もし、あなたがなかなか自分自身の道が開けてこないということで悩んでいるなら、
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0772.JPG

まだ当分というか、

これからもずっと、あきらめないでほしい。

あなたにとっては、ただたんに時が熟していないということだけのことなのかもしれないからだ。

それぞれに時が熟する時期がある。

それはいつなのか、わたしたちは自分でそのときを見定めることはできない。

できるのは唯一、あきらめないことだけなのだ。

時が熟するまでに随分と時間がかかることがある。

一夜で熟する果実もあれば、長く風雪に耐えて、

やっと熟する果実もある。

あなただけの"時"がきっとくる。


(引用終わり)