【VTR】
キャベツで散らかったステージを片付ける間、スクリーンに映し出される『ヤバい○○ノーフューチャーダイアリー編』的な映像。正月スペシャルは個人的にあんまりでしたが、今回の作品はスタッフ陣も制作勘を取り戻していたのか、たのしかったです!

【祈りの星空】
中盤戦は初披露バラード曲から。お衣装替えで黒のロングドレスに身を包んだ代表が麗しい。落ち着いたトーンで歌い上げられている印象でした。同志の光る棒が蒼く輝いていたのは、アニソン現場らしくてエモいですね。

【罪と罰-Sweet Inferno-】
イントロから全力でコールしてしまいました!やはり盛り上がりますね。照明の演出が美しかったです。両国の思い出をフラッシュバックさせつつ熱狂しました。

【閻魔大王に訊いてごらん】
いわゆるアップナンバー連打。バンドさんが仕掛けるイントロが毎回たのしいです。やはりここでも暗記してないと打てないコールをかましてガチ勢感を出しておきました。

【リバーサイド・ラヴァーズ(奈落の恋)】
代表の大箱ライブ恒例地獄パート。あの曲ですから、生バンドでどう表現するのかたのしみだったやつです。代表の歌唱法が歌謡曲的に進化していたように感じました。アーティストとして成長する代表をツアーで追えるという期待感が膨らんだ一曲。

がっつり曲を披露し、今度は鮮やかに袖へ下がる代表。ステージではバンド仕様の【テトリアシトリ】が披露されていました。
バンドさんの演奏に耳を傾けつつ、客席内に配置されたスタッフさんの動きが慌ただしくなっているのを確認。小生も場外乱闘に備えねばな…と、そわそわしていると代表が登場!

上手側の出入口から更にお衣装替えをした代表が!妙に健康的かつサイバーなお召し物で!小生は上手側二つ目の島の二列目におりましたので、代表とお渡し会レベルの接近を果たすこととなりました。来るとは思ってたけど、真っ先に来るとは思わず、ちょっと焦りました。

【よっぱらっぴ☆】
今回の場外乱闘ソングはこれでしたか!代表の客席視察×否応なく盛り上がれる曲で一階席のボルテージは最高潮に!

【来たれ!暁の同志】
ぶち上がったオーディエンスにさらに鞭打つ代表。健康的サイバーメルヘンコスチュームで同志とグルーヴします。生産!団結!(ためて)反抑圧!

【長めのMC】
代表「みんなこんなに元気だったっけ?」
代表、予想以上の盛り上がりに饒舌になっていたということでしょうか?
共産主義と社会主義の違いを説き、革ブロの歴史を振り返り、壺を売ってしまったことをいのりんシスターオブゴッドに懺悔…等々。非常にたのしそうにお喋りされてました。

【POP TEAM EPIC】
2018年覇権ソングで本編ラストスパート。この曲の静かに盛り上がる感じ、気に入ってます。歌い踊る代表に魅入る一曲。

【バンド紹介】
代表がバンドメンバーに質問してまわりつつ、最後に代表が質問されるという、バンドっぽいやつ。ここでも代表が「死ぬほどたのしい!」と叫んで、エモーショナルの極み。

【ハートをつければかわいかろう】
この曲とも長い付き合いになってきました。「かわいい」って言っちゃいけないパート、毎回咄嗟に叫んでいるのですが、思いがけないことを口走ったりして、我ながら混乱します。

【げんし、女子は、たいようだった。】
本編ラスト。新参同志の小生ですが、この曲がかかったときの会場の雰囲気がとても好きです。みんながたのしいが溢れていますよね。

【終演時間押切アンコール】
狂気の恒例行事物販配布をひたすらかます代表。延々と客いじり。
とにかく、この日は代表がたのしそうで、隅っこから眺めているだけでも幸せでした!

【ノーフューチャーバカンス】
新規振り付けが付いてパワーアップしたアルバム表題曲。クソ暑バカンスもエモかったですが、ツアーも最高。ボクササイズで鍛えた代表の肉体言語に耳を傾けます。

【アンチテーゼ・エスケイプ】
生バンドで聴きたかった曲。アンコールまで温存されて、ちょっとやきもきしました。ベースの見せ場が好きです。代表のセリフパートは毎回イメージが違うので、それを味わうのもたのしみ。

【革命的ブロードウェイ主義者同盟】
記念日前日。最高の状態でアンセム。やっぱりこの曲だけ眉間に皺が寄る代表。総決起集会のオーディオコメンタリーで言及されていましたが、何か憑依してしまうのでしょうか。キリッとした代表の目元を凝視していました。

【スローガン三唱】
大団円でツアー初日終了!解散!

立ち上がりの不安定感はあったものの、終始代表がハイテンションで、ステージをたのしんでおられる様子だったので、小生もずっと多幸感でトランスしておりました。こんなクセが強い名曲揃いなセトリを組み、無軌道なMCを繰り広げる代表のライブをあと2回も観ることができるなんて、ここ数年それなりに真面目に生きてて良かった!
キンスパトリニティではほとんどのオーディエンスに伝わらなかった代表の「私は皆さんの心の隙間を埋めるために活動しています」というお言葉も、壺を売り切ってしまう会場には水素水のようにスーッと染み込んでいった光景が美しかったです。

大阪はどうなるのかしらん。遠征民の終電までに終演するのか、震えながら光る棒を振ります。

20190210_173107.jpg
久々の代表のがっつりライブ。美味しんぼに夢中で準備不足なまま入場。小生が客席に繰り出した瞬間、『Dang Dand 気になる』イントロが流れ始め、これが壺のご利益か!と、ツアー初日の大勝利を確信するに至りました。
今ツアー、小生的にはいちばんの良席。上手、前から2ブロック目、一桁列で開演を待ちました。

以下、ネタバレ有り

【開幕VTR】
シュールな実写映像。頭の中が空っぽになりました。無駄に毒気が多くて通常運転だなあと眺めておりました。ればかろにて「下着泥棒が盗んだモノを体育館に並べるやつをやってみたい」という代表の思いつき発言が実現していましたね。この辺りのフットワークの軽さと謎の実現力は本当に頼もしいチームです。
業務上横領の罪に問われている‘’自称宣伝部長きんくりん容疑者‘’というやりたい放題なギャグ!このような悪趣味な遊びが許されるキングレコード現場、悪くないと思います(いいぞもっとやれとは言いませんが)
ひたすら毛深い代表が大写しになり、小生のオタクスイッチが入りました。
会場ごとに仕込んであるであろう天気予報を経て、本編へ

【予感03】
尺の都合、オタクの反応が読めない等の懸念があるのかもしれませんが、小生としては予感シリーズは長めに聴いていたいです!

【踊れ!きゅーきょく哲学】
生バンドとバッテリーを組んだ代表は立ち上がり不安定というイメージですが、小生も探り探りでノっておりました。音響に耳を合わせつつ。
しかし、楽しそうに、きっちり!踊る代表を見つめていると、完全に仕上がりました。究極のライブづくりの準備万端\ウーハー/

【地獄でホットケーキ】
全同志大絶賛の新規振り付けがたのしい仕上がりで至高。後ろの席で連番しているコンレボ鬼野笑美さんの中の人が所属しているミュージックレインのユニットの古参自慢トークをしつつ「最近の曲わかんねww」と嘯いていたオタクを尻目に高難度なコールを完璧にキメたので勝ちです。

【MC】
代表「アラサーなのにゆとり世代」
と、よくわからない自虐ジャブ。

代表「ライブができて、実は嬉しいです!」
珍しく!ストレートな感情表現をする代表。開幕からハイライトです。このご発言を聞いて、小生も本当に嬉しかったです。

代表「神奈川県民なのに神奈川県民ホールは初めてで…」
小生(んんん???)
代表「え?」
小生(そう!)
代表「コンレボ???」
小生(コンレボですよコンレボ)
代表「大ホールでしたっけ?」
小生(あ、それは…)
代表「景色が違うような…」
小生(上の方、埋まってなかったから…)

代表「(二階席がオタクでびっしりなので)関係者がいないってこと!!!!!」
代表「記録に残らないぞお」
と、まあいつものヤバめな発言を繰り出し、お口チャック(動作つき)する流れがあり、その応用編で、いいことを言ったのにお口チャックするパターンがおもしろかったです。臨機応変なMC能力に感服。

代表「(同じ大きなライブでも)アニサマはアウェーですから」
小生(去年は特に!許すまじ!←そういう意味ではない)
代表「FNSはもっとアウェー」
小生(あの借りてきた猫状態は衝撃映像でした。全国のお茶の間に極限状態の代表が!)

【Hello My Kitty】
新曲のなかで最もバンドっぽいやつ。初披露でしたが、歌唱も演奏もスーっと染み込むように聴けました。ボクササイズで鍛えた代表の猫パンチ、最後の猫っぽいキメポーズが非常に辛抱たまらん破壊力でした。

【平成生まれ】
初披露曲連打。CD音源では力強く歌い上げる印象でしたが、ライブでは高音を出す曲なのだな!という印象になりました。曲調に合わせて凛々しく、歌唱に集中されている代表が素敵でした。

【どうして!ルイ先生】
2曲続けて聞き惚れたところで、暗記してないとコールできなき曲がきました。壺所有オタクとして負けられない戦いがそこにある!
妙に長いコールをしつつも、代表の歌声が伸びやかになっているのを感じました。台詞パートの処理も絶妙だったかと。

【MC】
代表「あのですねえ~」
台本MCみたいにきっちりMCに以降できないというはなし。ソロアーティストならそんなもんなのでは?と思いますが、どうなんでしょう。

代表「かながわけーん!」←ツアー定番ご当地煽り
同志「お、おう…」
代表「ほら、みんなも慣れてない」
小生(クリスマスで味を占めたな!)

代表「私は個人事業主ですから。みんなの領収書ほしいなあ~」
この発言の脈略は忘れましたが、客席いじりする代表と一緒に笑う幸せという現実は確かに存在したので問題ないですね。

代表「学生少ない!」
代表「うんうん。これこれ~」
会場のおじさん率を証明して満足する代表。あんたも好きねえ~。

代表「なんて悲しい使い方…」
おじさん達の会社への憎悪を解放しつつ、改元10連休の話題。もちろん10連休できるのは限られた職種だけ。連休できないおじさんが光る棒で描いた「X」に、代表がぽつり。

代表「曲振り下手だあ~」
おじさんはお酒飲んで頑張っていきましょう~的な慰めをしつつライブパートへ復帰の流れ。会場の全同志が、つまり次はあの曲!なんて完璧なMCなんだ!と思いましたよね。代表のMC能力は進行には発揮されないのかも!

【ヤバい○○】
曲振りでズッコケかまされましたが、ヤバいなら全然問題なかったです。開幕から0番で仁王立ちだった代表も、このでは上下練り歩いてくださりました。「クソ会場♪」で苦笑する代表を間近で拝めました!
代表「楽屋の弁当おいしかったです」

【チチキトクスグカエレ】
前半戦クライマックスはこの曲。気がついたら代表のメインウェポンになっているという。そんなに場数を踏んでいるわけでもないのに(キンスパ東京ドームでやってないし)恐ろしいまでに進化していました。
わかりやすくインパクト大な演出もさることながら、演技しつつ熱唱する代表に目を奪われました。節回しのアレンジが洗練されていて、キャベツなくても通用するのでは?と妙な感想を覚えました。

キャベツで会場が散らかったので、転換VTRがはじまりました。合理的な構成ですね。

(つづく)

2019年2月10日。無事に代表のホールツアー初日を迎えることができました。革ブロとかなぺさんのアニバーサリー前夜祭でもあります。

小生としましては、ればかろにて「賞与を溶かす」と宣言しておりますので、なんとしても壺を購入せねばと意気込んでおりました。

11:00現地到着。動員規模を考えると、それなりに長蛇の列。社会主義名物物販行列。

周囲の同志をコソコソ観察しますと、リア充っぽいカップル(彼氏は付き添い感)若者、白熱した男性声優トークを繰り広げる女子等々、普段のイベントでは(普段とは?)見かけない客層を見かけることができました。

列に並んでいると、壺係のスタッフさん二人組が、列の先頭から購入希望者に抽選券を配布し始めました。
12:00頃。列整理係のスタッフさんが抽選締切のアナウンス。思いの外段取りよくて驚きました。これは並ぶ時間も短そうだし在庫も潤沢に用意していそう!

物販開始から少し経ったところで、小生も抽選券を引きました。116番でした。購入希望を申し出て、その場で会員証を提示し、会員番号をスタッフさんが控え、同志は抽選券を貰うという流れです。

一時間強、美味しんぼ観賞をしていると、スムーズに会場内へ入れました。各物販窓口へスタッフさんが指定する列に並ぶという、これまた段取りよく同志を管理誘導するシステムに感心しました。大阪と大宮チームの奮闘を期待します。

まずは通常物販から。物販ブースとコル玉ブースは別です。物販列からコル玉ブースを窺うと、結構な数の木箱が見えました。この在庫量なら、全員当選したのだな?壺代遣い込まないようにしよう!と、売り子のお姉さんと一緒に電卓を打ちながら物販を購入しました。

物販を済ませ、いざコル玉ブースへ。壺窓口のスタッフさんに抽選券を渡します。会員証の確認もあった気がするけど忘れました。

壺係「おめでとうございます!」
小生(悪い気はしない!)
壺係「¥9,999です」
小生(一万円札を出す)
壺係「1円のお返しです」
小生(10,004円出した人いるのかなあ)
壺係(革ブロ紋が客の正面に向くように回しつつ壺を差し出す)
小生(これはご丁寧に。むむ?箱に代表のサインが入っているではありませんか!)
20190211_005822.jpg
これまたご丁寧にシリアルナンバー入りです。
壺によって管理されるコル玉会員!
今後のコル玉イベント、会員証の代わりに壺で入場できたりしないでしょうか?w

この壺、正式名称は「買っちゃいけないヤツ(壺)」なわけですが、心底買ってよかったと思いました。
20190211_010110.jpg
拙宅の関羽殿も喜んでおられまする~

今回の壺は‘’先行販売‘’ということでしたが、今後も販売拡大し全同志に行き渡ったりしたら面白いですね。

オカルトウォーター、浮世絵、お札、壺…。それっぽいモノを同志へお与えになられている代表。次の商品は何なのか?同志一同はもとより、声優界隈の衆目を集めております。
情報教材は常に大安売りしていますし?いい感じに利益が出る仕組みを見つけてもらって本尊的なフィギュアが欲しいです!

↑このページのトップへ