので、腸の機能が弱っている時には、腸壁を素通りして、血液の中に入っていく。

→異質の蛋白質を摂り入れたためアレルギー反応が起こる。

(日本でアレルギー疾患、小児喘息、慢性湿疹が増えている原因として「除草剤の影響」と「牛乳の摂り過ぎ」が考えられる。)


牛乳に含まれるカルシウムは仔牛向けなので、分子が大きく人間には吸収しにくい。


●牛乳にはリンがたくさん含まれるため、骨のカルシウムは溶け出し、それまで体内にあった同量のカルシウムと結びついて、リン酸カルシウムとなって体外に排泄される→

牛乳を飲めば飲むほど体内のカルシウムが減少していく。

アメリカで骨粗鬆症が多いのは牛乳の摂り過ぎからだと考えられる。また牛乳の飲み過ぎによりカルシウムが奪われ虫歯になり易くなる。


骨量測定機器で調べると、牛乳をたくさん飲む人ほど、骨量が少ないことが証明されている。


牛の体温は約42℃あるので、人間の体温では固まってしまう。


母乳を赤ちゃんの体に注射しても死なないが、牛乳だと死んでしまう。


人間の母乳を子牛に注射すると子牛は死んでしまう。仔牛にとっては完全食品であってもヒトにとっては異種タンパクで、体内では毒になる。


小さい時より牛乳をたくさん飲み続けていると、ぜんそく、鼻づまり、アトピー性皮膚炎、潰瘍性大腸炎などをおこすアレルギー体質になり易くなる。


知恵遅れや言葉の遅れ、意欲の欠如、カルシウム不足による落ち着きが無くなるなどの精神発達面にも害を及ぼすとの説もある。


牛乳の乳脂肪はアテローム硬化を引き起し、心筋梗塞や脳卒中、さらには結腸癌、乳癌、前立腺癌になり易くなる。

昭和33年、学校給食に牛乳が取り入れられ、それから数年後からアレルギー、アトピー、喘息(ぜんそく)が急に増え始め、10年後から糖尿病、白内障、骨粗そう症、貧血、精神的不安定などの病気が非常に増えている。


にがりを含む味噌、醤油を日本人はだれでも食べているため、牛乳の蛋白質が「にがり」で硬化して目の中にたまり、白内障を引き起こす⇒白内障の最大の原因。 


牛乳をヨーグルトにするとカルシウムの吸収が良くなるので、乳製品をたまに嗜好品として食べるくらいならそれほど害はないそうですが、子供の頃から毎日飲んでいると(大人でも多量に飲むと)想像以上の害をもたらすようですね。


カルシウムの量で見ると、牛乳よりも、野菜や海草に多いようです


:ヒジキ(同量で牛乳の14倍)

わかめ(7倍)

海藻や、ゴマ(10倍)、

切り干し大根(5倍)

大根の葉(2.5倍)、

小魚や煮干し(22倍)など、日本の伝統的な食材で十分カバーできます。


ではなぜ牛乳?という疑問に対するショッキングな答えがここにあります。

なぜ、こんなに害のある牛乳が「身体に良い完全食品」と無批判に受け入れられてきたのでしょうか? 

それは、アメリカ人が消費する食品群の第2位を占めるといわれる巨大な牛乳・乳製品業界が、財力にものを言わせて政治的圧力や宣伝攻勢を仕かけてきたからです。

上下両院議員の7人に1人がこの業界を支持基盤にしていると言われ、「ミルクロビー」が存在しているのです。

アメリカ政府は牛乳の害を知りながら、有名人を使った乳製品業界の大キャンペーンに目をつぶり、実際は事実を隠蔽してきたのではないかと言われています。

日本でも同じです。

テレビのCMの3割近くが菓子メーカーや牛乳、乳製品メーカーとも言われています。

それ故にマスコミも牛乳の危険性は取り上げないという暗黙の了解があるのです。

卑近な例ではありますが、アメリカとマスコミ支配の一端を示すものではないでしょうか。

さすがに最近は、アメリカの栄養学者の中にも、牛乳や乳製品をとらないように警告している人がいるようです。

アメリカで多かった、難病の潰瘍性大腸炎、顆粒性大腸炎などが最近、増えているのは牛乳のせいだと考えられるからです。

しかし戦後50年、牛乳神話を信じつづけてきた日本人がどれだけの害を被ったのか、アメリカも日本のマスコミも語ろうとはしません。

事実ならマスコミが騒ぐタバコの害どころではありません。

今後も上記の記述の真偽について、継続的に注目していきたいものです。

「牛乳は身体に良いという"神話"が乳業会社の力もあって、この20年間に造られてしまいました。

乳業会社は保健所のスポンサーです。

ウソも 100回言えば本当になり、日本人皆が洗脳されてしまっています。

名前は申し上げられませんが、後輩の小児科医がテレビや新聞で、牛乳を飲むようにすすめています。

ある会合で個人的に聞いてみると、自分はもちろんのこと、自分の子どもたちにも、孫にも一滴たりと牛乳を飲ませないと言っていました。」

皮膚科医は患者には毎日ステロイドを処方してますが、自分の娘にはステロイドは絶対に使わせないといいます。


薬剤師は抗がん剤は身内には使わせません。


明太子工場のおばさんは自分の会社の明太子は絶対に食べません。


医者は風邪をひいても風邪薬は飲みません。


自分さえ良ければ他人はどうなってもいいという考えが蔓延しています。


日本人のモラルは崩壊しました。

中国を笑えません。 



(引用終わり)