漢方薬と西洋医学の薬はどう違うの?

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2967.JPG


胃がもたれる、胸やけがする、胃が痛む感じがする…など。胃腸の調子が気になること、ありませんか?そんな「病院に行くほどでもないけれどイマイチ」なときに役立つのが「漢方薬」です。

でも「漢方薬はどうやって飲むの?」「ほかの薬と飲み合わせてもいい?」などと疑問に思うことも多いもの。そこで、漢方薬の豆知識と効果的な飲み方、胃腸のために食事で気をつけたいことについてご紹介します。

■漢方医学って何?西洋医学とは何が違うの?
まず、「漢方医学」は5~6世紀に伝来した中国医学が日本の風土や文化の中で、日本人の体質や生活に合うよう少しずつ進化・発展してきた、日本独自の伝統医学です。「漢方=漢方薬を飲むこと」とイメージしがちですが、決してそれだけではないんですね。
では、漢方医学と現代の西洋医学とは何が違うのでしょうか? 
西洋医学では「病気そのもの」が治療のターゲットなのに対し、漢方医学では「病気を持つ人」を治療対象と考えます。

〇漢方医学=人それぞれの体質や心身の状態などに合わせ、自然治癒力を利用して治す
〇西洋医学=病気の原因となっている器官などに合わせ、ピンポイントで治す 
それから、漢方医学の大きな特徴のひとつに「未病(みびょう)」があります。

例えば、胃もたれ、胸やけ、食欲不振、肩こり、冷え、イライラ、疲れやすい、など。
いずれも「病院に行くほどではない」と考えがちな症状ですよね。
漢方医学ではこうした不調を「病気でなくても、何らかの異常が起こっている状態」、すなわち「未病」ととらえ、治すことができると考えます。

西洋医学、漢方医学ともにそれぞれ得意分野がありますが、「体調が少し気になる」ときの予防策にもなるのが、漢方医学の強みなんです。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2968.JPG

では、「漢方薬」と現代の西洋医学の薬では何が違うのでしょうか。みなさん、「生薬(しょうやく)」という言葉を聞いたことはありませんか。

古くから、自然界のなかに薬効を持つ植物や動物、鉱物があることは知られていました。漢方医学では、こうした薬効のある天然物を調剤のために加工したものを「生薬」と呼んでいます。例えば、体を温めることで知られるショウガは「ショウキョウ」という生薬でもあります。

漢方薬は「さまざまな効用を持つ、複数の生薬を組み合わせること」によって作られています。一般的に漢方薬は西洋医学の薬と比べて副作用が少なく、人それぞれの体質や症状に合わせて生薬を配合することで、より効果的な調整ができます。ですから、同じ症状がある場合でも、人によって違う漢方薬が処方されることも多いのです。

一方、西洋医学で処方される薬は、ある症状や病気に対して強い効果を持ち、原則的に単一成分で作られています。いずれの薬も用法用量を守って服用し、胃痛や腹痛、湿疹やむくみなど何か困った症状が現れた場合は一旦服薬を中止し、医師や薬剤師に相談してください。

(中略)

■漢方の知恵をいつもの生活に。胃腸にやさしい食事とは
漢方薬を飲む以外にも、胃腸のために漢方医学の知恵でできることがあります。「薬食同源(やくしょくどうげん)」という言葉があるように、食事は薬に匹敵するほど大きな影響を与えます。胃腸が疲れているときはもちろん、胃腸を健やかに保つためにも、規則正しい食事を心がけましょう。

●胃腸機能を高める食材
・ショウガ…胃腸の機能を高めて食欲を増進し、体を温める効果が期待できる
・大根…アミラーゼなどの酵素が消化をたすける。大根おろしがおすすめ
ほかにも、松の実や紫蘇(しそ)、山椒(さんしょう)などが胃腸によい食材だといわれています。よく噛んで食べる、「腹7~8分目」を心がける、朝食はできるだけ抜かず、温かいものを口にするといったことも意識しましょう。

〇生活全般を整える「養生」の考え方を取り入れて
それから、食生活とともに大切になるのが、運動や入浴、睡眠といった生活習慣全般を整える「養生(ようじょう)」という考え方です。

朝、目覚めたら朝日を浴びる、夜はぬるめのお風呂にゆっくり浸かり、質のよい睡眠をとる、体を冷やさない、適度に運動する……。当たり前のことに感じられるかもしれませんが、こうした基盤があるからこそ、体の調子が整い、漢方薬を飲んだときにより効果を発揮できるのです。

(引用終わり)


牛乳で体調不良という記事を見ました。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2862.PNG

普通の牛乳であれば問題ないと思いますが、学校の給食は民間に移行しているためにコストダウンが図られています。

安い牛乳のつくり方は、返品の賞味期限が切れたものをもう一度精製して脱脂粉乳と水を加えたもので、通常の物との見分け方は、ヨーグルトが出来るかどうかです。

 安いことは魅力的ですが、安定剤や防腐剤といった添加物が入っているため、売るものであっても飲むものではないことは確かです。

 添加物の話なら駄目だと分っていてもなぜ認可されているかです。

 実はそれ自体は即効性のある毒ではないので、気づくのに10年から20年掛かることです。

 今回精製した牛乳屋さんもたいしたお咎めがないと思いますが、さらに深い事実があります。

 添加物はそれ自体が毒性の低いものですが、ケムトレイルという飛行機雲に似た物を散布した霧状の物が体内に入ると、化学反応して神経に触ったり、アレルギー反応をおこしたりします。

 ケムトレイルの事実を暴露したのは、元市CIAのエージエント、ロシアに亡命したあの記憶に新しい金髪メガネのお兄ちゃんです。

 ケムトレイルについて興味のある方は検索してみてください。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2863.JPG

 あとブログで何回か触れました母子手帳の件ですが、こちらはアメリカの乳清業界が戦後に作った物で、予防接種とかワクチンとかでたらめなことを書いて、日本の子供を生まれた時からハンデを負わすような、医療が儲かるような仕組みを作っています。

 日本は原爆投下から現在に至るまで、動物実験の場に使われているような気がします。

 ボケ老人が急激に増えたのも何か因果があるかも知れません。

 自分が食べる物、日々家族に作ってあげる物の中身をよく調べて、納得のいくものだけを厳選してあげることで奴隷にならなくても済むと思います。

 常識を疑って裏側から見てみると、活路を見出すことが出来ます。


(転載終わり)

「豚にコンビニ弁当与え奇形・死産続出」
豚の臓器は限りなく人間に近いと言えます。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3130.JPG
滅多に食べないのが、先日食べた処とある人から
指摘されて調べると、保存料とか着色料にも
問題ありますが。

西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう、側」によれば、

福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に
毎日3キロずつ与えたところ、奇形や死産が相次いでいた
ことが分った。

具体的なコンビニ名を報道しないことについて同社は、
「公表するとパニックになる」と説明した。

当該記事は、福岡県で最大部数(約63万部)を発行する
西日本新聞社が、昨年3月19日付朝刊に掲載したシリーズ
『食卓の向こう側』を ブックレット に収めたもの。

同記事によると、2002年ごろ、福岡県内の養豚農家であるコンビニの
弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ、
豚の妊娠期間である114日後のお産で、死産が相次ぎ、
やっと生まれた子豚も、奇形だったり虚弱体質ですぐに死に、
透明なはずの羊水がコーヒー色に
濁っていたという。

与えたコンビニ食は、回収業者が持ち込んだもの。期限切れと
はいえ、腐っているわけではなく、農家の主が「ちょっとつまもうか」
と思うほどの品だった。

当初の目的は月20万円のえさ代を浮かせる事だった。


「コンビニ弁当のご飯は、防腐剤がたんまり入っている」と言う事を、随分以前に聞いたことが有る。防腐剤だから、基本的に生物細胞には宜しくないのでしょうね。



「豚にコンビニ弁当・・・死産続出」に係る意見

これはアジアから来た留学生が死亡していると大阪府内C大学の教授が昨年
公開講座で講じています。

その名は「ローソン」。

また関西にあって国際的に著名な研究所の所長も「ローソン」の食品・弁当は猛毒だと講演しています。

現在ローソンが他のコンビニメーカーよりもが中国市場にて比較的簡単に根を張ることができるのは中国産の野菜を安く買い、それを弁当類に使用しているからです。

以前ニュースでも取り上げられてご存知だとは思いますが中国産の野菜は中国国民でさえも「毒菜」と呼び、あまり買いたがらないのが現実です。

なぜ毒菜と呼ばれるかは、違法農薬の大量使用や土壌汚染の激しい地域での農作物の育成が原因ですから、そのような物を長い期間大量に取り込んでいたら人であれ、豚であれ奇形するのは当然です。

さらに、ちまたで売られている、からあげくんなどは経費を削減するために、卵を産まなくなった鶏以外にも老衰や病気で死亡した鶏の肉まで使用しているのです。

他にも秋から冬場にかけて売られている、おでんなどもやはり中国産が多いのですが、一部のおでんの惣菜などは中国以外の国の名前が付けられあきらかにどう見ても偽装としか思えない部分が多々見受けられます。


このような商品をおいしそうな食べているお客さんを見ると非常に歯がゆい思いがします!


この事実を少しでも多くの人に知ってもらえればと思いメールさせていただきました。


(引用終わり)



↑このページのトップへ