コーヒー飲みつつ、カフェでパソコン開いて…って、なんだかちょっとオシャレな感じ。好きな所で好きな時簡に仕事をする「ノマドワーカー」がまさにこのスタイル!私も憧れた時期がありました。

ところがこれって、とても危険な落とし穴があるのをご存知でしょうか?

実は、カフェの公衆Wi-Fi・公衆無線LANって、

セキュリティ的に非常に弱く、第三者に情報を盗まれてしまう恐れがあるのです。

ネットサーフィンをするくらいなら問題はないのですが、機密性の高い情報をメールでやり取りしたり、IDとパスワードを入力してログイン操作をしたりすると、大変危険。

その辺にハッカーがいたら、情報を盗まれて、

アカウントを乗っ取られたり、「情報漏えい」の責任を負うこともあり得ます!


スターバックスの公式サイトにも、以下のように注意書きがあります。
「at_STARBUCKS_Wi2」の無線LANは暗号化しておりませんので、秘匿性の高い情報を送受信する場合には、セキュリティを確保するSSLやインターネットVPNなどを用いて通信内容を保護することをお勧めします。

こわいですね。知らずに使っている人、多いのでは?

また、これを狙ったハッカーが滞在しているかもと思うと…(((( ;゚Д゚))) ぞぞぞぞ



カフェでよく仕事するよ、という人が知り合いにいたら、ぜひ教えてあげてくださいね。

本当に怖いんですから!