月別アーカイブ / 2018年09月

【ゲームコーナー】
司会、まさかのY-3社員
代表からY-3社員の紹介
※O塚氏以上に当たりがキツい…
・凡庸な男代表
・わりと全身Y-3で、お高いベルトを愛用
・Y-3さんってホント凡庸の固まりなんですよ。『笑ゥせぇるすまん』で喪黒福造に「ドーン」ってやられてそうな顔。天啓を与えてあげたい
・こんな凡庸な男がウチのチームにいたのか

ー司会者が圧倒的に詰められてからコーナーへ
“おしぼりしぼりゲーム”
Y-3「おしぼりしぼりゲームです」
代表「みんな次から来てくれないですよ!?」
Y-3「西武ドームで水の演出を見ていたら、桶とおしぼりを買うの忘れていたことに気づいて、ライブを抜けてドンキに行きました。池袋の」
代表「LIVE ISLAND よりこんなものをとるなんて…」
小生(冗談にしても?キング社員としてかなりヤバいやつだ!)
代表「これ、私絶対不利じゃないですか?」
Y-3「いやあ~それをやるのがU坂すみれじゃないですか?」
代表(足踏みで威嚇!)
代表「次は頭を狙いますよ!」
小生(ううむ。代表から前振りが台本通りかわかりませぬが、キャラ付け失敗では?w)
ー特に盛り上がりも盛り下がりもせず進行
全力でおしぼりをしぼりながら
代表「初期のイベントを思い出す~」
と、おっしゃっていたのが印象に残りました。古参同志のS藤さんの第一印象が気になります
代表「これ、午後もやろうとしてたんですか?」
Y-3「同じ桶と水で」
代表「………」
Y-3「一度持ち帰ります…」

“借り人競争”
Y-3社員が考えたお題に合ってそうな人物を客席からそれぞれ連れてきて、よりお題の人物像に近い同志を選んだ方が勝ち。代表の得意技である場外乱闘をY-3社員がアレンジした企画かと。Y-3社員の出すお題は代表のエッヂ効いてる部分とお笑いテレビ番組を混ぜたようなネタで、代表から待ったがかかったり、S藤さんがお漏らししたエピソードを披露する等…噛み合ってない印象。代表が無茶振りされる分には、そこから対立構造で試合展開できますが、裏方からきわどい客弄りしちゃうのは悪手かと思いました!
結果、それなりに盛り上がって無事終了
S藤さんが叙々苑のバイトをすぐ辞めた、コンビニ夜勤をサンドイッチ食べ過ぎてクビになった(代表談)どうでもいいエピソードを聞けて満足
代表のボディーガードにキャンドゥのビニール袋を被った男を付けたY-3社員が自信ありげに「危ないヤツは危ないヤツで制します!」と、妙な染まり方をしているのを見て、可愛いげはあるな!と感じました

そして、Y-3社員の鮮烈なデビュー戦の相手を務めた代表に、新たな強敵が…
1526642683964.jpg
次回【きんくりん、襲来】

家庭の事情を乗り越えて行って参りました
気分は完全に『チチキトクスグカエレ』
DSC_1016.JPG
妙に凝ったポスター。本家ハイタッチメモリーへの対抗心を感じます
【前説】
もはや定番化したY-3社員の出番。「出待ち厳禁」と聞き慣れない注意を受けました。出待ちはやめましょう!
ハイタッチの説明で「肘を狙わないように」と余裕のボケをかまし、場慣れしてきた感。真面目な説明も丁寧でよかったです。まさか、こんな彼がイベントで大変なことになるとはっ!

~ノーフューチャーバカンスがフェードアウトして暗転~

【トーク】
蒼井さんTシャツ着用のS藤さん登場。代表呼び込み
代表「Здравствуйте」
同志「Здравствуйте」
代表「今日は時間が早いですから。みんな眠いと思う」
S藤「はい」
ーなぜか自然な流れで
S藤「イヤなことばかりです…」
代表「あはは」
S藤「9:1で…」
代表「そのように社会はつくられていますからね」
ー急にイベント進行へ
S藤「唯ちゃんが着そうな服ですね」
代表「唯ちゃんから追い剥ぎした?楽屋から略奪?ニセO倉唯です。図体のデカくなったO倉唯です!」
代表(なぜか右構えでステップを踏み臨戦体制)
S藤「そういえば同じ場所でイベントを」
代表「唯涼祭!」
S藤「すごく賑やかな感じで~」Twitterの話題に触れていくスタイル
代表「うちは死を待つ人々ばかり」
S藤「リフトも…」
代表「同志がやったら下の人が潰れちゃう~」
小生(まあ、ただの世間話ですが、どこの現場にも厄介はいて、その種類が違うだけですよね↓)
ーノーフューチャークソ暑バカンスin大阪にいたオモシロオタク
S藤「ロング缶飲みながら踊る人」
代表「前と後ろにヤバいやつが集中する!大学の授業と同じですね。真ん中は善良な人が多い。あ、今日の前列(女性多め)は善良な感じですよ!」
ーバニラ
代表「フリー音源なんですよね?(代表名義で)出しましょうよ!」
S藤「(またTwitterの話題w)バニラ公式が反応しまして…マズいと思って…このはなしは終わりです…」
ー唐突に
S藤「最近、O倉唯さんと仲いいんですか?」
代表「よく会う人。会わない人。というのがあります。たとえばH野聡さんとは毎クール会うなあとか」
代表「そういえば、アニサマの日程ってキングが振り分けてるんですか?」
S藤「それは…ちょっと…」
小生(含みがあるのかわからんが最高だぜ!)
ーいのぺと飲みに行ったはなし
代表「(ラジオで約束した後、半信半疑だったが)いのぺからLINEがきて、スケジュールを出してくれたんですよ。(店選びに困って)S藤さんに聞いたお店に。行ったら薄暗くて…」
S藤「気を利かせたんですけど。悪口とか言ってたんですか?」
代表「プロデューサーの悪口は10分ぐらいで終わりました」
代表「お酒の種類が豊富なお店で(いのぺさんに初めてのウォッカ、テキーラなどを振る舞っていたのですが)真向かいで先に潰れてしまいまして…」
ー代表の回想※メロフラ引用と妄想が混合
M瀬「そろそろ帰ろっか?」
代表(酩酊している)
M瀬(肩を担ごうとする)
代表(手をぎゅっと握る)
M瀬(私が男だったらタイヘンだよぉ~)
M瀬「じゃあ私車で帰るから!」
代表(クールに去っていく…)
代表(私もタクシーつかまえよう~)
代表(タクシー走ってないなあ~)
代表(なんか道がないな~)
ー回想終わり
代表「行き止まりだったんですけど、逆に行ったら駅があったんですよ!」
代表「(ゲームの)バグかと思いました!」
小生(メロフラで聞いたはなしと全然違う!!!!!!)
ーハイタッチメモリーの権化
S藤「ここで、ある方からVTRが届いています」
代表「どこの国会議員ですか?」
~O倉唯様のありがたいVTR~
O倉(代表との因縁を語りつつ、台本ガン読み)
代表(うなだれつつVTRを見る)
O倉「(これ以上の“頑張り豆大福”濫用には使用料等がかかるので代案を考えました!との由)“頑張臨時収入”~💰」
代表「さすがですね~私にぴったりな!」
代表「女子は高収入を目指すものですから」
小生(まさかの伏線回収)

ーY-3コーナー、ライブ、ハイタッチ編に続く

だいぶ寝かせましたが、書かないと気持ち悪いので、一応
↑終演直後の感想
その後9月改編諸々いろいろありましたが、今も同じ気持ちです
でも、今日『裏ハイタッチ☠️メモリー(1部)』に行って、考えが一歩前へ進んだような気もします

秒刻み進行であろうアニサマ。その年のアニソンシンガーのバトルロイヤル。正直、試合に負けて勝負に勝った感も得られず。非常に悔しい大会でした
公演全体として、それはもちろん楽しめたのですが。2018年のアニサマで、キングのポプテピが(少なくとも会場では)爪痕残せてなかった気がしてなりません。千載一遇のチャンスを掴み損ねたような(この結果を受けて幕張2日ともチケット抑えました)

ZAQさんOxTさんがトリのアニサマを見たいなあと、みんなが昔から知ってる名曲メドレーで沸くSSAを眺めつつ思いました(唐突)

↑このページのトップへ