【きんくりん、襲来】
S藤「スペシャルゲストがいらっしゃいます!」
代表「唯ちゃん!!!!!!!!!!!!!!」
S藤「いや、(袖から)ちょっと見えてるじゃないですか…」
代表「唯ちゃん??????????????」

~きんくりん登場~

代表「キングのアーティストさんは皆さん素晴らしいですけど、こいつだけはよくわからないんですよね」
代表「(onちゃんよろしく)縮めてバスに入れますよ?」

代表「(きんくりんの)ラインスタンプの売上が…」
S藤「マジで怒られます…」
代表「○○○ちょっとしかはけてない」
S藤「秘密保持契約…」

~代表のきんくりんに対する悪魔的可愛がりっ………!圧倒的ボクササイズっ………!~

筆舌に尽くし難い鉄拳制裁でした。きんくりんのいちばん柔らかいところに、何度も…何度も…ぶち込まれる代表の拳…膝…(う、羨ましい…)
代表の振る舞われるプロレス的行為。小生はすんなり受け入れてしまっていますが、これは『スーパースター鬱伝』から天啓を受け、ボクササイズを始められてからの傾向なのでょうか?

~質問コーナー~
代表「私の好きなアニメは『装甲騎兵ボトムズ』です」「(きんくりんが)スタチャでいちばん好きなアニメは何ですか?」
きんくりん「(スタチャ在りし頃)ボクはまだ生まれてなかった!」
代表「あなたはゴリ推しもいいとこですが~(きんくりんへ見舞われる批判…圧倒的批判…)」
きんくりん「敗北を知りたい」

【ライブ】
地獄でホットケーキ
チチキトクスグカエレ
ノーフューチャーバカンス

と、クソ暑バカンスから変化を入れてきました!
キンスパセトリ選考から漏れてしまった(S藤さん談)『チチキトクスグカエレ』の初披露が激アツでした!
『チチキトクスグカエレ』からどうしても受け取ってしまう「戸川純感」について、豪stream(違)と文化部第129夜で触れられていましたね。その内容を要約し小生に都合の良いように理解したところ
・やろうと思ってやった訳ではない
・あのエレガントな奇声は真似できない
・とても尊敬している
・この曲でしかビブラートできない
・そう受け取ってもらえたのならば嬉しい
と、相成りました。ライブでどう見せるか不安だった曲ですが、キャベツ抜きでも、お釣りがくるパフォーマンスでした!

【裏ハイタッチメモリー】
O倉唯さんからのビデオメッセージが永遠再生されるなか、代表の400人組手へっ……!
小生の初ハイタッチ会は、メンタル病んだ状態で参加したため、なんとも間抜けな結果に終わりましたが、「下坂すみを心の叫び」で成仏させてもらったし(←時空歪み過ぎ!)よき思い出となりました!
なぜか、文化部を最後まで楽しもう!という結論に至った小生の裏ハイタッチメモリーでござった
DSC_1014.JPG
革命的くまめ!!!!!!!激カワ!!!!!!!通勤バッグにしてます!!!!!!!!!!!!!