写真の中の いつかの笑顔
いつかの風景

小瓶に 詰め
いくつかの 思い出と
いくつもの 涙と流す

手つかずのまま
ずっと捨てられずに
積もっていった   
いくつもの手紙

どこにも 逃げられないなら
いくじなしのままでも飛べる
勇気の羽を ください


時は待っては くれないけど
やぶれたページには たぶん
続きがある

道しるべとなる
星を見失っても

やさしく ひかる キャンドルが
あなたの胸に あるかぎり
道を照らし続けるだろう
kiyomi_aoki__CGsb5GTgWFJ.jpg

ギャルになれ(ゆきぽよ風)|Kei|世界に1つだけの仕事をしよう!|note
「人は自分で自分を導くことができる」 これはコーチングをしていく上で、 僕が心の底から信じていることです。 誰もが自分で自分を導く力があって、 誰もが自分のなりたい自分になっていく。 そう僕はつくづく思うのです。 ただ、自分で自分を導くためには、 1つだけ大事なことがあります。 それは、 自分が自分の、 一番の「味方」でいること。 自分を理解し、肯定し、 可能性をとことん信じてあげられると、 人は自分で自分を導くようになるのです。 でも、つい自己否定をしたり、 嫌な自分を認めずに切り捨てようとした
note.com


逃れられず
悲しみの渦に

呑み込まれた
過去たちに

未練など もうない

いらないのに
握りしめてた地図は
破りすてた

記憶さえ
もうここまで
追いかけては
これない

輪郭がぼやけていく
都会より

熱く波うつ
この鼓動だけを
拠り所に

シナリオは
何度だって
書き直せばいい

だからまた
はじめようゼロから

それでも最後に
どうしても
手離せないもの

それが
なんのために
生きるのかを
残していってくれたから

今は ただ こうして
静かに 喜びの風に
吹かれながら

もう少しだけ
揺らされていたい

♥︎◟⌣̈⃝◞♥︎
FB_IMG_1599865921157.jpg

↑このページのトップへ