プレミアムな公録になぜか当選してしまいました。まだ放送というか公開されてませんが、書き起こしになるのも悔しいので、感想文を

「夜中メイクが気になったから」「向かうところ道なし」のキーワードを入力し応募したメールが当選。Vステ・ライブパッションでの、ご参パイご利益がここで顕れるとは!神戸でキングが「マジでご利益あるから」と力説されてましたね。真剣にご参パイしました。信じる者は救われる

当日、集合場所に行くと、美人スタッフさんが案内してくれました。オードリーリスナーの人でしょうか。とても気になります
さて、イベント前にアンケート記入

美人「ボールペンお持ちですか?」
小生「はい(オタクなので当然)」

このアンケート用紙、‘’イベント中に必ず採用されます‘’という文言が。小生、ビビりまくりました
完全に準備不足の実力不足。公録といっても番組終わってるし~と、今まで文化部の何を聴いてきたのか?というはなしですが…。咄嗟に思いついたことを書きました。箇条書きで

アンケート記入後、入場。お席は適当にどうぞとのことで、最前中央ブロックの上手端に着席。一緒に入った方は下手端に。残り7名、小生の横2席空けて着席完了

~ジングル~
パーソナリティー&アシスタント登場
最前列でまばらに腰掛ける9人オタクという異様な光景に驚く代表。小生に席を詰めたらどうかと促してくださいました

代表「(女性の隣に座ったからといって)事案にはならないと思いますよ?」
小生(動いたら事案なのか…)

公録はアンケートを全部読み、ひたすらふつおたコーナーを繰り広げるという流れ。文化部らしい奔放な話題の広がりを生で堪能できる贅沢過ぎるイベントでした。文化部全盛期(代表談)からなぜアイプチに飛躍するのか。キングレコードオタクだったのをきっかけに同志になった身としては関口台のはなしが聞けてよかったです。

小生は8番目だった気がします。このあたりでは、まだ本当に収録しているとは思っておらず、雑に声を発してしまいました

代表「それは中野ブロードウェイの『げぇっVSむむむ』展の~」
小生「第2弾です」

かなぺ「お渡し会でも~」
小生(激しく首肯)

代表「全部聴いたんですか?」
小生「タイムフリーで」

まあ、お渡し会でもスマートに振る舞えないオタクなので、こんなもんでしょう

代表「魔法防御力が高いですよ、彼は」
小生(たしかに、変な服を着て外出することに対して絶対的な自信を持っています。メンタル豆腐だけど)

いざ書いてみると、興奮して記憶が相当曖昧になっていました。とにかく、お二人のトークを目の前で聴けて嬉しかった!というのが感想ですね

個人的ハイライトは、かなぺトリビアが、ついに正確な情報を発信したシーンです。感動的な結末

イベント本編ではアクシデントがあったので、喪失感と同じぐらい消化不良感があるというのが正直なところ。文化部再召集の号令を伏して待つ所存であります

IMG_x7wfj9.jpg
何気に文化部全盛期(代表談)の証は小生が所有しているのでした。大洗合宿に参加できず落ち込んでいたらチェキが届いた思い出
初記名サイン嬉しいです。次の野望はラジオネームで(強欲)