代表「Здравствуйте(何かが絡む)」
同志「Здравствуйте」
代表(咳払い)「Здравствуйте!!!!!!」
同志「Здравствуйте!!!!!!」

代表「私はお昼が遅いです」
小生(朝もほとんど食べないのに?)
代表「サラリーマンのお昼は12時ですか?」
同志(頷く)
代表「12時に丸亀に並ぶ気持ちがわからない…。8頃から働いてるとそうなのかな?」
小生(はい)

代表「私の今日のお昼は神田たまご軒のオムライスでした!腹一杯!吐きそう!」
小生(二日酔いでイベントに出てきて、腹一杯昼飯食って吐きそうな我が推し様!なんて頼もしい!)
代表「あとで食べようって思ったでしょう?」
同志(笑)

代表「(S訪さんは)このあと結婚式なんでしょう?その格好で大丈夫なんですか?私は人の結婚式行ったことないんですけど」
小生(そうなんだ!×2)
S訪さん「僕のことはどうでもいいんです!お渡し会やってみて!どうでしたか!」

代表「お渡し会は、思い入れのある儀式です。パパ聞きの頃から、キングレコードといえばお渡し会!いろいろなものをお渡ししてきました…。お渡しは自由度が高くていいですよね。みなさんは、接近戦イベントのなかでは何がいちばん嬉しいんですか?」
小生(ええ~握手会とか行ったことないからわからない~)
代表「じゃあ貰って嬉しいものは?」
(今日の同志は大人しい)
勇者「現金…」
代表「去ね!!!!!!」
小生(なぜ古語w)

前の回で‘’朝の起き方‘’についてはなしたので、とらのあなでは‘‘夜の眠り方’’について話しましょう!とS訪さん。ここまで曲のはなし一切なし!

代表「私は寝つき悪いですよ。寝てても夜明け方に喉が乾いて起きてしまいますし…」
小生(それは…飲み過ぎなのでは…)
代表「寝るときは考え事をしてしまいます」(布団にもぐるポージングで)
小生(ドリフだ!)
代表「居酒屋からの記憶がないことはあります」
小生(出た~)
代表「あれ?私、居酒屋にいたよな?って」
小生(うわ~)
代表「でも靴を脱いで、服を脱いで…」
小生(ええ?)
代表「着替えて…」
小生(ほっ)
代表「意識を失っても裸族の心得は忘れないのだなあと…」
小生(パワーワード…)
代表「昨日は気がついたら家にいました(ニッコリ)」
小生(ひええ…)
代表「新大阪でハイボール2本でしょ?新幹線で濃いめハイボールを空けて…あれはおいしいんですよお。そして東京駅で酒盛り!意識を失う!」
小生(頻度多くないですか?w)
代表「でも偉いもんで、ちゃんとタクシーに乗り領収書を貰っています」
小生(やっぱり代表はしっかり者さん!)
代表「大学生の頃は帰巣本能が弱くて、家の敷地で寝てました」
小生(実家はあくまで親の巣ですからな!)
代表「車の中」
小生(季節によってはマズいやつですな)
代表「となりのマンションの芝」
小生(レボレディオで聞いたことあるのは生け垣だったけど、果たして?)
代表「周りの治安がよくてよかってです♥️」
小生(むしろ治安を乱している!)
代表「大人になるというのは痛みを知ること(格言)」

代表のテキトー格言が炸裂したところでお渡し会本編に