「豚にコンビニ弁当与え奇形・死産続出」
豚の臓器は限りなく人間に近いと言えます。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3130.JPG
滅多に食べないのが、先日食べた処とある人から
指摘されて調べると、保存料とか着色料にも
問題ありますが。

西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう、側」によれば、

福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に
毎日3キロずつ与えたところ、奇形や死産が相次いでいた
ことが分った。

具体的なコンビニ名を報道しないことについて同社は、
「公表するとパニックになる」と説明した。

当該記事は、福岡県で最大部数(約63万部)を発行する
西日本新聞社が、昨年3月19日付朝刊に掲載したシリーズ
『食卓の向こう側』を ブックレット に収めたもの。

同記事によると、2002年ごろ、福岡県内の養豚農家であるコンビニの
弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ、
豚の妊娠期間である114日後のお産で、死産が相次ぎ、
やっと生まれた子豚も、奇形だったり虚弱体質ですぐに死に、
透明なはずの羊水がコーヒー色に
濁っていたという。

与えたコンビニ食は、回収業者が持ち込んだもの。期限切れと
はいえ、腐っているわけではなく、農家の主が「ちょっとつまもうか」
と思うほどの品だった。

当初の目的は月20万円のえさ代を浮かせる事だった。


「コンビニ弁当のご飯は、防腐剤がたんまり入っている」と言う事を、随分以前に聞いたことが有る。防腐剤だから、基本的に生物細胞には宜しくないのでしょうね。



「豚にコンビニ弁当・・・死産続出」に係る意見

これはアジアから来た留学生が死亡していると大阪府内C大学の教授が昨年
公開講座で講じています。

その名は「ローソン」。

また関西にあって国際的に著名な研究所の所長も「ローソン」の食品・弁当は猛毒だと講演しています。

現在ローソンが他のコンビニメーカーよりもが中国市場にて比較的簡単に根を張ることができるのは中国産の野菜を安く買い、それを弁当類に使用しているからです。

以前ニュースでも取り上げられてご存知だとは思いますが中国産の野菜は中国国民でさえも「毒菜」と呼び、あまり買いたがらないのが現実です。

なぜ毒菜と呼ばれるかは、違法農薬の大量使用や土壌汚染の激しい地域での農作物の育成が原因ですから、そのような物を長い期間大量に取り込んでいたら人であれ、豚であれ奇形するのは当然です。

さらに、ちまたで売られている、からあげくんなどは経費を削減するために、卵を産まなくなった鶏以外にも老衰や病気で死亡した鶏の肉まで使用しているのです。

他にも秋から冬場にかけて売られている、おでんなどもやはり中国産が多いのですが、一部のおでんの惣菜などは中国以外の国の名前が付けられあきらかにどう見ても偽装としか思えない部分が多々見受けられます。


このような商品をおいしそうな食べているお客さんを見ると非常に歯がゆい思いがします!


この事実を少しでも多くの人に知ってもらえればと思いメールさせていただきました。


(引用終わり)