月別アーカイブ / 2018年05月

何がきっかけか思い出せないのですが、ある時から母との時間を最優先にすることが自然に出来ていました。(・・?)

5年前の母の誕生日の日に、「次に会うのは、お通夜の時」と思うほど母のことを許せないでいた自分が嘘のようです。(⌒-⌒; )

今では、8年前に急逝した父がそう仕向けたのかもしれないと思っています。

父は、私のことを理解してくれていて、必要なこと以外は何も言わない人でした。

2016年11月に、実家に戻ってから毎朝神棚に祝詞を上げ、お仏壇の前で読経していますので、時々何か感じることがあります。

この世を去る時には、お金や家をはじめとする今世で築いた財産を持って行くことも愛する人も連れて行くことも出来ません。

ただ、あの世に持っていけるものは、『体験』と『思い出』だけ。そして、この世に『未練』を残していってはいけないと思っています。

つまり、あの世に行く最期の時には、「この世に生まれて来たことに『感謝』しながら、穏やかで幸せな気持ちで過ごせたら最高だと考えています。
╰(*´︶`*)╯♡

母にも心穏やかな日々を過ごして欲しいと思うようになったので、母が元気なうちに夫と3人で旅行に出かけるようにしています。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1419.HEIC





3年前(2015年)の3月の母の誕生日に食事をした時に、これが最後で次に母に会うのは「お通夜の時」と心を鬼にしたのですが、夫がとても親孝行な人で、私に代わって実の息子や嫁よりも母を大事にして、よく面倒を見てくれていました。

私は、自分を取り戻すために大分県竹田市の炭酸泉で有名な『長湯温泉♨️』で療養を続けました。半移住先の貸家をお世話して下さった方を始め大家さんや温泉♨️やお店で出会った地元の方々の優しさに癒されました❣️( ´∀`)

心に余裕を取り戻した私は、2016年6月に母が変性すべり症の腰の手術をした後、リハビリ病院に2カ月入院することになったのをキッカケに、母の介護のため自宅に戻り、2017年7月には『長湯温泉♨️』の貸家を引き上げてきました。

続く
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1449.HEIC

↑このページのトップへ