【VTR】
キャベツで散らかったステージを片付ける間、スクリーンに映し出される『ヤバい○○ノーフューチャーダイアリー編』的な映像。正月スペシャルは個人的にあんまりでしたが、今回の作品はスタッフ陣も制作勘を取り戻していたのか、たのしかったです!

【祈りの星空】
中盤戦は初披露バラード曲から。お衣装替えで黒のロングドレスに身を包んだ代表が麗しい。落ち着いたトーンで歌い上げられている印象でした。同志の光る棒が蒼く輝いていたのは、アニソン現場らしくてエモいですね。

【罪と罰-Sweet Inferno-】
イントロから全力でコールしてしまいました!やはり盛り上がりますね。照明の演出が美しかったです。両国の思い出をフラッシュバックさせつつ熱狂しました。

【閻魔大王に訊いてごらん】
いわゆるアップナンバー連打。バンドさんが仕掛けるイントロが毎回たのしいです。やはりここでも暗記してないと打てないコールをかましてガチ勢感を出しておきました。

【リバーサイド・ラヴァーズ(奈落の恋)】
代表の大箱ライブ恒例地獄パート。あの曲ですから、生バンドでどう表現するのかたのしみだったやつです。代表の歌唱法が歌謡曲的に進化していたように感じました。アーティストとして成長する代表をツアーで追えるという期待感が膨らんだ一曲。

がっつり曲を披露し、今度は鮮やかに袖へ下がる代表。ステージではバンド仕様の【テトリアシトリ】が披露されていました。
バンドさんの演奏に耳を傾けつつ、客席内に配置されたスタッフさんの動きが慌ただしくなっているのを確認。小生も場外乱闘に備えねばな…と、そわそわしていると代表が登場!

上手側の出入口から更にお衣装替えをした代表が!妙に健康的かつサイバーなお召し物で!小生は上手側二つ目の島の二列目におりましたので、代表とお渡し会レベルの接近を果たすこととなりました。来るとは思ってたけど、真っ先に来るとは思わず、ちょっと焦りました。

【よっぱらっぴ☆】
今回の場外乱闘ソングはこれでしたか!代表の客席視察×否応なく盛り上がれる曲で一階席のボルテージは最高潮に!

【来たれ!暁の同志】
ぶち上がったオーディエンスにさらに鞭打つ代表。健康的サイバーメルヘンコスチュームで同志とグルーヴします。生産!団結!(ためて)反抑圧!

【長めのMC】
代表「みんなこんなに元気だったっけ?」
代表、予想以上の盛り上がりに饒舌になっていたということでしょうか?
共産主義と社会主義の違いを説き、革ブロの歴史を振り返り、壺を売ってしまったことをいのりんシスターオブゴッドに懺悔…等々。非常にたのしそうにお喋りされてました。

【POP TEAM EPIC】
2018年覇権ソングで本編ラストスパート。この曲の静かに盛り上がる感じ、気に入ってます。歌い踊る代表に魅入る一曲。

【バンド紹介】
代表がバンドメンバーに質問してまわりつつ、最後に代表が質問されるという、バンドっぽいやつ。ここでも代表が「死ぬほどたのしい!」と叫んで、エモーショナルの極み。

【ハートをつければかわいかろう】
この曲とも長い付き合いになってきました。「かわいい」って言っちゃいけないパート、毎回咄嗟に叫んでいるのですが、思いがけないことを口走ったりして、我ながら混乱します。

【げんし、女子は、たいようだった。】
本編ラスト。新参同志の小生ですが、この曲がかかったときの会場の雰囲気がとても好きです。みんながたのしいが溢れていますよね。

【終演時間押切アンコール】
狂気の恒例行事物販配布をひたすらかます代表。延々と客いじり。
とにかく、この日は代表がたのしそうで、隅っこから眺めているだけでも幸せでした!

【ノーフューチャーバカンス】
新規振り付けが付いてパワーアップしたアルバム表題曲。クソ暑バカンスもエモかったですが、ツアーも最高。ボクササイズで鍛えた代表の肉体言語に耳を傾けます。

【アンチテーゼ・エスケイプ】
生バンドで聴きたかった曲。アンコールまで温存されて、ちょっとやきもきしました。ベースの見せ場が好きです。代表のセリフパートは毎回イメージが違うので、それを味わうのもたのしみ。

【革命的ブロードウェイ主義者同盟】
記念日前日。最高の状態でアンセム。やっぱりこの曲だけ眉間に皺が寄る代表。総決起集会のオーディオコメンタリーで言及されていましたが、何か憑依してしまうのでしょうか。キリッとした代表の目元を凝視していました。

【スローガン三唱】
大団円でツアー初日終了!解散!

立ち上がりの不安定感はあったものの、終始代表がハイテンションで、ステージをたのしんでおられる様子だったので、小生もずっと多幸感でトランスしておりました。こんなクセが強い名曲揃いなセトリを組み、無軌道なMCを繰り広げる代表のライブをあと2回も観ることができるなんて、ここ数年それなりに真面目に生きてて良かった!
キンスパトリニティではほとんどのオーディエンスに伝わらなかった代表の「私は皆さんの心の隙間を埋めるために活動しています」というお言葉も、壺を売り切ってしまう会場には水素水のようにスーッと染み込んでいった光景が美しかったです。

大阪はどうなるのかしらん。遠征民の終電までに終演するのか、震えながら光る棒を振ります。