今までずっと、はなしてこなかった話があります。小出しにはしていたけどちゃんと文書にしたことはありませんでした。

とゆうかね、できなかったんです。

まだきっと、できないけど、でもいまここで伝えたいなぁと思うので記事にします。


看護学校は、とっても辛くて真面目な女の子たちが多くて入学式から少し窮屈でした。

そんなわたしが2年生の時、同じような友達を学年に見つけました。そこからはもうずっと5人でいました。

試験勉強も、一緒にお泊まりして何泊も一緒にいて

金曜日になるとみんなでメイクして都内にお出かけしたり、一緒にバイトしてみたり

朝まであそんで朝方にセンター街でラーメン食べたり

でもまた月曜になると真面目な顔して学校に通って。ありえなくらいたのしい日々でした。

自分と同じ仲間をみつけた時ってほんとに心強いんですね。心強かったです。

こんなに楽しいんだ、学校って!って、その時初めて思いました。5人でいたら無敵な気がするし、無敵でした。実際すごい無敵だったと思う。(よく5人で、呼び出しくらってたけど)

そんな仲良く、たのしく最高な、生活をおくっていたのですが

そのうちの大事なお友達が急に、自ら死を選んでしまいました。

5日前には、5人で制服ディズニーをしていたのです。なのに急に、、

そこから私たちは時が止まり、パジャマのまま学校へ通ったり、試験も受けてもぜんぶゼロ点、無気力でした。

真っ暗闇の家の中でみんなで何時間もぼーっとして、ベッドから起き上がれなくなったりして、みんなで留年しました。

絶望、ってこんな感情なんだって初めて思いました。悲しくて体が動かない、ってあるんだって。

わたしは恋愛や人間関係などでは、普段落ち込まないので余計、自分にもびっくりしました。

その中で、1番わたしが仲よかったお友達が後追いたいと、死にたい、死にたい、とずっと言ってました

気づいたらマンションの屋上にいたり、薬を大量服薬して(100錠くらい飲んだらしい…!)救急車で運んだり、、もうほんとうに

親友が、薬飲みすぎてわけわからなくなってるから何度もわたしのことをみて

『エクステつけたの!かわいい!めっちゃかわいいよ!』って三日間くらい初めてみたかのようにいってくれたから、許してる()

わたしはもうそれを止めるのに必死で、本当に必死で、その子が死んでしまうことを考えたら夜もねれなくて、連絡がつかないと不安で、アルバイトを休んでその子の家まで様子を見にいったりしてたなあ。

『あんたが死んだらわたしはどうしたらいいの?わたしも死ねばいいの?』って泣きながら怒ったこともあったなあ、、

なんかよく喧嘩もしてたし、、

あれが何月だったのか、どんな気温でいつなのか、もう思い出せないくらい精一杯でした

何とか、乗り越えて親友が死なない、と選択肢を決めてくれてから(正確には決めてはないけど少しずつ生きる希望をみつけてくれた)

今度はわたしが一ヶ月半熱が下がらなくなりました。病院で、慢性疲労症候群といわれました。

ままに、『もういいよ、学校はやめよう』といわれるくらい疲労してました。

(で、余談。そのあとは謎に4人で歌舞伎町でクリスマスを過ごし、歌舞伎町で喧嘩してわたしは1人でカラオケで寝て、朝駅で集まったけどまた喧嘩して、結局そこで出会った男の子と友達は結婚したし、まじ人生はたのしいな、いろいろある)

でね、本題なのですが

看護学生だったのに、看護の勉強をしていたのに1番仲よかった友人の死さえ救えなかった、とおもってずっと苦しかったんです。

でも、

自殺する、って相当な勇気なんです。だって、自分として何も残さないのですよ。もう、自分としてなにもできない、世の中から消えるのですよ。

よく死にたい、ってみんな使うけど本当に考えてみてください。死んだ後のことを。並大抵のことじゃ、死ねないと思う。

だからね、わたしはやっとその友達の死を

認めれるようになりました。

ほんとにその子が死を選んで死んだんだから、

自ら選択したんだから

わたしもそれを認めてあげなきゃ、って。

その子はずっと20歳。わたしたちはもう今年で24歳。どんどん年の差がうまれるね、それが悲しい。わたしたちはでも歳は取るし、おとなにならなきゃいけない。それが生きてるってことだから。


 

生と死、についても

わたしはトークショーでおはなししたいとおもってます。

わたしが、いっぱいおはなしきく! 人生、いろんなことがあるけど、いろんなことが感じられるのも、桜が綺麗だと思えるのも、かぜが気持ちいい、ご飯が美味しい、ぜんぶ生きてるからだから!!でもわたしは生きることをことを肯定はしません

でも、日常のなかに たのしみができるように、みんながひとつでもたのしみをみつけれるように、SNSを通じて、でも、バーレスクの舞台をつかって、でもトークショーを使って、でもいろんなやり方で一つでも増やしてあげれたらいいな、と思います。そんな人になれるように、今年は頑張っていきたいです。


かわいい、とかかっこいい、とかエロいとか世の中にありふれてるから、もうちょっと人間的なところを、深めて生きたいと思ってます。

そうしたら、わたしが、看護じゃなく

こっちの道を選んでよかった、とわたしもこころから思えるかもしれない。

重い話をしちゃってごめんね。(わたしも1月に自殺しなくてよかったです、、みんなのおかげです。たくさんご迷惑おかけしました、またその話はします)

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1972.JPG





みんなが恋愛の話、好きそうだから恋愛のはなしでもしてみますかね?

わたし昔すきだった人、一人しかいないんです。
というか片想いだった人が、ひとりしかいないんです

大体わたしが押したり引いたりして
ありとあらゆる手を使ってすきな人は100の確率で彼氏にしてきたのですが

一人だけ、片思いでした
片思いだったからこそ、ずっとむかしすきだった人、ってよくおはなししちゃうんです

数年前のことなのにいまだに
昔、すきだった男の子がいてって未だにバーレスクの女の子に話したりもします。

なんで好きだったか覚えてないし
そもそもいいところなんか、ほぼなくて
あえて言うなら、顔がかっこよくてお金があるくらいで
他はほぼありません()

でもその人が作り上げてきた環境やまわりのひとや
その他すべてがすきで、
喋り方とか、生き方とか、匂いとか、出身地とか、もうなんでも好きでした


だからこそ、その人のまわりにいるであろう女の子たちすら、好きでした

みんながいて、その人だから
わたしもその人の周りの人達、全員好きでいようって思うくらい好きでした

でもわたしも自分が一番だから
当たり前にそんな人と恋愛できるわけもなく

一生片思いでした。

でもそれって素敵だよね、面白いし
この経験ずっと忘れないなあ

ちょっと、狂気ぽくて、自分でも楽しい。

 
あの頃の空気とか、気温とか鮮明に覚えてるし

このわたしが新宿で2時間連絡もないのに
待ってたこともあったなあ.
(まあ待ってる間、他の男の子とゲーセンでマリオカートしてたけどな)

人生で一回くらいは、片思いしてもいいかなって思えて楽しみました

楽しかったな、超楽しかった

辛くても、悲しくても
それすら楽しかった。それすらめちゃくちゃ楽しんでた。
連絡きても、来なくても、楽しかった

今年もそんな素敵な出会いがあったらいいな
男としてじゃなくて、
生き物として好き、って出会いが。

でも、なんかの映画で
私たちすべての大きな、小さな選択が、2人を会わせたっていう台詞があって

本当にそうだな、と思うのです

例えば、
わたしがバーレスクにはいってなかったら、出会わなかった人も山ほどいるし
今日、飲み歩いてなかったら会わなかった人もいるだろうし、
学校も、バイトも、遊びも、全部一つ一つの選択肢が、今までの全ての選択が、いままわりにひとがいるからそれ全部大切にしていきたいよね。


そしてわたしはそんな経験があるから
絶対その男よりビックになるし有名になるしお金も稼ぎたいし、勝手に幸せにもなりたい

そう思わせてくれてありがとう、ふつうにいまもめっちゃ好きだし、
もう会いたくもないし話したくもないけど。

だからみんな片思いしよ、恋愛しよう
めっちゃ楽しい

今年の夏もたのしい夏に、なりますように🍧

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2084.JPG

今日は男の子について話すね。

わたしは、人類的に男の子が超すきです。(男すきって言われても全然いい)
子供もぜったい男の子が欲しい。男の子三人くらい欲しいんですよね。

なんで、男の子がそんなすきかというと
男の子の寛大さがないと私は生きていけないと思うから。
でもそれって彼氏が常に欲しいとか、
すきな人がいない時がないとか、そうゆうわけではないんですよね。
地球に男の子がいてよかった、ってほんとに思うわけです。(頭悪そう)

すきなタイプを聞かれると迷います。
前にツイッターで書いたら、勘違いをされてしまったけれどもずっと昔から、頭の良い人が好きです。
でもそれは、学歴があるとかじゃなく人間的に頭が良い人が好き。きっとわたしが頭が良くない分、いつもそうゆう人に惹かれるのかもしれない。
いろんなことかんがえてて
人生をちゃんと歩んでて、わたしのことが一番にならない(なってても、してくれない)人が好き。

あとは、アホなくらい変態な男の子が好きです。一昔前に、草食系男子が流行ったとき、まったく、わかりませんでした。
どう考えても男の子は、獲物を狙ってて欲しいしそのために生きてて欲しい。
だからみんな、ぐいぐい好きな女の子を狙ってね。ご飯より、睡眠より女の子を選んで欲しい❤︎そんなひとがいい❤︎


昔の恋人たちは、みんななぜか靴紐も結んでくれるようになるし、鞄も持ってくれるようになるんです。
でもそれってわがまましたいわけじゃないんです
男の子がそうしたい、とおもってくれてる気持ちが嬉しいのです。

別に靴紐だって、鞄だって一人でできるし、結んで欲しいわけでも持って欲しいわけでもじゃないんです。
ただその『甘やかされてる』『可愛がられてる』状況がだいすきなんです。


例えば、ケーキ。
ケーキだって自分で買うことなんていつでもできるじゃないですか。
でも自分で買うケーキと、もらったケーキ全然違いますよね。そんな感じです。
気持ちの問題。甘やかされてるとゆう状況がとにかくだいすきなんです。

数年先、結婚しても、子供が生まれても、
わがままは言わないし頑張るし、わたしが子供を一番にして甘やかすから、
旦那さんは、子供よりもわたしを甘やかしてほしいし、リオちゃんがいちばんかわいいよ子供よりも。世の中で一番すきだよっていってくれる旦那さんいませんかね。


こんな感じのわたしの暇ツブシブログ

ああいつかもっと違う文書も綴れるようになりたいです 。
本いっぱい読んで お勉強するよ!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8615.JPG

↑このページのトップへ