月別アーカイブ / 2019年10月

家族の身近に本を置きたいのですが、
これ以上、本棚を新しく買うのも圧迫されるしキリがないので、
えほん箱を作りました。
図書館の児童コーナーがヒントです。
カーペットの上の箱に入っていて、
小さい子も取り出しやすい。
プリンタが入ってた頑丈なダンボール箱があったので、余ってた100均のリメイクシートや包装紙を貼りました。
テープで補強もして、こんな感じ!
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8514.JPG
こどもたちも気に入ってます🤗✨✨
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8518.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8520.JPG
ソファとこたつ机の横に絵本箱❤️😊
すぐ手に取れるし、箱を覗き込むのもワクワクするし。本の出しっぱなしも減りそう。
図書館の本は別の箱に入れてます。今度リメイクシートまた買ってこよ。

先日、夫にサラッとですが、
文句が多い。と言われたのです。
そして、ほんまやな。と即、納得した私。

せっかく休日家族でいるのに、なんかイライラ
子どもにも口うるさく言ってしまったり、
何かと相手のせいにしたり。

これはあかんな。自分が変わらなくちゃ。と
思いました。
なりたい自分じゃないなあ。と。
夫をみれば、成る程、この人あんまり文句言わないんです。
園のママとも、私つい、お疲れ様〜。大変だね、ちょっと面倒だね。みたいな発言が多いかも!て気付いたんです。
無意識に!😫

他の行動も、なりたい自分になる努力を怠ってるなと思いました。
ちゃんと鏡みて、心も身体もシャキッとしようと思います。

周りからの評価を心配するのではなく、
自分がどうしたいのか、それは何故か。
相手のことを思いやる言動ができているか。

そして、自分で望んで専業主婦をしていますが、
どこかで経済的自立している人を羨む気持ち、
自由にお洒落をしたりする、意識高い系(この表現は嫌い)の方に壁を感じたり。まさに独身の頃の自分は「意識高い系」だったように思うけど。
。。
今はつい僻むような発想になることに気付き、
怖っ。。。
心は貧しくしてはいけないなあと思いました。
自分に自信もって大事にして、そんな振舞いができる女性を目指します。

まさに毎日文房具を使う子どもたちがいるので。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8230.JPG
ストックを整理しました。
新しいえんぴつと消しゴムがちゃんとあることを自覚してもらって、やたらと欲しがらないように。
とりあえず自分の部屋やあちこちに保管せず、
新しいのはこの引き出しと決めてます。
定規とえんぴつのセットとか、参加賞とかでもらったのが結構あったり。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8240.JPG
きっと消えにくいけどかわいい消しゴムは、地元スーパーの無料ガチャガチャでいただきました。
私の頃は消しやすいといえばMONOでしたが、
今は色々あって、先生曰くアーチも低学年でもおススメだそう。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8237.JPG
Amazonで値段もお手頃、かわいい!と
娘&息子用に。
小学生ってえんぴつの消費が早い!
がんばってたくさん書いてるんだね〜。
今日も元気にがんばろう⭐︎

↑このページのトップへ