DSC_1024.JPG
KING SUPER LIVE 2018
キンスパ。当然、行って参りました!何しろ小生の初現場はスタチャフェス2002春ですからね!当然でしょう。
DSC_1020.JPG
DSC_1022.JPG
きんくりん。毛深い。革ブロちゃんもグッズ展開してほしい!

さて、では、
ももクロを見に行って以来の東京ドーム(5人体制時代…KISSはデカかった…)最速先行でダッグアウト上1桁列に布陣した小生の目に飛び込んできたのは、四方を巨大な暗幕に覆われた何か!
この中には巨大きんくりんが控えておるのだな!と思っていたら、超豪華でいかつい巨大ライオン2頭でした。

猛獣に乗って現れたのは、一番「キンクリ中間管理職」のお二人。
東京ドームで『全力Summer!』を聴けて嬉しかったです。こんなこともあろうかと!哲学組手で使った光るバナナをツナギに忍ばせておいたのです!

小生「この流れ…。次…。くるぞっ…!」

“スタチャの飛び道具“改め“キンクリの核弾頭”連射じゃ~

ということで、メインステージの頂きから
『POP TEAM EPIC』
代表のダンスに巨大ビジョンがシンクロしていて壮観。数多のフェスを戦い抜いてきた覇権ソングに相応しき演出に、代表への敬意を感じました!

続いて
『ヤバい○○』
ラクーアのクソ暑バカンス。東京ドームで何を歌うか?という話題でこの曲に触れて
S藤さん「東京ドームでクソ会場は…」
と渋る素振りを見て、すっかり騙されました。キンスパのオーディエンスならば『ヤバい○○』を見ているはずですものね!
MAD的な凝った映像演出が話題になりましたね。小生的には「君が好き~」の歌詞がカラオケ風字幕になっていたところが気になりました。リリイベで自然発生した「君が好き~」コールを煽る意図だったのでしょうか。

『ヤバい○○』歌唱後、暗転

代表「う“ぅえっ」

からのMCへ…

うめき声ひとつで東京ドームの雰囲気を自分色に染める代表。百戦錬磨のMC術に震えました。
給水時のハプニング?でも、前の演者に触れつつ笑いを取る試合巧者。東京ドームも渋谷のタワレコの地下室が如く操る代表。

キングレコードについて
代表「戦前、戦中は軍歌を出しまくり。昭和は演歌…。」
キンスパ2015が思い出される、一人だけガチなキングレコードの歴史に触れる代表!
代表「そして最近はM樹奈々さんが曲を出しまくり!」
今やキングレコードの若手最右翼の一角となった代表。ちゃんとキンクリで落とすという美技でした。
代表「正当of正当。キングofキング・レコード会社!」
代表「ポニーなんとか…南米…とかありますけど」
代表は中の人としてどちらも出入りしていますがwわざわざ身を削るシュート仕掛ける代表。そういうところが好きです。
代表「所属したのも何かの縁。精一杯がんばります!」

そして会場を不穏に煽りながら
『Inner Urge』
『ヤバい○○』も予想外でしたが、『地獄でホットケーキ』はやるかと予想していたので驚きました!しかし、小生とてガチ勢同志の端くれ。こんなこともあろうかと…ツナギのポケットに忍ばせていた革ブロSOXを手に装着して全力コールかましてやりましたよ。
この選曲。見方によっては損な役回りですが、そこは必殺仕事人。艶やかに爽やかに、東京ドームで狂気の渦を巻き起こす代表!
“キンクリの核弾頭”一二番コンビ鮮やか二連打。東京ドームが一瞬で満塁に(核弾頭TRINITY)
いわゆるフェスで、オタクに「やってやったぜ!」と思わせて下さる推し様の偉大さ!そんな気持ちを各界隈が抱いていたキンスパ2018だったのではないでしょうか!みんな凄かったです。

『もふもふ体操』きたらトイレ行こうという算段は脆く崩れ、あっという間にアンコール。
我々は下坂すみをくんを通して代表の理想とするオタク像を啓蒙されておりますので、本当に休む間なんてなかったんですよ!(アンコール待ちで休憩してるのに始まったら沸くオタクはちょっと下に見てますw割りきれない気持ちを爆発させるのがオタク活動じゃないんですかね?馬鹿になれ!)

そして待望の
『Twinking stars』
やっと聴けたー!キングアミューズメントクリエティブ本部長い、愛してまぁ~すL
歌唱後、代表は箱に乗って下がられたのでしょうか?次の曲がΖガンダムだったので、最終回のカミーユみたいになってたらおもしろいなあ~と、妄想しておりました。
代表「暑苦しいなあ、ここ。出られないのかな?おーい!出してくださいよ。ねえ!」
的な。

最後はキンスパ恒例オールラインナップMC。これを聴くとキンスパだな!と愛しい気持ちになります。

ポプテピピックなコラボをできなかったという悔しさが「TRINITYに混ざるしかない!」という結論に至ったA井翔太さん。最高でした!代表の返しも良かった!さらにH江由衣さんもTRINITYに触れて下さるという!我が軍キングレコード、最高!

代表のご挨拶
「学生時代、ソ連を勉強しているだけの暗い人間で」
手のひらを見ながら語るというお馴染みの癖が愛しかったです。
「コンビニの店員さんとも目を合わせられない。まあ、それは今でもそうなんですけどw」
「立派なレコード会社に所属して…」
誰よりも真剣に、きんくりんと向き合うお姿も、その感謝の顕れなのですよね。わかります。
「なんですか?ここは野球場なんですよね?男道ですよ。すごいです。」
男道とは?まさか清原の本?ちょっとわかりませんね。
「野球に疎い私でも野球場に入れるんだな~ということがわかりました!」
いや、わかりません!
「ホームラン!20点入りました!」
姉さん!なんかまた変なこと言ってますよ!

最後も代表語録更新で、なんてパーフェクトなイベントなのだろう!と感激しました。このような雰囲気をつくれるキングアミューズメントクリエティブ本部長い、推し甲斐のあるレーベルです。小生も『音楽少女』に向き合う決心がつきました。

まだまだ海外公演を控えているキンスパ2018。小生は日程の都合上不参加ですが、成功を祈っておりまする。